モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバ、WiMAXルーターで契約後使えない場合キャンセル可?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

ワイモバ、WiMAXルーターで契約後使えない場合キャンセル可?

このページではモバイルルーターの主力2社であるWiMAX(ワイマックス)とワイモバイルですが契約後にもし使えなかった場合キャンセルできるのか?についてまとめてみました。

もし契約前に使えなかったら…と不安になっている方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサード リンク

契約後に使えなかったら…キャンセルできるのか?

モバイルルーターは大変便利なアイテムな上に料金も安いのでメインインターネットとして検討している人も多いのでは?

ただ購入時の不安として挙げられるのが

  1. 契約したけど使えなかった
  2. 契約した内容や説明に相違があった

などですね。
1つ目の使えなかった場合に関してはモバイルルーターやスマホなどで考えられる問題です。
固定回線(光回線)などでは契約して使えないというのは基本的にあり得ないですから。

そんなモバイルルーターだからこそ契約したのに使かったら嫌だな…と二の足を踏む人も多そうです。

実際に使えなかったらかなりショックを受けるはずですからね。

2つ目については全ての契約においてあげられることだと思います。
インターネットなどの通信契約においては大変複雑だし販売員の知識も人によってそれぞれだし人間ですから勘違い、認識の相違などは当然なくなりません。

でも契約した側としては決して気分が良いものではないでしょうし内容が違えばそもそもの契約をなかったことにしたいのは当然です。

ではもしあなたがこんなケースに遭遇した時に

  • 解約(キャンセル)できるのか?
  • その時に解約金はかからないでキャンセルできるのか?

は契約する上でも非常に大事な要素!

ということでワイモバイル、WiMAX(ワイマックス)が使えなかったときや、契約内容に相違があった場合にキャンセルができるのか?

調べてまとめてみました。

8日以内であればキャンセル可!?ただし条件も

実は5月21日以降に契約したスマホや、モバイルルーターなどの携帯端末は「初期契約解除制度」というのがあり契約後8日以内であれば解約が可能という風に法律が変わっているようです。

このような法律が適応されるという話は聞いていたけどいつスタートかまでは知りませんでした。
もう始まっていたんですね。

ただし8日以内解約に関しては条件などの注意点があるようで

  1. 電波状況が悪いなどの利用状況が不十分の場合
  2. 契約書類の不備や説明が不十分、虚偽の説明だった場合etc

などに限り解約できるようです。

なので契約してみたけどなんか色が気に入らないなどのような理由では解約できないということ。

さらに場合によっては事務手数料が請求されたり、利用料金の一部は負担する必要があるようです。

なので無償解約ではないけど一部負担したうえで解約することはできそうです。

でも高額な解約金を払うことなく解約できるならば本当にありがたい。

無償解約は昔からできた!?

この8日以内キャンセルが適応される以前からモバイルルーターについては利用できなかった場合に無償キャンセル、一部負担だがキャンセルができたという話はちらほら聞いたことがあります。

実際にネット上ではそんな話もちらほら見かけます。でも逆で泣き寝入りしたというケースもあります…

ちなみにキャンセルについては噂レベルではありますが

しっかりと利用状況なども調べられて本当に使えなかったのか?通信ができなかったのか?

まで調べるという話を聞いたことも。(噂ですが)

あくまで噂レベルでできる場合できない場合があったのですが先月末からスタートした8日以内解約であれば本当に使えなかった場合に泣き寝入りすることもなくなるので消費者としては本当に、本当にありがたいサービスですね。

実際に本当に解約できるのか?販売店で聞いてみた

さてこの8日以内解約ですが実際にできるのか?ということでいくつかの販売店に出向き聞いてみました。

するとすべてのお店でワイモバイルさん、WiMAXさんともにちゃんとこの制度の説明をしてくれました!

ちゃんと行き届いているようなので安心して契約できそうですね!

とくに今まで貸出機がなかったワイモバイルさんなんかは今まで以上に安心して申込めそう。

 

最後に

今回紹介した新しい制度に関してはスマホやモバイルルーターだけであって固定回線などは関係ようです。

あと上記でも説明しましたが解約には注意点もありますからよく理解した上で契約することをおすすめします。

8日以内なら解約できるからと特に説明も聞かずに契約したり、軽い気持ちで契約するというのはやめておきましょう。

それにしても今回の制度の導入でモバイルルーターのトラブルは減ると思うのでとってもいい制度だと思います!

これを機にモバイルルーターを使いたいけど使えなかったら…と一歩踏み出せなかった人が購入するケースもふえそうですね!!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top