モバイルWi-Fiルーター比較

買わないほうがいいモバイルルーターの特徴

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

買わないほうがいいモバイルルーターの特徴

このページでは今までの経験から買わないほうがいいモバイルルーターの特徴を紹介していきます。

スポンサード リンク

そのモバイルルーターはやめたほうがいいかも?

今から紹介するのは経験談や過去の周り評判から買わないほうがいいと思えるモバイルルーターの事例を紹介します。

もし当てはまったならできれば購入を見送るかしっかりと検討した上で購入しましょう!

こんなモバイルルーターはやめておけ!3パターン紹介

こんな場合はやめた方がいいかもというケースを3パターン紹介していきます。

  • 1:聞きなれないメーカーの端末はやめておこう!
  • 2:モバイルルーターを契約すると○○○がセットで安くなる系はやめておこう!
  • 3:料金がわかりづらいサイト(会社)のモバイルルーターはやめておこう!

1:あまり聞きなれないメーカーの端末はやめておこう!

モバイルルーターで主流のメーカーといえばファーウェイが有名ですね。それ以外にもNECプラットフォームズ製、WiMAX限定ですがシンセイコーポレーションも実績があります。

ただ時々どこのメーカー?と首をかしげたくなるメーカーのモバイルルーターが発売されることもあります。この1年ぐらいはほとんどなかったのですが少し前(2、3年前)は少ないですがありました。
そんな聞きなれないメーカーの場合できればやめておきましょう。
理由は自分の経験や周りで購入した人の意見からになりますが不具合が多いからです

はじめは調子悪いな?気のせいかな?と思っていましたが端末不良だったことも。調べているとたまたま悪い端末に当たったというわけではなく某メーカーの端末はこのようなケースが多かったようです。

それだけでなくよく知らないメーカーの場合スピードが遅い傾向にあります。
試しにほぼ同時期に発売された通信方式、最高速度が全く同じ端末を同じ環境で一緒に使って検証したことがありまして速度が遅かったことがありました。

原因は当サイトの勝手な推測でもありますが端末のアンテナ感度不良というのはあるのかもしれません。
これらの経験から普段からモバイルルーターを主流で作っている会社は端末づくりのノウハウもしっかりしているし安心という結論にもなりました。

なので一応購入前にメーカーの確認をしておくことをおすすめします。
もしあなたが購入しようとしている端末が聞きなれないメーカーであれば注意しておきましょう。

モバイルルーターだけでなくどんな製品を買うにしてもそうかもしれませんが・・・

モバイルルーターを契約で○○○がセットで安くなる系はやめておこう!

○○○というのは基本パソコンやタブレットが多いですね。
これは昔よくあったキャンペーンですがこれは注意。特に衝動買いされる方が多いみたいなので余計注意が必要ですね。

ただここでやめておけとは言うものの普通にお得な場合もありますから一概にはやめておけとはいえません。
しかしいろんなキャンペーンを見てきましたがかなりの確率でおすすめはできません。

特に

  • ・1:月額料金が通常料金より高くなる
  • ・2:キャンペーン対象モバイルルーターが古い(旧端末)の場合
  • ・3:対象の端末が発売してから時間が経過している場合

この3つのどれか1つでも当てはまったら要注意。2、3については最初は古い端末(旧端末)であることを隠しているケースもあります。最後には言いますが知らない人は買ってしまいますよね…

そもそも○○○がセットで安くなるキャンペーンがお得なのかどうかの判断は普段からモバイルルーターやセット端末の状況(価格や性能)を知らないと判断ができません。
特にこのようなキャンペーンは衝動買いをさせようとしてきますが最も衝動買いしてはいけないモバイルルーターといえます。
念入りに調べてご自身でお得だと判断して購入するならいいのですが基本はやめておきましょう。

ただ先ほども紹介したようにかならずやめたほうがいいというわけではなく月額料金が変更せずに割引されたり、セットでプレゼントされるキャンペーンもあります。

そんなキャンペーンはお得といえるでしょう。(最近はほとんど見かけませんが)

3:料金がわかりづらいサイト(会社)のモバイルルーターはやめておこう!

いろんなケースがありますが大手企業が販売するサイトだったり、家電量販店でのモバイルルーターは基本的に料金はわかりやすく表記されています。
料金というのは端末購入にかかる月額料金だけでなく初期費用を含んでのことです。

この料金があなたから見てわかりにくいと少しでも感じたならやめておきましょう。

料金がわかりにくいモバイルルーターは罠が多く潜んでいるかもしれません。

実際に当サイトが調べていると一見お得に見える広告表記でよく調べてみると別にという場合にわかりにくい表記が多い気がします。例えば某社の月額料金が安いけど初期費用がその分発生したりするケースですね。結局インパクトある表記だけど調べると全然お得じゃないモバイルルーター。

悪意はないかもしれませんが表記がわかりにくいのはトラブルの元。本当にお得なキャンペーンだったらわかりやすいサイト表記にしているはずです。わかりやすくしないとその良さが伝わらないですからね。

 

最後に

基本的には今発売している端末はどれもいい端末ばかりです。昔は当たりはずれが結構ありましたが。
それでもメーカーの確認はしっかりおこなっておきましょう。
それだけでなくモバイルルーターは同じ端末でも購入場所で料金や特典が違うので購入する場合には細心の注意が必要といえますね。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top