モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX W02でアンテナを作って速度が変化するか試してみた

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

WiMAX W02でアンテナを作って速度が変化するか試してみた

自作アンテナを作ってWiMAX端末の速度が上がるのか?試してみました。

スポンサード リンク

【実験】自作アンテナでWiMAXの電波は強くなるのか?

 

過去に当サイトでも紹介しましたがWiMAXの電波が入りづらい時に自作アンテナを作ってあげると電波強度が上がるという話があります。

その話を聞いて過去にワイモバイル端末で実験してみました。ただこのときは微妙な結果に…(笑)

そこで今回はリベンジということでWiMAXの最新端末W02で実験してみました!

リベンジと言っても実験する内容は前回と異なりますが…。

電波が強くという表現が適切かどうかわかりませんが、モバイルルーターにおいて2通り考えられます。

  1. WiMAXルーターが発するWiFiの距離を伸ばす
  2. WiMAXルーターのWiFi接続時の速度向上

この2つだと思います。
今回やる実験ではこの両方を試していきます。

ちなみに最初にいっておくとこの実験は失敗しています。なので失敗談としてお読みいただけたらうれしいです。

自作アンテナの材料と作り方

準備したもの

  • ・はさみ
  • ・手袋
  • ・アルミ缶(長細いやつがいいかも)
  • ・下に敷く新聞紙or布など

これだけでOK。まあ材料だけをみて作り方は想像できるかと思います。笑

そうです。アルミ缶を切るだけ。
ただ切るにしても缶を切るのはかなり危ないで人がいない場所で、手袋や切るスペースを作ってやりましょう!

スペースを作ったらアルミ缶を切って開くだけです。笑
こんな感じ。

WiMAX アンテナ2

この方法にした理由と実験内容

さてそもそもなぜこのスタイルで実験しようと思ったのか?

それは効果があったと知人が言っていたからです。(固定回線だけど)

この方法で固定回線の固定ルーターの飛ぶ距離が伸びたらしく理論はきっとWiMAXでも同じかも?と思ったわけです。

固定回線のルーターもWiMAXルーターも無線で電波を飛ばそうとするとそこまで距離が飛びません。

実際の距離は場所とそもそもの電波の強さと周辺環境によって決まってしまいますが私の所感だと10mくらい?じゃないかなと。

なのでこれが効果あることがわかれば

  • ・1階の一番隅っこにルーターがあって2階の隅の部屋でWiFi機器を使いたいけど無線では電波が飛ばない
  • ・本家でWiMAXルーターを使って離れまでWiFiを飛ばしたいけど無線ではできない。

こんな悩みを持っている人の解消になるのでは?と思って実験してみました。

まあクレードルを購入して有線接続をしたり中継機を設ければ使えるのですが、安く手軽にということで実験していきます。

なのでそもそもの実験内容をまとめると

電波が入る環境がまずあることが前提で、そこからこのアンテナを設置し無線で飛ばす場合の飛ぶ強度が上がるのか?

というものです。

電波の入りが悪いからこのアンテナを作ることで電波が入りやすくするものではありません。

しかしWiFiの電波が飛ぶということはスピードもあがるのでは?予想もしています。
なのでWiMAX本体自体の電波強度があがるのか?という実験もしてみたいと思います。

 

WiFi電波の飛ぶ距離UP?実験の内容と効果

実験方法はWiMAXの電波がギリギリで届くか届かないかぐらいの場所に移動してアンテナ有り、なしで電波状況を計測してみました。

ちなみに私の家ではWiMAX電波が部屋の隅から隅まで届いてしまうので家でWiMAXルーターを設置し私が外にでて試してみました。

実験内容は自作アンテナ?を置いた時と置いてない時の届く範囲を歩いて調べるというもの。

やってみた結果は…正直微妙でした。

歩幅でいうと2歩ぐらいアンテナあるほうがスマホでも電波を拾えていました。(アンテナって呼んでいいか疑問ですが…)

これは劇的に効果があったというわけではなさそう。

WiMAXだからだめなのか?それとも他に要因があるのか?残念ながらわかりませんでした。

 

速度が落ちる説も試してみた

実験してみた結果があまりにも微妙だったのでちょっと落ち込んでいました。苦笑
そんな時ふと、

アルミで電波を飛ぶ方向を一方向にまとめるというのがこの実験の理論?ということは逆にアルミホイルでぐるぐる巻にしてみたらスピード落ちるんじゃない?

というのが頭によぎり…実際にやってみました。笑

 

さすがにつかえないことはないだろうと思いましたが
WiMAX アンテナ3
WiFi電波が格段に落ちて最終的に遮断されることがわかりました。

ということはWiFi電波に少なからずアルミが影響は与える?わけなので、やり方によっては電波の飛ぶ距離があがるのでは?と思いました。

アルミ缶1つではなくもっと巨大なアンテナにすれば目に見えて効果が見えるのかもしれません。

逆に遮断物が多い環境であればどんなルーターも電波は落ちるわけです。

今更感ありますが…(笑)

あなたがWiMAXを使うときは完全に開放させた状態で使ってあげるといいでしょう!

アンテナでWiFiの速度が上がるのか?

さて別の実験です。
先ほど作成したアンテナを使って部屋の隅からWiFi接続する機器の方向にアルミ面を向け、その近くにWiMAX端末をおいてみました。

スピードテストにてこのアンテナが有る、なしを交互に実験して速度に変化が見られるのか試してみました。

アンテナ有りが赤色
アンテナなしが黒色

結果は…
■1回目
下り速度:20.27Mbps
上り速度:1.79Mbps
下り速度:33.89Mbps
上り速度:3.63Mbps
■2回目
下り速度:27.32Mbps
上り速度:4.82Mbps
下り速度:23.87Mbps
上り速度:3.54Mbps
■3回目
下り速度:25.51Mbps
上り速度:4.69Mbps
下り速度:26.01Mbps
上り速度:3.62Mbps
■4回目
下り速度:21.32Mbps
上り速度:4.13Mbps
下り速度:24.47Mbps
上り速度:4.43Mbps
■5回目
下り速度:5.50Mbps
上り速度:3.48Mbps
下り速度:24.50Mbps
上り速度:4.75Mbps
■6回目
下り速度:26.03Mbps
上り速度:6.33Mbps
下り速度:17.46Mbps
上り速度:4.71Mbps

結果は見てもらってわかるように…なんとも言えないのが伝わりますね。苦笑
6回分を嘘偽りなく紹介していますがこれ以降何回やっても同じ感じでした…

アンテナがあることによるあからさまな速度向上というのはなかったです。

結論

はい。期待させてごめんなさい。
大失敗です。

でも知人はこれで今まで使えなかった場所で使えるようになった(飛ぶ距離が伸びた)って言ってましたが…

WiMAXでは関係がなさそう?それとも他にコツがあるのか?

でも誰でも簡単に作れて少しでも効果がある自作アンテナができたらいいなと思っていますが…

そんなアンテナが作れたらみんなにとってプラスになるはずですからね。

次は時間がある時にもっと大きいアンテナにでもしてみようか?

諦めずにもうちょっと勉強して効果がありそうなことを時間がある時にやってみたいと思います。

本当にごめんなさい。

ただ最後に言えることは…WiMAX W02の速度が速かった!!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top