モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX、ソフバン、ドコモ、ワイモバのWi-Fiルーターを最高速度で比較!

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

WiMAX、ソフバン、ドコモ、ワイモバのWi-Fiルーターを最高速度で比較!

今回は最高速度でメインの4社を比較していきたいと思います。

 

ただ、速度に関してはそこまで参考にする必要はないと私は思っています。その理由とは…??

 

 

スポンサード リンク

目次

①.最高速度はそんなに気にする必要はない!?

①.キャリア毎の最大速度で比較

③.実測の調べ方とは?

①.最高速度はそんなに気にする必要はない!?

 

各社とも最大速度75Mbps、100Mbps、110Mbpsと現在であれば220Mbps、262Mbps、337Mbpsとか魅力的な数字で広告をしていますね。100Mbpsといえば一昔前に流行ったADSLよりも理論値では速い速度。そして300Mbpsを超えるいまや光回線ぐらいのスピードなわけです。

 

ただはっきり言いますが、そんなにスピードはでません

 

 

”あくまで” 最高速度なのです。

 

その理由を今から紹介しますが、ぜひこの記事を読んで数字に惑わされることないようにしてほしいです。

 

 

①-①.理論値と実測値とは?

 

最高速度(理論値)はあくまで最高速度。でもあなた(消費者)が実際に関係あるのは実測値です。

実測値とはその名の通り実際にでたスピード。
この実測値が遅いとあなたがインターネットを利用するに辺り、遅いなぁと感じるわけです。

 

じゃあ実際に出るスピードってどれくらいなのか?

 

あくまで私の感覚ですが平均的に2~25Mbps5Mbps〜50Mbpsくらいかなと思っています。

実際にWiMAXのWiFiルーターでW02を使ったときはこれぐらい出ていました。

勿論、環境によっては使えないケースもあれば、もっと速いケースもあるでしょう。

ただこの上記の数字が妥当かと。

 

個人的にも消費者を惑わさないためにも、この最高速度表記はやめるべきだと思っています…
でも今後は”実測表記”の方向性になるとも言われているみたいなので期待していますが

→この記事を書いたのが2年半前なのですがまだ実測表記になっていませんね。しかし少なくとも実測を同じ調査方法で公表するようになっては来ているので進歩しているのでしょうが…

ただ消費者としては自分が使いたい場所のピンポイントの実測が知りたいわけなので当サイト的にはうーんって感じですが。

①-①.インターネットをするのに必要なスピード

 

さてそもそもインターネットをするのに必要なスピードってどれくらいか知っていますか?

 

実際に多くの方がネットを使う上でする動画(youtube)で考えると、実測2〜5Mbpsもあれば十分と言われています。「えっ?そんだけでいいの?」と思った方も多いでしょう。笑

 

実際に必要な速度ってそれぐらいなのです。ようするに”最高速度”が220Mbpsが必ずしも必要かといえば必要ないわけです。(もちろん速いほうがいいですが)

 

②.キャリア毎の速度、エリアで比較

 

このページに関しては速度の変更や追加があるたびに更新していきます。
ちなみに下り速度と上り速度の違いは何かと言うと、下りはダウンロードで上りは送信だと思ってください。基本的にはインターネットで情報をダウンロードするので下りが重要です。

ただメールで画像や動画を送信するよって方は上りも重要視するといいでしょう。

 

最終更新日は16年6月18日です。

 

②-①.ドコモ

ドコモ最大速度一覧
端末名/th> 下り最大速度 上り最大速度
HW01H 370Mbps 50Mbps
N-01H 337.5Mbps 50Mbps

モバイルWi-Fiルーターの中ではドコモが先陣をきって速度アップを実現しています。

今でこそ一般的になったLTEですがこれもドコモが他のキャリアに比べて圧倒的早くサービス展開。

すごい会社ですね。でも最近はMVNOで格安スマホの回線がほとんどドコモを採用しておりトラフィックが心配?との声も。

最大手ともいえる会社ですから安心ではありますが実際の速度はどうなんでしょう?

モバイルルーターで最も最速になる予定であるHW01Wは6月下旬発売予定。

②-②.ソフトバンク

ソフトバンク最大一覧
端末名 下り最大速度 上り最大速度
501HW 下り最大187.5Mbps 上り最大37.5Mbps
303ZT 下り最大187.5Mbps 上り最大37.5Mbps

ワイモバイルをグループ会社にしているので同じ端末がありますが最近ではソフトバンクブランドでのモバイルルーターは501HWを最後に発売されていません。

なのでソフトバンクにするならワイモバイルでいいでしょう!!

 

②-③.ワイモバイル

ワイモバイル最大速度一覧
端末名 下り最大速度 上り最大速度
504HW 下り最大261Mbps 上り最大37.5Mbps
502HW 下り最大187.5Mbps 上り最大37.5Mbps

この記事を書いた時はイーモバイルでしたがブランド名がワイモバイルになりソフトバンクグループになってしまいました。
もともとモバイルルーターを最初に展開したワイモバイルですが速度的にはWiMAXに劣っていました。がLTEの登場でWiMAXに差をつけたとおもいきやまた抜かれ、などを繰り返して今に至ります。

ソフトバンクグループなので端末名は違いますがソフトバンクと同じ端末もあります。ただ最近発売した504HWについてはワイモバイル史上最速の261Mbps対応でソフトバンクにはありません。

速度で選ぶなら504HWで決まりでしょう。

ちなみに昨年からほとんどの端末でワイモバイルは3年契約となっているので注意してください。

②-③.WiMAX

 

WiMAX最大速度一覧
端末名 下り最大速度 上り最大速度
W03※7月1日発売予定 下り最大370Mbps 上り最大25Mbps
W02 下り最大220Mbps 上り最大25Mbps
WX02 下り最大220Mbps 上り最大25Mbps

先週WiMAXの新端末が発表されて速度が今までよりもがっつり速くなりモバイルルーター史上最速の370Mbpsに対応するようです。

ドコモの370Mbps端末がありますが一緒の最高速度といえます。発売日はドコモより遅いのですが期待度大の端末といえます。

ただドコモも同様にまだまだ速いエリアは狭いので将来的なエリア拡大を期待する必要があり、恩恵としてはまだまだ得られなさそうですが。

※注意※

W03を最速で使うにはハイスピードプラスエリアモードにする必要があるのでau LTEオプションが月/1,005円かかります。

③.実測の調べ方とは?

実際にでるスピードを事前に調べることはほぼ不可能です。もちろん友人に端末を借りてつなげてみた、短期間レンタルをしたなどを除けばできないといってもいいでしょう。

 

よく最近では雑誌で実測特集をやっていますが、あくまで参考程度にするべきです。建物の場所、時間帯などなど条件によって大きく変わります。

 

 

③-①.スピードテストをしよう!

 

はい、実測ってそもそもどうやって計るの?と疑問に思っている方も多いと思います。
実際の速度を調べるにはその計りたいネットに繋いだ状態でスピードテストを行いましょう。

 

スピードテストは様々なサイトがサービスを提供しています。サイトによって多少実測に変化があるのでいろいろ計ってみるといいかもしれません。

あっ、料金は無料なところがほとんどです。

最後に

速度ってとっても大事ですが今の最高速度を見ているとそこまで必要なのか?という速度になっています。

利用者としては最高速度よりも実際にでる実測が大事なのですが…

ただ当然最高速度が上がれば実測も上がるわけでどうせなら速いほうがいいともいえますね。

当サイトとしてはモバイルWiFiルーターを選ぶ際には料金、エリア、速度、制限など総合的判断で契約することをおすすめします。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top