モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバルーターからWiMAXに乗り換えで実践すべき7つの事

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバルーターからWiMAXに乗り換えで実践すべき7つの事

ワイモバイルルーターからWiMAXに乗り換える時に失敗しない為にあなたにやってほしい7つのことを紹介!

今乗り換えを検討している人は参考になるかもしれません。

スポンサード リンク

ワイモバイルルーターからWiMAXに乗り換えで失敗しない為に!

ワイモバイルルーターは今現行のモデルを新規、機種変更で購入しようとすると3年契約となっています。

ワイモバイルはモバイルWiFiルーターに関しては業界でも有力な会社ですが、3年という契約期間がネックでWiMAX(ワイマックス)に乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか?

モバイルルーターといえばWiMAX!

と言っても過言ではないぐらい実績、人気ともにNo.1です。乗り換えるなら間違いはありません。
でも間違いないからと言って、何も調べずに乗り換えると失敗の元です。

なぜなら人それぞれ使い方はもちろんエリアも違います。

使い方によっては3年契約でも人によってはワイモバイルで機種変更してそのまま使った方がよかったりします。

様々な要因から人気キャリアだからといって何も下調べをせずに乗り換えしてしまうと損することがあるのです。

ではどの点に気をつければ失敗せずにWiMAXの乗り換えすることができるのか?

今から紹介する7つのことをしっかりと調べて、実践すれば失敗する確率はかなり減らせるはずですし

本当に乗り換えた方がいいのか?判断することができると思います。

 

それだけでなく今まで使ってきたキャリアから乗り換えするのはちょっと不安だったりしますよね?

「実際に使えるのだろうか?」
「サービスの質はどうなんだろう?」
「エリアは広いかな?」
「料金はどうなんだろう?」
「通信制限はどうなんだろう?」

など乗り換えするときには不安ってつきものですよね?

今から紹介することをしっかり実践すればこんな不安の解消にも繋がると思います!

 

ワイモバ→WiMAXに乗り換えで実践したい7つのこと

  • 1.通信方式、対応速度理解しエリアを確認
  • 2.プランを確認
  • 3.制限を確認
  • 4.毎月のパケット量と契約更新月のチェック
  • 5.オプション加入の有無
  • 6.キャンペーンの確認
  • 7.Try WiMAXで実機をレンタルしてみる

1.通信方式、速度理解しエリアを確認

まず最初に今主流のWiMAX端末の通信方式と対応速度を理解しましょう。

WiMAXの通信方式は主に3つ

・下り最大速度13.3Mbpsノーリミットモード:WiMAX
・下り最大速度220Mbpsハイスピードモード:WiMAX2
・下り最大速度370Mbpsハイスピードプラスエリアモード:au LTE(W03においてはWiMA2とのCAに対応)

今主流端末であるWX02、W03の対応している通信方式は

・WX02:WiMAX2、WiMAX

・W03:WiMAX2、au LTE

となっています。通信方式と対応速度を理解したらエリア確認を行いましょう。

エリア確認すべき通信方式はハイスピードエリアモード(WiMAX2)が一番大事。ついでにau LTEも調べることをおすすめします。

理由としてはWiMAX2の通信が今現在のメイン。au LTEはエリアが広いのですが利用には月毎に追加料金も発生するからです。

エリア確認の大事なポイントはピンポイントエリア判定(au LTEはない)で行いましょう。

地図上の色での判別はあいまいなので正確に調べるならピンポイントエリア判定です。

○、△、×の3段階で表示されますが△、×だったら注意が必要です。

通信方式と最高速度を理解した上でピンポイントエリア確認をすればエリア確認で失敗することはまずないでしょう。

2.プランを確認

次にプランです。プランに関しては

  • ・今使っているワイモバイルのプラン
  • ・WiMAXのプラン

を理解しましょう。プランを理解すれば料金と制限の比較ができます。
ワイモバイルルーターのプランは今と昔ではかなり変わっているので注意が必要。

基本的に通信制限はプランによって違います。

なのでプランを理解することが料金の比較と制限を理解することに繋がります。

ちなみにWiMAXのプランは

  1. UQ Flat3,696円:月間7GB制限ありプラン
  2. ギガ放題4,380円:月間7GB制限なしプラン

の2つです。

3.制限を確認

モバイルルーターのデメリットといえば制限です。

インターネット接続が目的なのにそのインターネットの速度が強制的に落とされるのが通信速度制限です。

制限をしっかり理解していないと痛い目にあいます。

なので

  • ・今使っているワイモバイル端末の制限
  • ・WiMAXの制限

を理解しましょう。先ほどプランのところでもお伝えしましたがプランを調べるついでに制限も調べるといいでしょう。

あと過去の制限の状況から考えると

ワイモバイルルーターの制限はWiMAXと比較して制限が厳しい時のが多かったのでWiMAXにすることで制限に関しては今より緩くなる可能性は高いです。※今でこそ横並びですがワイモバの旧プランとかだと制限が厳しい

しかしあくまで可能性なのであなたの使用プランの制限を調べて比較して緩くなるかどうか確認しましょう!

