モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバのプランと制限が複雑だからまとめてみたパート2

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバイルさんのプランが多いのでこのページでは今主流のプラン4つをまとめてみました。
購入を検討している人は参考にしてください。

スポンサード リンク

プランが増えすぎて複雑!もう一度中身を整理してみた

4月27日に新プランと新端末をスタートさせたワイモバイル。
また新プラン?と思ってしまうでしょう。

知らない方に説明すると今ワイモバイルのオンラインストアで購入が可能なのが5機種ありその内適応対象プランも4つあります。
(端末ごとにプランは決まっていますが)

機種はちょうど移り変わりの時期なのでラインナップは多いのはしょうがありません。
がプランを乱発する理由はさっぱりわからない…

ニーズに応じてその都度最善の選択をしているのかもしれませんが
現時点ではプランが多すぎて消費者はわけがわからないと思います。

そこで今回の新プランを含めてどんなプランでどの機種に対応しているのか?

まとめてみましたので参考にしてください!

ちなみにパート2ということは過去(半年前)にも同様の記事を書いたことがあります。
まさかまた書く必要性がでてくるとは思いもしなかったのですが…

現在発売中端末とプラン一覧

ワイマックスなどとは違いワイモバイルは機種毎に適応できるプランが異なります。

なので購入を検討している人はセットで覚えてもらい比較検討してもらうといいでしょう。

  • ・Pocket WiFiプラン2ライト:対応機種506HW
  • ・Pocket WiFiプラン2:対応機種502HW、504HW
  • ・Pocket WiFiプランSS:対応機種401HW
  • ・Pocket WiFiプランL:対応機種305ZT

この4つのプランがあります。
ちなみにちょうど1年前にはPocket WiFiプランSとPocket WiFiプラン+がメインでした。

そう考えるとこの1年でプランを乱発していることがわかると思います。

プラン名が違うのと微妙に内容が異なるので是非間違えないて覚えないようにしてください。

パート1では表にして紹介しましたが横並びで説明すると混乱する人もいそうなので今回は1つずつわけて紹介していきます。あと微妙に内容が違いますからその内容の違うところは赤色にしてあります。

Pocket WiFiプラン2ライト:対応機種506HW

506HW

契約期間

・3年

月額料金
・2,480円

月間速度制限

・月間速度制限5GB

月間速度制限後の速度
・送受信時最大128Kbps

月間制限解除
・通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要

3日間速度制限条件
・3日間で約3GB以上利用時に当日6時から翌日6時まで通信速度の制御を実施する場合がある

3日間の制限後の速度
・動画が標準画質で観れる程度

その他

下記のコンテンツ・サービスなどを利用の場合に通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合がある。
・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
・MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル、BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
・動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど

Pocket WiFiプラン2:対応機種502HW、504HW

504HWレビュー
502HW レビュー

契約期間

・3年

月額料金
・3,696円

月間速度制限

・月間速度制限7GB

・但しアドバンスオプション加入月/684円でアドバンスモードのみでの利用であれば月間制限なし

月間速度制限後の速度
・送受信時最大128Kbps

月間制限解除
・通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要

3日間速度制限条件
・3日間で約3GB以上利用時に当日6時から翌日6時まで通信速度の制御を実施する場合がある

3日間の制限後の速度
・動画が標準画質で観れる程度

その他

下記のコンテンツ・サービスなどを利用の場合に通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合がある。
・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
・MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル、BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
・動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど

 

Pocket WiFiプランSS:対応機種401HW

401HW レビュー

契約期間

・3年

月額料金
・2,480円

月間速度制限

・月間速度制限5GB

・但しPocket WiFiメガ得キャンペーン2の適用で月々の高速データ通信容量が2GB増量。なので合計7GB

月間速度制限後の速度
・送受信時最大128Kbps

月間制限解除
・通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要

3日間速度制限条件
・3日間で約3GB以上利用時に当日6時から翌日6時まで通信速度の制御を実施する場合がある

3日間の制限後の速度
・動画が標準画質で観れる程度

その他

下記のコンテンツ・サービスなどを利用の場合に通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合がある。
・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
・MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル、BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
・動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど

Pocket WiFiプランL:対応機種305ZT

305ZT
この端末はほとんど取扱いがありませんが一応紹介しておきます。
契約期間

・3年

月額料金
・4,380円
・但しPocket WiFiメガ得キャンペーン2の適用(契約変更のみ)で月々3,696円

月間速度制限

・月間速度制限7GB

アドバンスモードのみでの利用であれば月間制限なし

月間速度制限後の速度
・送受信時最大128Kbps

月間制限解除
・通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要

3日間速度制限条件
・3日間で約3GB以上利用時に当日6時から翌日6時まで通信速度の制御を実施する場合がある

3日間の制限後の速度
・動画が標準画質で観れる程度

その他

下記のコンテンツ・サービスなどを利用の場合に通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合がある。
・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
・MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル、BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
・動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど

制限に関する補足

月間制限にについての補足です。この要点だけおさえておきましょう。

  1. 当月分は当月末で解除
  2. アドバンスモードでのみ使えば条件によっては免除
  3. 401HW、506HWのプランにおいては月間制限の免除はない。

3日間の制限についての補足です。この要点だけおさえておきましょう。

  1. 3日間の規制は解除できない。
  2. 前日までの3日間の利用通信量が約3GB(2,517万パケット)を下回った場合(当日午前6時に)通常の速度に戻る
  3. 3日間とは昨日・一昨日・一昨々日のご利用通信量の合計が約3GBを超えた場合通信速度を制限します。
  4. アドバンスモードでご利用の場合も、3日間3GB制限の対象。
  5. アドバンスモード、標準モードのそれぞれの通信量を合算。

一番の注意点は制限の解除、免除方法がないことです。なので制限がいやな人は3日間制限を超えないように使うしかありません。

ただ月間制限よりは制限後の速度ならネットは普通に使えるレベルに回復しています。以前は違いましたが2015年10月ぐらいから変わったようです。

しかしこれをあてにすると痛い目にあいますから使えないと思っておいたほうがいいでしょう。

最後に

あくまで勝手な予想ですがこれからのプランはPocket WiFiプラン2、Pocket WiFiプラン2ライトが主流になりこれからでる端末はどちらかを適応することで料金プランがシンプルになるのでは?と予想しています。

この1年位での傾向としては春先にライトユーザー向けのシンプル端末を発売。

2015年4月401HW。料金プランPocket WiFiプランS→Pocket WiFiプランSSに変更
2016年4月506HW。料金プランPocket WiFiプラン2ライト

おそらくこのような機種はすべて今回のPocket WiFiプラン2ライトで収束するのでは?
さらに2機種連続でPocket WiFiプラン2を採用していることを考えると今後はこの2つのプランを使っていくのでは?と予想しています。

逆にこれ以上プランを増やす必要性はなさそうですし、増やすとしたらもう迷走していると言っても過言ではないでしょう。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top