モバイルWi-Fiルーター比較

家電量販店だとWiMAXの力が強くなっている?未来のモバイルルーターを引っ張るのは○○?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

家電量販店だとWiMAXの力が強くなっている?未来のモバイルルーターを引っ張るのは○○?

【モバイルWi-Fi勝手に批評 第一回目】

さてこのコーナーはただのモバイルルーター好きの私が好き勝手に、モバイルWi-Fiルーターに関して思ったことを書いていくコーナーです。

第一回目の今日は『家電量販店のWi-Fiルーター勢力図がイーモバイル→WiMAXになっている』ということについて。

これは最近家電量販店に行った時に感じたことです。
もちろん地域によっても違いはあると思いますが、この状況から考える現在、そして未来のモバイルルーターに関する状況を勝手に予測します。

スポンサード リンク

目次

①.WiMAXの勢いがまた強くなっている?

②.他キャリアはどうなの?

③.しばらくはWiMAXがマーケットを引っ張る?

①.WiMAXの勢いがまた強くなっている?

先日家電量販店に行った時に感じたことですが、パソコンが置いてあるコーナーがありますよね?そのコーナーに置かれているチラシ、POPのほとんどがWiMAXでした。
これは最近感じていたことなのですが、よく行く家電量販店も一昔前はイーモバイルの方が多かったのですが、今はWiMAXの方が多くなっています。

もしかしたら家電量販店の中で優先度が変わってきているのでは?と疑問に持つと同時に他のキャリアやられっぱなしだけど大丈夫?と勝手に心配してしまいました。(余計なお世話)

このような状況から現状のモバイルルーター勢力図を考えると同時に今後のモバイルルーターに関していろいろ考えてみました。

①-①.サービス開始後2年過ぎたくらいから快進撃が半端ない

元々ガチャピン、ムックを使ってのCMや、速度制限ナシをかなり謳って展開したWiMAXですがサービス開始後2年たったぐらいからの加入者数の伸びなどが半端ないです。
実際に画像を見てみましょう。

WiMAX加入者数

どうですか?この爆発的な伸び。
CMだったり、サービス開始後知名度が上昇したことが大きな要因でしょう。
でも実は2013年8月には急激な落ち込みも見せています。

  • 2013年7月加入者純増数→3万8千
  • 2013年8月加入者純増数→4,000

これはWiMAX2+に関する期待値の表れとも言われていましたが、この時期は各社のLTEという文字にすこし苦戦していたことでしょう。
ちなみに最近の加入者数ですがTCAがWiMAXに関して発表しなくなったので不明です。

ただこの実際の現場を見る限りでは、WiMAXが息を吹き返してきているのでは?と私は感じます。

②.他キャリアはどうなの?

実はWiMAXだけでなく、ほかのキャリアの実情を考える事が”現在”そして”この1年間”のモバイルルーター市場を推測することができます。

まずWiMAX以外の3社(ドコモ、ソフトバンク、イーモバイル)の現状を考えると速度制限がやはりネック。
そもそも速度を制限する理由としては、基地局がスマホの急激な拡大により追いついていないから?と私は考えています。携帯電話だけが主流だった頃はこんな制限なんてなかったわけです。

さらにWiMAX以外の3社はスマホも展開しています。というより主流が携帯なのでモバイルルーターというよりはスマホなのでしょう。母数が圧倒的に多く、安く端末を調達するために端末を販売することで死に物狂いなわけですから。

このような事から考えると今の段階でモバイルルーターに力を入れるということはあまり考えにくい。

じゃあ今までモバイルルーターを引っ張ってきたイーモバイルはどうか?

②-①.イーモバイルは?携帯に力を入れる?

矢沢総理が就任してからというものの、モバイルルーターのCMを見た記憶がありません。
昔はモバイルルーターのCMも展開していたし、HPを見てもルーターが主力商品だったはずです。

ただ現在のEMはというと…完全にスマホ推しです。
理由は私みたいなものにはさっぱりわかりませんが、いろいろ考えがあっての事でしょう。(スマホの方が儲かるとか)

このように考えると必然的にWiMAXが勢いを増していると感じるのも別におかしくないわけです。

③.しばらくはWiMAXがマーケットを引っ張る?

私は今後1年ぐらいは他のキャリアがモバイルルーターに力を入れてくるように思えないので、しばらくはWiMAXがマーケットを引っ張ると予想しています。

もしかしたら他のキャリアは今後テザリングの条件を緩和することで、モバイルルーター→テザリングに移行していくかもしれませが、まだしばらくは考えにくい。

他にはあくまで個人的な推測ですが、2014年は格安のモバイルSIMや条件付きモバイルルーターが台等してくる可能性もありますね。

 

ただ個人的にはイーモバイルにも、ドコモにも頑張ってもらってモバイルルーターの市場を活性化させてほしいですが…

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top