モバイルWi-Fiルーター比較

ドコモ、WiMAX、ワイモバイル、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを速度制限で徹底比較!!

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ドコモ、WiMAX、ワイモバイル、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを速度制限で徹底比較!!

モバイルルーターのデメリットでよく言われているのが速度制限です。

速度制限というのは、定められた期間内で定められた量ののパケット通信をした方を対象に速度を制限するよというもの。

インターネットで速度がでないというのは非常にストレスがたまりますよね?

なので速度制限に関してはしっかりとした知識を持ち、納得した上で購入しましょう。

スポンサード リンク

目次

①.キャリア毎の速度制限で比較

②.速度制限の正しい考え方と選び方

③しばらくモバイルルーターの制限が解除されることはない!?

①.キャリア毎の速度制限で比較

それでは本題に入りましょう、キャリア毎の速度制限を紹介。このページに関しては速度制限の変更や追加があるたびに更新していきます。

ただ端末によって対応する電波が違い、電波によって制限は異なります。あなたが考えている端末がどの電波に対応しているか確認することをおすすめします。

このページの最終更新日:2017年2月2日

①-①.ドコモ

改めて更新します。※2015年11月1日

①-②.ソフトバンク

ソフトバンク速度制限一覧
通信方式 制限の内容① 制限の内容②
203ZT以降の端末 ・当日を含む直近3日間のデータ通信量が約1GB以上の場合速度を制限 ・当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限

改めて更新します。※2015年11月1日

①-③.ワイモバイル

イーモバイル速度制限一覧
端末 制限の内容① 制限の内容②
・GL06P以前 ・24時間毎のデータ量が366MBを超えた場合当日21時~26時まで速度を制限 ・※2014年5月より追加※当月利用のデータ量が10GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限
・GL09P、GL10P、303HW、401HW ・直近3日間の通信量が1GB以上を超えた上で基地局の混雑状況により速度を制限 ・当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限
・305ZT ・直近3日間の通信量が1GB以上を超えた上で基地局の混雑状況により速度を制限 ・アドバンスモードでの利用のみ月間制限免除
・502HW以降 ・直近3日間の通信量が3GB以上を超えた上で基地局の混雑状況により速度を制限 ・アドバンスオプション加入しアドバンスモードでの利用のみ月間制限免除

端末によって加入できるプランが異なり、さらには制限も違ってきます。
申込み時には要注意ですね。理解せぬまま適当に申込むのはおすすめできません。

 

①-④.WiMAX

WiMAX速度制限一覧
通信方式 下り最大速度 制限の内容 制限の内容
WiMAX (ノーリミットモード) 下り最大40Mbps(※注※2015年春より速度が13.3Mbpsにダウン) 速度制限なし
WiMAX2+ (ハイスピードモード) 下り最大440Mbps ・7GB速度制限なしギガ放題プラン月額4,380円
混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があるので注意。これは料金プランに関わらず適用されます。
・7GB速度制限ありプラン月額3,696円
au4GLTE (ハイスピードプラスエリアモード) 下り最大370Mbps ・直近3日間でデータ量が10GB以上超えた場合、 通信速度を終日制限する ・当月利用のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限(WiMAX2使用時も制限あり)

―――――――――――――重要―――――――――――――
WiMAX2+の通常プランを申し込むと月間7GB制限はありで3,696円
ギガ放題月間制限なしプラン4,380円。2015年2月20日より開始、但し3ヶ月間は3,696円で利用可能
速度制限ありプラン、速度制限なしプランは月単位で切り替え可能!ただし翌月適応なので注意!
速度制限に関して月間制限なしプランでもエリア混雑状況により速度を制限されることがあるようです。
前日までの直近3日間でWiMAX 2+、au LTEの通信量の合計が3GB以上となった場合WiMAX 2+、au LTEの通信速度を翌日にかけて制限する場合がとのこと。(WiMAX 2+は2015年3月までは速度制限の非対象)。

――――――――――――――――――――――――――――

固定回線の代わりとして使うのであれば制限が緩いWiMAXは相変わらず根強い人気!

さらに2015年1月15日よりWiMAXの制限内容に関する情報が新たに追加になり、ますます速度制限に関しては他社の一歩二歩も上回っていると思います!
以前から速度制限に関しては緩いWiMAXが新たなプランを発表!なにより嬉しいのが月単位で月間制限アリプラン、月間制限なしプランを選択できることですね!さらに他社のモバイルルーターであれば使ってみないと自分が制限になるか?ならないか?がわからなかったのがWiMAXのこのような設定であれば超安心!

何ヶ月か使ってみて制限にかからない使い方なら制限ありプランでお安く。制限にかかる位使うなら制限なしのギガ放題プランでストレスなく利用することができます!

