モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAXルーターのメリット、デメリットまとめ

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

今さら感ありますがWiMAXのメリット、デメリットを当サイトなりに挙げてみました。
今ネット回線を考えている人の参考にしていただけたらと思います。

スポンサード リンク

WiMAXルーターのメリットとデメリット

当サイトの主観で思いつくメリットとデメリットを挙げてみました。
あとここで紹介するメリット、デメリットに関してはWiMAXだけでなくモバイルルーター全般としてのメリット、デメリットも含めて紹介していきます。
なおモバイルルーター全般のメリットについては横に”※モバイルルーター全般”と書いてきました。

ぜひ今ネット回線を考えている人は参考にしてくださいね!

WiMAXルーターのメリット

WiMAX メリット

当サイトとしては現在は完全にWiMAXをおすすめしています。が、だからと言ってメリットばかりを紹介するのではなくしっかりデメリットも紹介します!
このメリット、デメリットも理解してもらった上で検討してもらえればいいかと思います。

当サイトが考えるWiMAXルーターを選ぶメリット26個!

 

工事不要、工事費不要※モバイルルーター全般

モバイルルーター全般ですが固定回線と比較したときのメリットですね!
工事が必要なければ当然工事費用もありません。

一部固定回線では工事費用が1万ぐらいするところもあります。でもWiMAXを含むモバイルルーターにはこれがありません。

なぜ工事不要かというと携帯電話と同じ要領でネット接続ができるといえばわかりやすいと思います。WiMAXルーターはその中継機としての役割があると思ってください。

基地局からの電波を飛ばし→WiMAXルーターでキャッチ→あなた専用WiFiにしてルーターからWiFiが飛ぶ

こんな感じです。なので基地局が近くにあったりし電波が入っている環境であれば工事が不要でインターネットができるわけです。
今となっては当たり前ですが、ひと昔前のインターネットと比べたら驚く仕組みですね!

ちなみに固定回線の工事までの期間は大体2週間〜1ヵ月程。新生活の需要が高まる春先は1ヵ月くらいを目安に考えておくといいでしょう。

即日インターネット※モバイルルーター全般

先ほどの工事不要とおなじですが工事が必要ないので契約したその日からネットが使えます
これも固定回線しかなかった頃からすると驚きです。

すぐにインターネットが使えるということはネットができない空白の時間がないわけです。

例えば引っ越ししてもパソコンなどはあるのに工事日まではネットができない。

そんな不便なこともなく利用できるのが特徴です。

家でも外でもインターネット※モバイルルーター全般

WiMAXを含むモバイルルーター最大の特徴といえます。
月額5千円〜7千円前後で自宅しか使えない固定回線とは違いWiMAXルーターは家でも外でもインターネット接続ができます!

これによってiPadを含むタブレット端末、ノートパソコン、スマホ、iPod touchなどのWiFi接続できるミュージックプレイヤー、WiFi搭載の腕時計などが接続できます!

外でもWiFi接続さえできれば使える便利なデバイスはたくさんあります。

全てを持っている人は中々いなくても1台くらいは持っている人もいるのではないでしょうか?

これらをすべてのインターネット接続をWiMAXを含むモバイルルーター1台の通信料金で接続することができます。※速度制限はある。

タブレットを持っている出張が多いサラリーマンも、旅行が好きな人も、iPadを持って外でも使いたい人はルーターが必需品といっても過言ではありません。

ポイント

タブレットのキャリア契約は損!?

タブレット1台のみに通信料を払っているよりもルーター1台に払ったほうがお得になるケースが多いです。
なぜならタブレットをキャリア契約すると毎月の数千円の通信料でタブレットしか使えないからです。

でもWiMAXルーターなら1台の契約、1台の通信料金で何役にもなりますね!

例えば今日はお父さんが出張だからノートパソコンとWiMAXで外でインターネット、明日は祖父母が旅行でiPad使いたいからiPadとルーターで旅行先で便利にネット検索

なんてことも1つの通信料金でできちゃうのがスゴイとこ。

何かで見たけど意外とモバイルルーターと固定回線ダブルで契約している人も多いとか(なんの情報だったか忘れました)

なのでこれからタブレットをキャリア契約しようとしているならルーターも一度検討してみるといいでしょう。

もちろんキャリア契約がいいケースもありますからしっかり比較検討を!

