モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX(ワイマックス)のエリア判定が△の場合は…

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

WiMAX(ワイマックス)のエリア判定が△の場合は…

WiMAX(ワイマックス)の便利な機能でピンポイントエリア判定というのがあります。

これはあなたのピンポイントの住所から○、△、×で判定してくれるもの。

このエリア判定ですが○だったら気持ちよく使えるのですが△だったらどうしたらいいの?と結構悩む人も多いようです。
たしかにモバイルルーターで一番ショックなのが契約したけど使えなかったというケース…

万が一の時を考えてあなたが損をしない為にも、このページではもしあなたのエリアが△だった時の対処法をご紹介します。

スポンサード リンク

目次

①.エリア判定が△…そんな時は!

②.他のキャリアも選択肢に入れてみる

③.まとめ

①.エリア判定が△…って使えるの?対処法は?

結論から言うと…使えないことを前提にしましょう。

これはあくまで私が使ってきた経験や、知人のケースなどを考えるとかなりリスクがあります。

正直△になると使えるケースと、使えないケースがバラバラ…。リスクを考えると使えないことを頭に入れて行動してもらった方がいいでしょう。

 

ただエリア判定までするぐらいですからそんな簡単に諦めたくないという人も多いはず!ということで、もし△が出てしまったときの対処法を書き出したので参考にしてください。

①-①.対処法その1:貸出機で確かめる

一番やってはいけないのが「一か八かで契約しちゃえ~」というもの。
2年もしくは1年契約のWiMAX(ワイマックス)ですから使えなかったらショックです。あなたが宝くじに当たっていたり、もともとお金持ちならいいかもしれませんが。苦笑

もし最初に△が出た場合は、一番のベストはワイマックスの端末をレンタルすることです。短期間有料で貸出ししてくれる端末や、家電量販店、ワイマックスのHPで無料で端末を貸出ししているのでまずはレンタルしましょう。

①-②.対処法その2:auエリアで使ってみる

今であればこの対処法もおススメといえます。
現在WiMAX2+の端末を契約すると、WiMAX、WiMAX2+、au LTEのエリアをモードによって選ぶことができるのですが、万が一WiMAXが△だったのならau LTEで使ってみるというのも一つの手です。

※注※但し現在はHWD14のみしかこの通信は利用できません。最新端末NAD11については非対応の機能

さらにあなたのスマホがauでWiMAX2の端末を購入すればauスマートバリューmineを使うことでスマホの月額料金を980円引きできる可能性もあります。

但しデメリットは2つ
1つ目は、WiMAX、WiMAX2だけの通常利用よりも料金が1,055円高くなるという事。
ただauLTEエリア(ハイスピードプラスエリアモード)を使った月だけ1,055円加算されるだけなので、利用していてあなたの使う場所でWiMAXのエリアが拡大したり改善されたならばモード切替で使わなければいいだけです。
もしあなたがauスマートバリューmineを適応させれたならば、そんなに気にする必要もないですね。
※追記※2014年1月1日~7月31日の間LTEオプション料1,055円(税込)を無料とする「LTEオプション無料キャンペーン」が始まります!これは朗報!!

2つ目は、速度制限が発生します。WiMAXのメリットは速度制限がなしというものですがau LTEの回線で使った場合は速度制限が加わります。なのでここに関しては注意が必要ですし制限なしに魅力を感じているならこの方法はスルーしてください。
ちなみに速度制限はドコモ、ソフトバンクと同じで月間に7GBの利用で速度を128KBにするというものになります。

WiMAX2のキャンペーン情報→安く購入したい方におすすめWiMAX、WiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】

②.対処法でもだめたったら…他のキャリアも選択肢に入れてみる

「au LTEは嫌だ!」と思う人もいるでしょうし「レンタルしたけどだめだった…」という人もいるでしょう。
そんな時は他のキャリアを選択肢に入れて考えましょう。
※勿論他の会社でも使えないということもありますし、エリアに入っていても電波なので確実に使える場所はないです。

②-①.他の会社を選ぶポイントは、あなたがなぜWiMAXを選んだのか?

「えっ…WiMAXに決めていたから今さら他の会社なんて…」
と思うかもしれません。
でも上記のように仮にレンタルしてもだめだったら、残念ながら他の会社にするしかありません。

勿論エリア要望を出して改善される可能性もありますが、不確かなものですしいつになるかわかりませんよね。

そんな人は諦めて他の会社を選びましょう。

他の会社を選ぶときのポイントは、あなたがそもそもWiMAXにしよう!と思った理由が重要だと思っています。

もしWiMAXの料金だけにメリットを感じているのであれば、同じ3,880円のイーモバイルやソフトバンクがおすすめですし速度制限が低い会社がよければ、イーモバイルLTEの端末(GL06Pなど)がいいと思います。
GL06Pなどのイーモバイル回線限定端末がなくなれば制限はどこも同じになってしまいますが…

ちなみにWiMAXで考えていた人に、私の中で一番おすすめなのはイーモバイルです。
最近ちょっぴり評判が下がってますが、モバイルインターネットの市場を開拓してくれた会社です。WiMAXか?イーモバイルか?と呼ばれるぐらいなので、他の会社で比べるときの第一優先はイーモバイルでいいかと思います。

③.まとめ

  1. 使えなかった時のリスクを考えてレンタルして使ってみる。
  2. auLTEのエリアで使うことを検討する
  3. もし使えなかったら…auLTEや嫌なら、イーモバイルなど他の端末を検討してみる!

ちなみに×だったら一番上の1.を吹っ飛ばして考えてみることをおすすめします。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Return Top