モバイルWi-Fiルーター比較

雨の日にスマホ、モバイルルーターの繋がりが悪い原因は!?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

雨の日にスマホ、モバイルルーターの繋がりが悪い原因は!?

今日は全国的に天気があまりよくないようですね。一部では沖縄が梅雨入りしたとか…。

さてそんな雨が増えてくるこの時期。
じつは雨が降ると

雨だとモバイルルーターの通信が悪い気がする。」

とつぶやいている人をチラホラみかけます。調べてみると!?雨だと○○○によって電波が影響を受けることがあるようです。

スポンサード リンク

目次

①.雨だとなんかネットが調子悪い…その理由は!?

①.雨だとなんかネットが調子悪い…その理由は!?

まわりくどいのはやめて結論からいいましょう。
実は周波数帯が高い電波を使っていると、少なからず雨などで影響を受けるようです。

ただ私も専門家でもなんでもないので、どれほど影響を受けるのかは明確にはわかりません。

しかし周波数の特性を理解すれば、そんな事があってもおかしくはないようです。

①-①.もう一度理解したい周波数帯の特性

当サイトでは周波数帯についての記事(モバイルルーターを周波数で比較)を書いたことがありますが、今回はあらためて周波数帯の特性について調べてみました。

周波数帯の特性

周波数の高い(波長が短い)電波は、雨や霧などによって弱くなります。このため、遠くまでは届きません。また、こうした電波は、曲がったりせずにまっすぐ進む性質を持っています。さらに、ビルなどにぶつかると、そこで反射するといった性質もあります。これらの特徴は、光と共通しています。つまり、周波数が高くなると、電波の性質は光に似てきます。<引用元:http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070803/279050/

このように周波数が高いと、どうしてもこのような性質になるようですね。
モバイルルーターで周波数帯が高いものといえば、WiMAX、WiMAX2、ソフトバンク4Gとかですね。

ただこれがWiMAXや、ソフトバンク4Gなどのモバイルルーターの中で周波数が高い電波がどこまで影響するものなのかは調べてもわかりませんでした。

ただ雨が降った日のツイッターを見ていると、不安定といっているひとが少なからずいます。もちろん中には

雨の方が、WIMAXの電波が強い

という方もいます。まぁでも不安定と言っている人がおおいですが。

ちなみにWiMAXの周波数帯2.5GHzは電子レンジなどと近いので干渉することもあるようで、周りの影響を受けやすいといっても過言ではないでしょう。

ただ現在のWiMAX2+はau LTEという800MHzでも使えるのでその辺りを、上手に利用するとストレスなく利用できますね。
※利用の際にはオプション料金が発生、制限の発動条件になっています。

 

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top