モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX W04がおすすめな人とは?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

WiMAX W04がおすすめな人とは?

2017年2月中旬発売予定のW04について当サイトなりにおすすめな人を考えてみました。

スポンサード リンク

W04はこんな人におすすめ!

2017年2月中旬発売予定のW04ですが端末の特徴からおすすめできる人を紹介していきます。
ちなみにこの端末は発売が正式には決まっていませんが当サイトとしてはおそらく2月17日が有力だと思っています。

W04の特徴

まず最初にW04の特徴を紹介します。

・WiMAX2通信で最高速度440Mbps
・auハイスピードプラスエリアモード(auLTE)対応
・ファーウェイ製端末は操作性が抜群
・珍しい縦型端末?

WシリーズとWXシリーズが今WiMAXの主要シリーズなのですがWシリーズの特徴はauLTEに対応していることです。
WXシリーズは通信方式が現在は1つに対してWシリーズは2つあります。

  1. WiMAX2(ハイスピードモード)
  2. auLTE(ハイスピードプラスエリアモード)

この2つの通信が使えるのがWシリーズ通してのメリットです。
auLTE(ハイスピードプラスエリアモード)を利用すらばWiMAX2が仮に使えない場所でも使える可能性が高まりますし、そもそもauLTEはエリアがかなり広いので持ち運びには最適な端末です。

ただ注意したいのがauスマートバリューmineに加入されない方はオプション費用が1,005円発生してしまいます。端末で通信方式を入れ替えるのでオプションに加入していなくても端末側でハイスピードエリアモードに変更して通信したら料金が発生してしまいます。
auスマートバリューmineに加入している方は2016年11月からオプション費用が無料に。

もし加入できるなら通信方式は2つあったほうがWXシリーズの最新端末WX03ではなくW04をおすすめします。

Wシリーズ通してauLTEには対応していますがこの端末としての特徴としてはWiMAX2通信でも最高速度440Mbpsに対応しています。

昨年夏に発売された前モデルのW03は最高速度370Mbpsだっただけでなくこの速度はau LTEを利用した時にスピードでした。

なのでauスマートバリューmineに加入していない人が370Mbpsで使おうとした場合に1,005円のオプション費用が使った月に発生してしまいました。
しかし追加オプション料が発生せずに440Mbpsという高速通信が可能になったのが今回の最大の特徴といえるでしょう。

さらにファーウェイ製の端末は随分まえからタッチパネルを採用しているので端末の操作性はWXシリーズよりも高いと感じています。しかも今回の端末からHWD15以来の珍しい縦型端末となっておりスマホみたいなより操作性のルーターといえそう。

スティック型端末なので端末の片手操作が簡単にできそうですね。

正直目新しい特徴としては少ないですがauLTEに対応しているという点から当サイトとしては

  • ・持ち運ぶ人
  • ・auスマートバリューmineに加入できる人
  • ・携帯のような操作でモバイルルーターを使いたい人
  • ・端末のデザインが気に入った人

におすすめできる端末といえますね。

W04の注意点

W04の注意点といえば

  • ・auスマートバリューmineに加入していないとauLTE利用時に追加料金1,005円が発生
  • ・WシリーズとWXシリーズ型番そっくりなので注意
  • ・最高速度440Mbpsは一部エリア限定なので注意

が挙げられます。

ちなみにこの端末auLTEが搭載されていて勝手に繋がってしまうんじゃないか心配される方もいると思いますがそれは安心してください。
自分が操作して変更しない限り勝手に繋がることはありません。変更する前にはしっかりと

W04と他機種(WX03,W03)で迷ったら?

WX03と比べた時に基本的にはauLTEを使う使わない、auスマートバリューmineに入れる、入れないを考えてもらえばいいでしょう。

W03と比較した場合には基本スペックが上のW04がおすすめ。

ただ新モデルがでると旧モデルがお得に買えることが多くなりますから料金面で得したいならW03がおすすめ!
おそらく例年通りでいけば3月くらいまでは在庫は残っていてキャンペーンもやっていることですからその値段を見て判断するといいでしょう。

あとW03がW04と比べたときに上回っている部分でいえばバッテリー消費です。
W03が3,000mAhに対してW04は2,750mAhと容量が少ない。それだけでなく通信速度が速いと基本はバッテリー消費がはやい傾向にあります。

なのでスペック表を見比べてもらうとわかるようにバッテリーの持ちがW03のがいいのかもしれません。バッテリー消費を気にするならW03のがおすすめといえますね!

最後に

W04のスペックを見ても目新しい機能もないですが最高速度は440Mbpsに対応していてWXシリーズにはない通信方式が対応しているのが最大の特徴ですね。
発売日はまだ不明ですがすでに予約を開始している会社もあるのですでにW04の購入を決めているなら予約してもいいでしょう。

新生活需要期なので端末はたくさん用意していることと思いますが購入したい色がある場合は予約をおすすめします。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top