モバイルWi-Fiルーター比較

Pocket WiFi 304HWを当サイトなりにレビューしてみた【テレビチューナー搭載】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

Pocket WiFi 304HWを当サイトなりにレビューしてみた【テレビチューナー搭載】

ソフトバンクがモバイルWi-Fiルーターの新端末を発表しました!

正直今までソフトバンクはスルーしていましたが、今回はちょっと変わった端末なのでその機能と当サイトなりの意見をまとめてみました。

是非ひとつの参考にしてもらえれば嬉しいです。

スポンサード リンク

目次

①.ソフトバンクからでる新端末304HWの機能をレビュー

①.ソフトバンクからでる新端末304HWの機能をレビュー

発売日は変更になる可能性もあります。ちなみにあくまでも当サイトの考えですのでその辺りをご理解頂いた上でご覧ください。

①-①.発売日と機能は!?

  • ・発売日:7月18日
  • ・サイズ:約 幅101×高さ59.5×厚さ15.9mm
  • ・重量:約 130g
  • ・速度:4G(AXGP)下り最大110Mbps / 上り最大10Mbps
  • ・その他:タッチパネル、テレビチューナー搭載
  • ・メーカー:Huawei

色については、ダークシルバーとレッドの2色だそうです。

正直このスペックからみると今までのイーモバイル(ワイモバイル株式会社)のGL09PとGL10Pと通信については殆ど同じなので、ソフトバンクの203Zと301HWと同じと考えていいでしょう。

ということは通信に関しては今までのラインナップと変わりはない。速度が上がったわけでも、通信方式が違うわけでもないので”ネットに繋ぐ”という部分に関しては期待しなくてもいいでしょう。

なのでイーモバイルユーザーだったりWiMAXユーザーの方で乗り換えはあんまりおすすめしない。(制限がキツいので)

ただ今回のメインとなるのが、テレビチューナー搭載というものは今までにないもの。

これはどうなのか?

①-②.テレビが見れる?でもバッテリーは大丈夫なの?

正直モバイルルーターとしてはかなり親和性の高い機能となっているのは間違いない。

しかし、これにはちょっとした注意点がある。というのは、このモバイルルーターを買えばこれだけでテレビが見れると勘違いしてしまう人も多いだろう。

実際に私がこの端末の発表をニュースでみたときそう思った。

ただしっかりと端末の仕様を見てみると…

・専用アプリケーションをダウンロードすることでWi-Fi接続した子機側でテレビを視聴できます。
・放送波の受信状況によりフルセグとワンセグを自動切り替えいたします。
・テレビチューナー対応機器:iOS(iOS7.0)[iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad mini Retina ディスプレイモデルなど]
・テレビ視聴は同時に1台まで可能となります。
・ネット接続とテレビ視聴は別々の機器でもでも可能です。

とこれだけでは見れないようだ。これには正直残念。

しかし需要はぽつぽつとあるだろう。

が、先月のニュースでもありましたが、今回のサッカーワールドカップでTVチューナを買った人は必要のない機能でしょうけど。

ちなみにテレビチューナーを起動させるとイメージ的にバッテリーがなくなりそうだかそこについては問題はなさそう。

  1. バッテリー容量は2400mAh
  2. 約9時間のWi-Fi(ワイファイ)連続使用が可能。
  3. テレビチューナーとしては、フルセグで約9時間、ワンセグで約11時間

①-③.Wi-Fiセット割適応できたならアツい

正直当サイト的にはちょっとがっかり。(というのも勝手に期待していたからいけないのだが)

だが、おもしろい端末ではあります。なので響く人もそれなりにはいるでしょう。

304HWはTVチューナー機能に響いた人以外にもこんな人におすすめだと思いました。

  • 外出先でタブレットやパソコンを使ってネットにつなげたい人。
  • Wi-Fiセット割にも適応できる端末なのでそれが適応できるなら断然おすすめ!

固定回線の代わりとして利用するなら制限があるので、WiMAXをおすすめします。

ただ外出先での利用がメインならばそこまで気にする必要はないかと。テレビもつなげれるし自宅での利用というよりは外出先での利用で特徴が生かせる端末かと。

 

最後にキャンペーンに関してはソフトバンクのモバイルルーターは、WiMAXとかイーモバイル(ワイモバイル)とかと比べるとキャンペーンは弱い。

なのでどこで購入しても差ほど違いはないでしょう。

よくわからない代理店で買うよりは、公式サイトで買うのがいいかもしれません。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top