モバイルWi-Fiルーター比較

光回線やADSLがエリア外の人はWiMAXにするべし

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

光回線やADSLがエリア外の人はWiMAXにするべし

ネットが普及してきた昨今ですが、いまだネットを繋げることができないネット難民と呼ばれる人達もいるそうです。

  • ADSLは繋げれるけど、光回線はまだ繋げれない。
  • ADSLもそもそも繋げれない。

そんな人達がもしインターネットを考えている、探しているなら私は声を大にしてWiMAX(モバイルインターネット)をおすすめします。

スポンサード リンク

目次

①.WiMAXはネット難民の救世主?

②.WiMAXも使えない…そんな時は?

①.WiMAXはネット難民の救世主?

まずWiMAXはこの2年くらいでかなりエリアが拡大してきました。
もしかしたらネットが繋がらない地域も、WiMAXがエリアに入っている場所も少なからずあるでしょう。

大前提エリア確認は必要ですが、もし光回線、ADSLが繋げれないならWiMAXがおすすめです。

①-①.光回線ほどスピードはいらない?

WiMAXって最大速度40Mbpsでしょ?光回線より全然遅いじゃない。

そんな風に思う人もいるでしょう。ちなみに最高速度は40Mbps(WiMAX2は110M)ですが実際にでるスピードはさらに遅いです。
もちろん光回線も最高速度に比べて、実際にでるスピードは遅いです。

が基本的にはどちらのスピードが速いかといったら光回線のほうが速いケースが圧倒的に多いでしょう。

但し!理解してほしいのが、インターネットのスピードってそんなにいりません。みなさんがお世話になっているyoutubeを例に例えると、2Mbpsもでていれば観ることができるといわれています。人によってはもう少し遅くても観れるという人も。

ということは、実際に出るスピードが2Mbps~10Mbpsなら普通に検索する上では問題ないといえます。

ただよく勘違いしている人が多いのですが、パソコン自体が重たくて起動が遅いことをネットのスピードが遅いからという人もいますが、それはパソコンの能力の問題です。ここは間違えないようにしましょう。

①-②.制限なしはWiMAXだけ

モバイルルーターの中で何故WiMAXを勧めるか?

それはモバイルインターネットの中で、唯一WiMAXだけが通信制限がないからです。これは非常に重要なポイントになります。
自宅で使うメインのインターネット回線が使いすぎで、速度が遅くなったら困りますよね?

WiMAXはそんな心配がない回線です。
ただ最新のWiMAX2に関しては使い方次第で制限が発生しますが、そもそもADSL、光回線が使えない地域はWiMAX2+がまだエリアに入っていることはないのでスルーして大丈夫です。

 

WiMAXをお得に契約するなら→安く購入したい方におすすめWiMAX、WiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】

②.WiMAXも使えない…そんな時は?

ただWiMAXがエリア外というケースもあります。
そんな時は次にイーモバイル、ドコモ、ソフトバンクのエリアを見てから判断しましょう。

この中で一番エリアに関して可能性が高いのがドコモ。これは私が考えるネット難民の最終手段といえます。
なぜならFOMAエリアは人口カバー率100%と驚異的なエリアの広さだからです。

②-①.自分の携帯電話のキャリアならほぼネットが使える

エリアはドコモが一番広いので、使える可能性は高いのですが、より確実な方法はご自身が使ってる携帯キャリアで選ぶことです。
なぜなら、基本的にあなたが普段使えている携帯電話のモバイルルーターなら、使う電波が同じなのでかなりの確率で使うことができます

もしあなたの周りや、あなた自身が光回線が繋げれないから、ADSLしか繋げれないからということでインターネットを諦めているなら、ぜひモバイルを検討してみてください。

モバイルインターネットならまだインターネットを諦める必要はありませんよ!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top