モバイルWi-Fiルーター比較

モバイル業界の繋がりやすさに関する調査結果は疑ったほうがいいかも!【嘘くさい】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

スマホなどで最近はいろいろな会社が調査結果を独自で公表しています。

最近ではみなさん知っての通り、ソフトバンクさんがCMで”繋がりやすさ”について大々的にアピールしています。

それぞれの調査結果について間違っているとか何一つ文句を言うつもりはありませんが、基本的に疑ったほうがいいかもしれません。

その理由を含めて下記にてご紹介していきます。

 

※注意※

間違っている可能性もあるのであくまでこんな意見があるんだという感じで読んで頂けたらいいかと。

 

スポンサード リンク

目次

①.調査結果のデータ元を調べたら驚愕の事実が…

②.なにもシンジラレナイ。公平性ある調査を求む

①.調査結果のデータ元を調べたら驚愕の事実が…

さてソフトバンクの繋がりやすさですが、これはCMでも言っているように格段とつながりやすくなったと思います。
私自身もソフトバンクのiPhoneを使っていますが、何不自由なく使わせて頂いています。

さてこのつながりやすさですが調査する会社によって結果が違うのが気になったのでちょっと調査している会社を検索してみたところ…ちょっぴり真っ黒だったので紹介させて頂きます。

①-①.ソフトバンクの繋がりやすさ調査の会社との関係

まずこちらのソフトバンクさんの特設サイトをご覧ください。

こちら→http://www.softbank.jp/mobile/special/network/connect/

さてこちらのサイトで紹介している調査結果No.1についてそれぞれの調査内容と調査会社をまとめました。

  • スマホパケット接続率No.1→(株)Agoop
  • 47都道府県主要都市平均速度No.1→MMD研究所
  • 速度計測アプリ約100万件の結果が実証、LTE通信速度No.1→RBB today
  • 道の駅、ゴルフ場などローカルエリアの平均速度No.1→(株)ICT総研

さてこの調査している会社を調べてみたらちょっと残念な結果になりました。
まず(株)Agoopさん。これは完全にソフトバンクとべったりです。というか、全く隠しているような気配がない。

なぜなら取引先一覧には携帯電話関連だとソフトバンクさんの関連会社しかでてこない。イーアクセス、ウィルコムの名はあってもドコモ、auはない。

さらにソフトバンクHPにあるグループ企業という欄をみると…

こちら→http://www.softbank.jp/corp/group/list_02/

つながりやすさ

発見!!完全に身内ということがわかりました。全く隠す気配がなくてむしろ気持ちがいいです。

次にMMD研究所さん。
これは他の方が記事にしていますがこれもソフトバンクとべったり!?とのこと。ただ私が独自に調べた感じでは裏づけできるような情報はないのスルーします。

さて次にRBBTODAYさん。
こちらは(株)イードさんが運営しているのですがこれもソフトバンクさんとべったり!?の可能性が少しでていきました。まず株主にマイナビさんがいますが、とある方の記事でマイナビはソフトバンク推しだとかみたことがあります。

さらに取締役の方でブロードバンドタワーとありますがこの会社はソフトバンクとちょっと関係がありそう。

インターネット総合研究所とアジアグローバルクロッシング(米グローバルクロッシング、マイクロソフト、ソフトバンクの合弁企業)の出資によりグローバルセンター・ジャパンとして設立、現在はインターネット総合研究所の持分法適用関連会社である。

ちなみに調べてみるとヤフーとそれなりの関係もあるみたい。ただこのブロードバンドタワーの方が取締役にいるからというのは結びつきとしは弱い!?かもしれません。

さらにモバイルルーターの調査結果ではWiMAXを推しているような気がするので、それらを含めると公平な調査をしている可能性がでてきます。

ただいろいろな状況から考えるとほんのちょこっと怪しい。

最後の(株)ICT総研は特になにもありませんでした。何か知っている情報通の方いたらコメント欄にお願い致します。

②.なにもシンジラレナイ。公平性ある調査を求む

さてはっきりとした結びつきがわかったのは一番初めのAgoopさんだけですが、多少なりとも怪しい影もあったりしますね。
このような裏をしってしまうと全ての調査結果が嘘くさいと感じてしまいますね。

完全に関わりのない第3社機関が調査したアンケートが一番いいのですが…

まぁ関連会社がどうであれ調査結果が公平性があるものならなんでもいいわけですが。

ソフトバンクと関連していても、ドコモと関連していても、auと関連していてもしっかりと調査した結果なら誰も文句は言わないでしょう。

なので上記で怪しいと思われる会社もしっかりと公平な調査をしていると思いたい。

でももし結びつきによる公平性に欠いた調査であるならば、そんな周りくどいことにお金を使うよりかはインフラ整備にしっかりとお金を使えばいいのにと私は思います。

みなさんはどう感じますか!?

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top