ちなみにハイスピードエリアモードは使うと料金が高くなる(+1,005円)注意点があるのであまり選ぶ人はいないかもしれませんね。

※追記※現在ハイスピードプラスエリアモードが使えるのはW03、W04。WX03については利用することができません。

※2017年2月2日追記

本日より3日間の制限が3GB→10GBに変更されています!!制限後の速度は1Mbps未満とのことですから注意しましょう!ただ今までの3倍使えるのは嬉しいですね!

 

②.速度制限の正しい考え方と選び方

家電量販店行ってブロードバンドスタッフ(固定回線)の説明を受けると「モバイルルーター制限があって使えないのでやめたほうがいいですよ」みたいな発言をされることがあります。
速度制限と聞くとたしかにいい聞こえ方はしません。

ただ「制限があるから他のにしよう…」という簡単なものでもありません。

実は制限が設けられている理由がしっかりあり、それを知る事が非常に重要になってきます。

 

②-①.ユーザーの為の『速度制限』だった!?

なぜ制限があるかというと、利用者の公平性を保つためです。

例えばX社のモバイルルーターを使っているAさんがいます。そのAさんのモバイルルーターに電波を送っている基地局が存在するのですが、その基地局はAさん以外にも基地局周辺のX社のモバイルルーターを使っている人全員で電波を分け合っていると考えてください。

この基地局から送られる電波量が一定だとした場合、使っている人の人数や通信量が多ければ多いほど通信の品質は落ちます

もし仮に24時間毎日通信している人がたくさんいたとしたら、常にその周辺の人は速度がでにくいという状況にもなるわけです。これだと毎月同じ料金を払っているのにちょっと不公平ですよね?

このような事が起きない為にも、利用者の公平性を保つ為にあるといわれているのが通信制限だと私は考えます。

 

②-②.制限は悪いものではない?じゃあ何を基準で選べばいいの?

では次。何を基準に選べばいいか?になります。それはあなたの想定される使い方によって選び方は変わるでしょう。

例えば、自宅にネット回線があって、外出先でモバイルルーターを使いたいという方なら、特に速度制限を気にする必要はないですよね?

なぜなら自宅に帰れば制限のないネットがあるわけですから。

逆のケースを説明すると、自宅にネットがないのでモバイルルーターで繋ぐって方は制限がないor制限の軽いキャリアを選ぶべきでしょ。う

ただ自宅のネットでモバイルを使うという方でも【動画はみない、ネット検索は週に1回】とかであれば制限を気にする必要はないです。このように自分の使う内容によって選び方をきめましょう。

 

③しばらくモバイルルーターの制限が解除されることはない!?

制限の必要性などを理解して頂けたかと思いますが、正直制限なんてないほうがいいに決まってます。

スマホの普及、ルーターの普及によりどんどん厳しくなっている速度制限ですが今後どうなるか?私が勝手に未来を推測してみました。

※注意※あくまで私の予想です。

③-①.スマホの急速な普及で通信は限界?

スマートフォンの普及によってやりとりできる通信量は格段に増えました。

そのおかげ?か、基地局の負担はかなり大きくなっています。 基地局の負担を軽減するために、携帯各社は制限を設ける必要がでてくるわけです。

先ほども説明しましたが、なぜなら基地局の負荷が増えると、満足いく速度がでなくなったり通信の品質に大きく影響します。

これは携帯キャリアとして あってはならないことですし、ブランドイメージとして避けたいことですね。

このようなことを前提に考えると、スマホが世界的にみてまだまだ普及していない日本は今後も通信量が増える可能性があります

※実は日本のスマホは人口の約30%の普及率と世界的にみても低いのです。お隣韓国は70%以上で世界第2位。

 

もちろん携帯各社も今基地局を増やすことに集中していますが、スマホの増加に追いついていけてない気がします。一時期に比べたらましですが…

このようなことから考えると、今後もまだまだ速度制限は続くと思いますし、キャリアによってはもっと厳しい制限になることも予想できます。

ただあくまでも私の予想なのでなんともいえませんが、そうならないことを願いたいです。

※2017年2月※インフラが整ってきたのか本日2月2日からはWiMAXの制限が3日3GB→10GBになるなど緩和されています。かなり利用者としては嬉しいですね!!今後は制限が緩和される傾向にあると思います。また時代が5Gに変わり行くときはもしかすると制限をかけなければならない時がくるのかも?技術の発展は素晴らしいモノがあるので可能性としては少なそうですが…

 

まとめ

制限=悪

ではない。ただ自分に合った端末、キャリアを選ぶために重要なポイントには変わりないです。 自分の繋ぎたい端末の数や、時間、ネットでやる内容を一度紙やノートに書き出して明確するといいでしょう。すると、自分が制限を気にする必要があるか、ないかが見えてきますよ!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top