モバイルWi-Fiルーター比較

601ZT?506HW?迷ったら〇〇〇がおすすめ!

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

このページでは2017年8月に発売された601ZTと2016年4月に発売された506HWについての比較と迷ったときに当サイトであればどちらがいいかご紹介していきます。

スポンサード リンク



601ZT?506HW?どちらがいいの??

まずこの2つの端末ですがプランとスペックが似ているので比較検討される方が多いと思います。
ただ最初にお伝えしたいのが”506HWはもうすぐ取扱いがなくなる”ということです。

メーカーこそ違いますが401HW→506HW→601ZTという利用量が少ない方向けの格安ルーターに分類されるので今後は最新端末である601HWがメインになることは間違いないでしょう。

ちょうど切り替えの時期になるのでこのページで紹介する内容は506HWの在庫がまだある今しか参考にならない可能性が高いことを理解した上でご覧ください。

601ZTと506HWのスペック比較

端末比較と制限比較

 

端末 601ZT
506HW 506HW
発売時期 601ZT 2017年8月
506HW 2016年4月
重量 601ZT 約93g
506HW 約75g
サイズ 601ZT 約W71×H71×D14.2mm
506HW 約W90.9×H56×D13mm
下り最大速度 601ZT LTE:下り最大112.5Mbps
506HW LTE:下り最大112.5Mbps
契約期間 601ZT 3年間
506HW 3年間
料金 601ZT 2,480円
506HW 2,480円
月間制限 601ZT 5GB
506HW 5GB
3日間10GB制限 601ZT あり
506HW あり

601ZTか506HWで迷ったら当サイトならこう選ぶ!

在庫があるなら旧モデルである506HWを選びます!

理由は3つ

1:旧モデルはキャンペーン内容がいい
2:端末スペックはそんなに変わらない
3:当サイトにはZTE製端末のイメージはあまり良くない

旧モデルはキャンペーン内容がいい

古いモデルと新しいモデルのキャンペーンを比較した時に旧モデルは在庫一掃したいのでお得になっていることが多いです。
モバイルWiFiルーターに限らずどんな商品でもそうですが旧モデルである506HWの方がお得なケースがほとんどだと思います。

端末スペックはそんなに変わらない

大きく変わるのは使い方と、見やすさだと思います。
しかし速度などのネット接続という面においては特に違いはありません。
それ以外は通信もプランも料金もほとんど同じわけですから新しい端末だからと言ってもそこまで大差はありませんね。

ということであれば先ほど紹介したキャンペーン内容で決めてしまうのもいいと思います。

ZTE製端末のイメージは…

あくまで私のイメージですがZTE社ルーターに良いイメージがないです…。長年WiFiルーターを使ってきたり情報収集してきてZTE社の端末でこの端末は良かった!と言えるものはありません。
具体的なことは避けますが周囲で使っている人の評判など総合的に考えてもZTEよりは洗練されたHUAWEI(型番だとHW)のほうが個人的には信頼しています。
もちろんこれは数年前の印象が強く残っているだけなので技術力の向上などでいい端末をだす会社になっているかもしれません。というより今のソフトバンク(ワイモバイル)がそんな変な端末をだすなんてないかと思います。

余談ですが当サイトが考える信頼できるモバイルWiFiルーターのメーカーはHUAWEI、NECプラットフォームズ製ですね。
NECプラットフォームズ製は国産なので特に人気、信頼度は高いですがワイモバイルでは取扱いがないメーカーです。

HUAWEIはあまり好きではいない人も多いかもしれませんがモバイルWiFiルーターの今までの実績からすれば抜群にいい会社だと思います。
どの会社もHUAWEI製が多いですし端末は安心して使っていいと思います。

月間利用量が多い人は603HWのがいいかも!

そもそもですが月額料金が安いのが特徴の601ZTと506HWですが月間パケット量は5GBとなっています。
自宅のメインインターネット回線として検討しているのであれば正直物足らない利用量といっても過言ではないでしょう。
インターネットって最初はあまり使わないと思っていてもいろいろな便利なサービスがありますからワイモバイルの中からメインインターネットとして検討するなら506HWや601ZTではなく月額料金は高くなりますがオプション加入で月間パケット量が無制限となる603HWをおすすめします。

自宅のみで使うならSoftBankAirもおすすめ!

ワイモバイルではないのですがSoftBankAirも今人気でもしメインインターネットを探していてかつソフトバンク、ワイモバイルスマホを使っている人で自宅のみにしか使わないのであればこの端末もおすすめですね。
理由としては携帯割引があるのと自宅のみであれば据え置き型端末のほうがメリットがあるからです。

そもそもSoftBankAirには決められたパケット量における制限がありません。ただ速度制限がないかといえばそうではなく混雑する時間帯や特定の通信においては速度がでないようになることもあるようです。

最後に

506HWと601ZTの比較やワイモバイルのインターネットに関して紹介しました。
今回は506HWがおすすめといいましたがいつ在庫がなくなって取扱いが終わるかわかりません。

今までの傾向から一度取扱いがなくなっても復活することもありますしなんともいえないのですが506HWがある間は601ZTよりも506HWのがいいと思います。

もちろん601ZTのモニタがあるなどの使い勝手や色がいいなど好みもありますからキャンペーンだけで判断するのではなく自分に合っていそうな端末を選ぶことのほうが大事です。

なお601ZTも時間が経つとお得なキャンペーンも増えてくることが想定されます。特に3月、4月頃には新生活需要期に伴ってかなりキャンペーンがよくなる可能性が高いです。
8月に発売ですから3月、4月は発売から約半年近く経つので可能性としてはなくはないので買い時かも!?

ただ506HWが終了したら601ZTしか選べなくなりますから両方選べることができる”今”も買い時といっていいかもしれませんね。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top