4.毎月のパケット量と契約更新月のチェック

ネット上や顧客サポートセンターにて

  1. 毎月のパケット量
  2. 契約更新月

の2つを調べましょう。制限を理解した上でパケット量を調べれば

  • ・今使っているワイモバイルのプランが正しいのか?
  • ・WiMAXのプランのどちらが適しているのか?→ギガ放題orUQFlat
  • ・WiMAXよりもワイモバイルで機種変更した方が適している?

などがわかるはずです。

あとついでに契約更新月も調べることができるので一緒に調べることをおすすめします。

契約更新月を知っておくと適切な乗り換え時期を調べることができます。
更新月に関しては意外と勘違いしている人も多いようなので事前に毎月のパケット量と一緒にチェックしておくといいでしょう。

5.オプション加入の有無

今使っているワイモバイルのオプションを調べましょう。

どうせ乗り換えするならサービス内容がアップしたりキャンペーン特典を得るだけでなく月々のコストも削減したいですよね?

正確な月額料金を算出して乗り換え後の料金を比較するにはオプションの費用も大事になってきます。

今使っているオプションのある、なしを調べればこれからWiMAXのオプションの何に加入すべきか参考になるはずです。※ワイモバイルにあるオプションはWiMAXでもある可能性が高いです。ただ料金は微妙に違ったりします。

例えば端末の補償サービスに関してはスマホなどと同様に契約時にしか加入できません。
もちろん加入後に外すのはいつでもできます。

余談ですがオプションで注意するべきことはキャンペーンによっては1ヵ月無料でオプションが付くことがあります。意外とこれが忘れがちになってしまうので契約後忘れないうちに外すようにしましょう。

 

6.キャンペーンの確認

当サイトではWiMAXのキャンペーンを比較して紹介しています。

比較はこちら安く購入したい方におすすめWiMAX、WiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】

WiMAXのキャンペーンはたくさんありますが家電量販店で購入するよりもネット購入の方が圧倒的にお得です。

もちろん家電量販店での購入であれば実機を見ることができたり販売員の説明を聞くことができます。

しかし料金だけで見たら比べ物にならないぐらいお得です。

最近は少ないですが販売員に流されてオプションを付けたり違う商品を購入させられることもありません。

キャンペーンの注意点としては

  1. キャンペーン特典が貰える条件
  2. 貰えるまでの期間
  3. 貰うための手続き
  4. クレードルの有無

などをしっかり確認しましょう。クレードルに関してはあるなしでキャンペーン内容が変わってくるので注意しましょう。

7.Try WiMAXで実機をレンタルしてみる

最後にWiMAXの購入が実際に使えるのかどうか?

不安な方におすすめなのが

Try WiMAXという公式サービスで実際に端末をレンタルして使ってみることです。

端末を実際に使えたなら安心して申込みすることができますよね?

エリアが△で不安な方もこの方法なら確実に調べることができます。

あと一応紹介しておきたいのが今年の5月下旬から通信が困難な場合などに限り8日以内で契約をキャンセルできるようになっています。

キャンセルといっても無償ではなく事務手数料などは発生するようですが契約解除料金などは発生しません。

通信が困難の場合だけでなく販売員の説明不足や説明の相違でもキャンセルできるようです。

但し正当な理由がなければキャンセルできませんから注意しましょう。

ワイモバイルを使い続けるほうがいい人

今紹介した7つの事を実践すればWiMAXに乗り換えるかどうかある程度判断できるでしょう。

あとワイモバイルではハイスペック端末と、ロースペック端末があります。

506HWがロースペック端末ですが性能が低い分月額料金が2,480円と安いです。

但し月間のパケット量が5GBで制限になってしまうのとプラン変更ができないので3年間月間パケット量が5GB未満の人なら料金が安くておすすめ。

上記で毎月のパケット量を調べることを紹介しましたが

もしあなたが契約期間中5GBを一度も超えておらず、使い方も今までと変わりがないのであればWiMAXに乗り換えするのではなくワイモバイルで機種変更というのも1つの手といえるでしょう。

あとはWiMAXや新しくワイモバイルで契約したりした場合に制限や料金面でメリットがないのであれば今使っている契約を更新して使い続けるというのも手です。

ただその時に注意すべき点は契約期間満了後の月額料金。契約によっては割引適応が終了して高くなることもあるので注意。

最後に

今まで使っていた会社からの乗り換えって結構不安だったりしますよね?

新しい端末にしたのにネット回線の質が悪くなったなんてショックですよね?

でもきっとこの7つのことを実践していただけたら失敗する可能性はかなり低くなると思います。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top