モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX、WiMAX2端末レビュー

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

WiMAX、WiMAX2端末レビュー

このページは独自目線でWiMAX、WiMAX2の主要端末をレビューしたページです。

WiMAXのどの端末がいいのか迷っている方ぜひぜひ参考にしてくださいね。

スポンサード リンク

目次

①.WiMAX端末を選ぶ2つのポイント

②.主要端末レビュー一覧

③.まとめ

①.WiMAX端末を選ぶ3つのポイント

WiMAXはキャンペーンが豊富で、同じ端末でもキャッシュバックの金額や、月額料金が大きく違ってきます。
メインはキャンペーンで探し、その次に端末を比べるのがベストかもしれません!

①-①.対応している回線を確認

2013年10月30日からWiMAX2+という新しいサービスが始まっています。注意点は端末によって使える回線が違うということです。
例えばWiMAXはauと提携しており(というよりauが主に出資)使える回線が、

  1. WiMAX
  2. WiMAX2
  3. auLTE

といった回線があります。それぞれに特徴があるのですが、使うエリアと使える回線を確認した上で申し込みましょう。
あと使う回線によって速度制限に違いがあります。

①-②.auスマートバリューmineの適応条件を確認

これは2013年11月中旬から始まったサービスですが、auのスマホを使っている人がWiMAX2+のHWD14を申しこんだ人のauスマホの月額料金が最大で980円割引されるというもの。

auのスマホを使っているは適応になる可能性もあるので、条件の適応を確認しておきましょう。

詳細はこちら→auスマートバリューmine

②.主要端末レビュー一覧

WiMAXの現在主要なのはHWD14ですが、まだまだWiMAXのみに対応した端末も販売されています。
それぞれの特徴を見てみましょう!

②-①.AtermWM3800R

AtermWM3800R

発売時期 2013年2月
サイズ 約89.6(W)×52(D)×12.8(H)mm
重さ 約80g
連続通信時間 約8時間
バッテリー容量 2000mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー

カードサイズでかつ80gとモバイルルーターとしては非常にコンパクトで、さらに製造元はNECアクセステクニカと安心の日本企業。
スマホの電池って以外になくなりますよね?

実はこの端末は内蔵バッテリーからスマートフォンへの充電もできるという非常に便利な機能が付いています。
「外出先でスマホの電池が…」というそんな心配もいらなくなります。

②-②.URoad-Aero

URoad-Aero

発売時期 2013年2月
サイズ 約106(W)×63.8(D)×8.4(H)mm
重さ 約74g
連続通信時間 最大約12時間
同時接続数 10台(11台との情報も)

当サイトレビュー
この機種を手にした感想は…薄いの一言。
スリムボディで一見頼りなさそうに感じるがバッテリーの持ちも十分。ディスプレイがあった方がいいと思うかもしれないが、慣れてしまえば全然問題ない。

さらにルータ本体をカバンなどから取り出すことなく、事前にタイマーを設定しておけば自動で休止から起動/起動から休止への移行ができる便利機能。
まさに「あったらいいなぁ」と思っていた機能を付けてくれた端末といえる。

②-③.HWD14

HWD14

発売時期 2013年11月
サイズ 約100×62×15.5mm(最厚部約15.7mm)
重さ 約140g
連続通信時間 auLTE(約9.1時間),WiMAX 2(約9.0時間),WiMAX(約9.5時間)
バッテリー容量 3,000mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
現在WiMAX2+に対応した端末。操作しやすく、表示の見やすいタッチパネル搭載。起動に時間が掛かるモバイルルーターですが、この端末は約5秒と言われるクイック起動があり本当にありがたい。さらにハイスピードプラスエリアモードにも対応しているので、広いエリアで更にプラチナバンドと呼ばれる高品質な通信で利用が可能。※au LTEを利用した場合は別途オプション料発生

さらにauスマートバリューmineも加入できる端末なのでauスマホを使っている人は月々の通信量を安くすることができるのがポイント

②-④.NAD11

NAD11 レビュー

発売時期 2014年6月20日
サイズ 約65×109×8.2mm
重さ 約81g
連続通信時間 WiMAX 2(約7.0時間),WiMAX(約10.5時間)
バッテリー容量 2,100mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
現在WiMAX2+に対応した端末。なんといっても今まで評判のいいNECのルーターということで大注目。
ポイントは薄くて、軽い。さらにはクイック起動に対応している点は持ち運びの時にかなり役に立つ機能。あとはこの端末もauスマートバリューmineに対応

デメリットはハイスピードプラスエリアモードに対応していないところとバッテリー容量が少ない点。

③.まとめ

6月12日に発表され、20日から発売されるNAD11。今までHWD14だけだったWiMAX2のラインナップが遂に増えましたね!!
この2つの選ぶポイントは、

au LTEを使う可能性があるかないか。

をまず基準に考え、おそらく都市部の決まった場所でしか使わないだろうということならばNAD11で決まり。基本外出先メインというならばHWD14の方が使い勝手がいいでしょう!

で選ぶといいでしょう。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top