モバイルWi-Fiルーター比較

パラボラアンテナを作ってみたのでEmobile GL04Pで速度が上がるか試してみた。

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

GWもあとわずかですね。

さてそんな中ですが、以前からやろうやろうと思っていながらもやれていなかった

 

簡易パラボラアンテナを作って速度が本当にアップするのか!?

をイーモバイルで試してみました。

※WiMAXでやっている人は多いけど、イーモバイルはどうなのかと思いやってみました。

 

スポンサード リンク

目次

①.実験環境とパラボラアンテナの作り方

②.実験結果は…

①.実験環境とパラボラアンテナの作り方

まず実験した環境をご紹介。
次に簡易パラボラアンテナですがまず過去に実験をしたことがある人の作り方を参考にさせて頂きました。

①-①.環境はこんな感じ!

  • 端末:GL04P
  • 電波状況:3本
  • 接続電波:イーモバイルLTE

正直今回実験した環境としては問題なく使えるレベル。実際にスピードテストを行ってみると…
※ちなみにスピードテストは会社によって、全然違うので3つのサイトで5回測定してその平均値をとりました。

結果:下り6.36Mbps

・BB excite→http://speedtest.excite.co.jp/
※速度が一番でやすい!?
・bspeedtest→http://www.bspeedtest.jp/
・USEN→http://www.usen.com/speedtest02/
※スピードが出にくい?

スピードテストはやっぱり会社によってばらばら。さらに何回かテストを行って平均。
ちなみに速度的に遅いように思われるかもしれませんが、実際にこれぐらいのスピードが出ていれば、動画も問題なく見れます。

①-②.簡単!!パラボラアンテナの作り方

さて今回家ですぐにできる材料で作ってみました。

用意したもの

  • 鍋のフタ
  • アルミホイル

作り方は死ぬほど簡単。もう想像していただいた通りにアルミ箔を巻いてみました。

作り方はかなり適当なので、効果があるか不安。笑

簡易パラボラアンテナ

 

作ったこの鍋のフタにイーモバイルGL04Pの端末はくっつけてトライしました!!

 

②.実験結果は…

さてワクワクドキドキしながら、スピードテストのボタンをポチッと押してみました…

パラボラアンテナ導入後の結果:下り5.14Mbps

というか、結果は殆ど変わらなかったというか下がったという微妙な感じに…

これはパラボラアンテナがダメなのか?一応作った鍋のフタを窓にくっつけて計りましたが…

 

②-①.やってみる価値はあり!?

おそらく周波数帯が1.7GHzというイーモバイルLTEだとそんなに変化はないかもしれません。
もちろん電波状況が悪い場所や、パラボラアンテナの作り方で現状は変わるかと思います。(というか思いたい)

なので、あまりに電波が悪い人はやってみる価値はあるでしょうが大きな期待はしないほうがいい!?かもしれません。

②-②.次回はリベンジ!!WiMAXでやります

うーん、正直このパラボラアンテナの効果があったかというとわからず残念。
きっと電波状況が悪い場所で使えばまた違ったかもしれませんね。

そしてなにより電波に困っている人の為に、価値ある情報にならず申し訳ないです。

ただ周波数帯が高いWiMAXの方が実用性が高いと思うので、次はWiMAXでトライします。(私のWiMAXは現在家族に貸し出し中の為ない。)

あとはもう少しパラボラアンテナについて研究してみます。

是非楽しみにしていてください。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. そんな雑な作り方をしたら速度は当然落ちます

    パラボラアンテナというのは焦点が存在するので、ただ貼り付けただけでは焦点から外れてしまい、電波を遮断するただの壁になってしまいます。
    速度が落ちた理由はおそらくこれです
    加えてパラボラアンテナ自体が雑な放物面になっているので電波はうまく集まりません

    簡易的に作るのなら調理用のボウルなどを使うと良いでしょう。

  2. イーモバで挑戦してる記事初めてみました。
    色んな意味でおもしろかったですw

Return Top