モバイルWi-Fiルーター比較

モバイルルーター売れ筋ランキングでWiMAXが1,2位独占!イーモバイル苦戦の理由は?【7月1日発表】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

モバイルルーター売れ筋ランキングでWiMAXが1,2位独占!イーモバイル苦戦の理由は?【7月1日発表】

大注目のNAD11が発売されて約2週間が経過しました。

当サイトでは評判は良いと以前ご紹介していますが、実際のところ本当に売れているのか気になりませんか!?

早速ですが毎週BCNランキングさんが発表している週間売れ筋ランキングが公表されたのでご紹介します。

スポンサード リンク

目次

①.売れ筋ランキング発表!WiMAXが1位、2位独占!!

①.売れ筋ランキング発表!WiMAXが1位、2位独占!!

BCNランキングさんはこちら⇒BCNランキング

BCNランキングさんは家電量販店のPOSデータを基にランキングにしています。なので信ぴょう性は非常に高いものと私は考えています。

さて今回発表されたのは集計期間:2014年6月23日~6月29日のデータです。

  • 1位:Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14(ワイマックス)
  • 2位:Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11(ワイマックス)
  • 3位:Pocket WiFi GL10P(ワイモバイル=イーアクセス)
  • 4位:URoad-Aero(ワイマックス)
  • 5位:Pocket WiFi 203Z(ソフトバンク)

さて見てもらうとわかりますが、上位5位にWiMAXの端末が3つ入っています。さらに新発売となったNAD11はさっそく2位という結果に。
プレリリース後間もなく発売となった商品なのにも関わらず2位に入るのはそれだけ注目、そして魅力に感じている人が多いのでしょう。

ただ残念なのがイーモバイル(ワイモバイル株式会社)ですね。
※7月1日よりウィルコムとイーアクセスが合併して、ワイモバイル株式会社になっています。

ソフトバンクに買収されるまでは上位を常にキープしていたのですが…

①-①.なぜ今これほどまでにWiMAXが支持されるのか?その理由は?

これについては多くの考え方があると思いますが、あくまで私が考える理由をご紹介します。

  1. 通信制限がない
  2. エンドユーザーのイメージが良い
  3. イーモバイルの衰退

まず1つ目はもうすでにみなさん知っていると思うのであえて説明はしません。

2つ目ですが、WiMAXってめちゃくちゃイメージがいいんですよね?

これは各顧客満足度調査でも数字としてでています。
おそらく当サイトと訪れている多くの方もモバイルルーターならWiMAXという認識が強いのではないでしょうか?

私の周辺でもワイマックスは知っているけどイーモバイルは知らないという人もチラホラいます。
これは一時期バンバンCM打っていたことや、青色のガチャピンムックでインパクトが強かったのが要因かと。

さらに現在では1つ目に挙げた通信制限がないのが浸透しているのが強いですよね。

さて3つ目のイーモバイルの衰退については次の項目で私の考えをご紹介。

①-②.EMがBCNランキングで苦戦している理由を考えてみた。

さてイーモバイルがなぜ苦戦しているのか理由を考えてみました。

  1. ソフトバンクの買収によるGL09PとGL10Pの悪評と分散
  2. モバイルルーターよりもスマホに注力
  3. 家電量販店よりもショップ重視

まず1つ目ですが、ソフトバンクに買収されたことでGL09PとGL10Pに関してはメイン回線がソフトバンクとなっています。
これは以前もこちらの記事でご紹介していますがEM(イーモバイル)のGL09P、GL10Pは遅い?その大きな理由は○○○○だ! この事により端末自体の評判が下がっています。もちろんソフトバンクに買収されたことによるシナジーもあるでしょうけどね。

さらにGL09PとGL10Pに関しては両方ともソフトバンクで同じ端末が発売されています。機種名は違いますが、性能とデザインは同じ。

これにより性能は同じ端末なのですが型番が違うので販売台数が分散される可能性があるのです。

 

次に2つ目。これはCMを見ていてもカタログを見ていても携帯キャリアとしてスマホに注力していこうとの姿勢が感じられます。

NEXUS5という魅力的な端末も扱うようになったのでスマホの契約数も格段に伸びていることでしょう。ただ私はもう少しモバイルルーターに力を入れて欲しい。

最後3つ目。意外とこれが原因なんじゃないかなと思っています。

というのは、イーモバイルは調べてもらえばわかりますがかなりショップが増えています。そう一時期全くと言っていいほどなかったショップがかなりの勢いで増えています。

今回のBCNランキングは家電量販店のPOSデータがメインなので、ショップのデータは反映されていないはず。

ちなみにWIMAXは基本的に家電量販店の販売がメイン。

となると条件的にはイーモバイルはショップと量販店に分散されるので、少し不利という仮説も立てれるわけです。

しかし、残念ながら現在のイメージはひどく落ちているのはたしかです。それをどう挽回するのか!?基本はスマホメインなのはわかっていますが…

①-③.イーモバイル(ワイモバイル株式会社)の新端末はそろそろ?

正直7月1日から新会社となったワイモバイル株式会社さんには、モバイルルーターの新端末をだしてほしい。

それもイーモバイルLTE回線だけを使うような端末を。

現実的には可能性は少なそうだが、これだけで全然挽回できると思います。そろそろ新端末の情報がでてきそうな頃なので、これに期待したいです。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top