モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバイル506HWのおすすめポイントと注意点【レビュー】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバイル506HWのおすすめポイントと注意点【レビュー】

2016年4月27日に発売されるワイモバイルの新端末506HWについて当サイトなりにおすすめポイント、注意点をまとめてみました。

スポンサード リンク

目次

①.506HWのレビュー!

②.506HW購入の注意点!!

③.最後に

①.506HWのレビュー!

先月も新端末を発売したワイモバイルさん。まだ発売して間もないのにまた新端末が発売されます!

さらにこの端末の登場でまた新プランが登場…。
そもそもプランが複雑すぎてシンプルにしてよ!っていつも思うのですが…

ちなみにこのレビューは当サイトのWiMAXの実機レビューとは違い発表されている内容から当サイトなりにおすすめポイントや注意点をご紹介していきます。なので実機は使っていません。ご了承ください。

①‐①.端末性能

端末性能

発売時期 2016年4月27日
サイズ 約90.9×56×13mm
サイズ 2.4インチカラー液晶
重さ 約75g
連続通信時間/バッテリー容量 約6時間/1,500mAh
対応周波数 900MHz、1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz、2.1GHz(3G)
対応通信 4G方式(FDD-LTE/AXGP)、3G方式
最大速度 112.5Mbps/37.5Mbps
同時接続数 最大10台
製造メーカー ファーウェイジャパン

特徴

  • ・ワイモバイルpcketWiFi史上最も軽量
  • ・シンプル設計!
  • ・3年契約だけど月額料金が安い
  • ・人気端末の401HWの後継機!?(おそらく…)

おすすめポイント
この端末の良さはシンプルなところだと思います。

シンプルだからこそ、軽量であり、シンプルだからこそ安い料金プランが適応できるといえます。

ちなみに今回の端末の506HWですが401HWという人気端末の後継機?となっています。

後継機という発表はないのですが

当サイトとしては料金プランや、メーカー、端末の見た目から後継機だと考えています。

401HWも最初はなぜこの端末を発売したのか?疑問に思うぐらいの謎端末でした。
が2015年夏ぐらいから料金プランが新設されて安い料金プランが登場。305ZTの人気が下火になっていく中で401HWはちょっとずつ人気になった端末です。

その後継機がこの506HWです。
なのでおそらく401HW同様に結構売れるのではないでしょうか?

そしてこのシンプル端末の最大の特徴は料金プランにあります。
今回新たに新設された料金プランPoketWiFiプラン2ライト。

これだと毎月5GBまでの利用で月額料金2,480円で3年間利用できるというもの。
5GBを超えるとパケット制限が発生し速度が遅くなります。

なのでたまに外で使いたいセカンドインターネットをお探しのかたにこの端末はおすすめといえます。

②.506HW購入の注意点!!

当サイトは端末の購入について注意すべき点があったらできる限り伝えていきたいと考えております。
少しでもトラブル!?わかりづらい!?複雑な点!?があるならば注意点としてご紹介していきます。

②-①.購入時の注意点

  1. シンプルが故にデメリット?
  2. 速度が遅い
  3. 複雑な料金プランに注意
  4. いつもと違う速度制限に注意
  5. 3年契約

まず最初の注意点ですが最近モバイルルーターの端末も二極化しており

  • ・シンプルでディスプレイがない端末
  • ・カラーディスプレイ搭載のスマホのような高級感のある端末

となっています。先月発売した端末は最高下り速度も速く261Mbpsで端末もカラーディスプレイ採用しておりワイモバイルの中でも最上位端末といえます。

その分今回はディスプレイもなくシンプルな端末となっていて何もかもそこそこ設計となっており速度も最高112.5Mbpsと通常よりも遅い。
端末はシンプルが故に操作性、わかりやすさはありません。

料金が安く使えるからこそ省けるところは省いたといえます。なのでシンプルが故のデメリットといえます。

あとはしれっと記載があるのですが先ほど紹介したように最高速度は112.5Mbps。

今売っているモバイルルーターの中では最高速度は遅いほうです。
水準としては1年前、2年前ぐらいと言ってもいいかもしれません。

繰り返しになりますがだからこそ料金も安くできるのでしょう…

そして当サイトとして懸念しているのがこの端末の発売でまた新プランができています
最近のワイモバイルさんは端末によってプランが違うのとプランが多すぎ!

これによって混乱する消費者もいそうですね。
なのであなたもプラン、端末についてはしっかりと理解されることをおすすめします。

そしてわからないことは必ず店員さんや電話で確認するしましょう。これはあなたが損しないためにも当サイトからのお願いですね!本当に複雑ですから。

次の注意点ですが速度制限が通常は

  • 月間7GB制限
  • 3日で3GB以上

ですがこの506HWに関しては

  • 月間5GB制限
  • 3日で3GB以上

月間制限が通常より2GB少ないです。

なので自分がどれくらい使うのかわからない人、3年間で使い方が変わる可能性がある人、メイン端末として使う人。

そんな人はこの端末の購入はおすすめしないかもしれません。

最後に最も注意すべき点です。

文中にも何回か登場していますがこの端末は3年契約
スマホやモバイルルーター、光インターネットなどは2年。

3年というのは中々聞かないのですがワイモバイルは1年前から基本は3年となっています。

これは要注意といえますね。

③.最後に

あとあくまで予想ですが、新規契約、機種変更のキャンペーンなどで容量UPとかは将来どっかのタイミングでやりそうですね。今契約すると5GBが7GBまでに容量UPみたいな。契約変更のみかもしれませんが401HWもやっていたからおそらくいつかはやりそう。

前モデル?401HWが人気だっただけに今回の機種もそこそこ需要があり売れる気がします。

個人的にはこの夏から秋にかけてセカンドインターネット利用の人に人気がでそうな端末といえます。

401HWと同様にこのような狙いがはっきりしていそうな端末とプランは今後増えていきそうなきもします。

期待したい端末といえそうですね!

ただ最後に独り言ですがワイモバイルさんプラン増えすぎ…

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top