もし今タブレットをキャリアと年間契約していて解約が近づいているならWiMAXを含むルーターなんて手もおすすめです!

引っ越しなどの移転時も解除料や面倒な手続き不要※モバイルルーター全般

固定回線を契約していると契約期間内の引越し時が面倒だったりします。
引っ越し先が対応していなくて泣く泣く解約なんてこともありえます。

すると解約手数料が発生したり…なんて事も。

でもWiMAXを含むモバイルルーターならば引っ越しの際に手続き不要です!
というのはちょっと嘘ですね。笑

住所変更の手続きは必要ですがモバイルルーターですからエリア内ならどこでもネット接続ができます。
なので固定回線のような面倒な手続きはないよってことです!

もちろん携帯電話と同じで住所変更の手続きはしなくても使えますがしておいたほうがいいでしょう。

配線不要※モバイルルーター全般

無線ルーターというぐらいですから配線がなくてもネット接続ができます
配線不要だと部屋と部屋をわざわざ線を通す必要もなく、さらには線にゴミがたまることもありません。

部屋の見栄えも悪くなるので線は極力あるよりもないほうがいいでしょう!
さらには小さいお子さんがいたりペットを買っている方ならば尚更配線はないほうがいいですよね?

大体危ない下の方に固定回線を差すところがついてますからね…

部屋をすっきり!ごちゃごちゃするのが嫌な人にはかなりおすすめポイントです!

設定が簡単※モバイルルーター全般

ネットの設定ってその道の人ではない限り結構難しかったりします。
それにネット回線を新しく契約するときというのは引っ越しなどの節目だったりするわけで、結構忙しいときではないでしょうか?

そんな時にネットの設定に手こずるのは避けたいはず。
モバイルルーターなら電波が入りさえすれば本当に簡単に接続できます。

もし仮によくわからなくても電話で聞けば簡単にできると思います。

与えられた番号をそのまま入力するだけでスグにネットにつながりますから、プロバイダやらなんやらというのはないので楽!

ちなみに固定回線については私も設定に関して一度苦い、苦い思い出があるのでモバイルルーターを初めて設定した時は感動でした。

ネット料金が安い

最近であれば固定インターネット回線も安くなってきていますからそこまで差はなくなっています。
それでもギガ放題で4,380円で使えるというのは決して高い値段ではありません。

そもそも先程のメリットでも紹介したようにいろんな場所でWiFi対応デバイスをつなげることができるのですから安く感じること間違いなしです。

スマホが制限になってもWiMAXルーターがあればサクサクネットができる

タブレットをキャリア契約しなくても外でネットが使える。

出張や転勤が多い人でもどこでもインターネット接続ができる

これだけ自由度が高いインターネットはWiMAXルーターを含むモバイルルーターの特徴といえますね!

プロバイダ不要

これはモバイルルーター全般には該当しません。基本的にはある会社を除けばプロバイダ契約は不要です。

WiMAXももちろんプロバイダ契約は不要なので別途プロバイダ料金が発生することはありません。

プロバイダ契約がないから申込み時の料金も簡単でかつ解約の手間も少なくなります!

・通常プランとギガ放題プランの変更が可能

WiMAXのプランに関するメリットとしては

  1. 月間を通して沢山つかいたい人向けの月間7GB制限なしギガ放題プラン
  2. きっと7GBも使わない人向けのお安い通常プラン

の2種類あります。

※ここで補足ですが両方のプランに3日間の制限はあります。

この2種類のプランを翌月適応にはなりますがプラン変更ができます

もちろんこの2つのプランでの変更なら手数料や解約金もありません。

翌月適応なので2月中にプラン変更を申し込んだら3月から適応になるというとこだけ注意。

これができるメリットは料金の節約と自分に合ったプランを見つけることができるというとこでしょう。

月間7GB制限とよくありますが実際にどれくらいなのかわからないよ!

なんて誰もが思うことでしょう。人によってネットを使ってやる内容も違いますから、これをどれくらいと言い切るのは現実的ではありません。

そんな中で申込みしてからプラン変更が容易にできるWiMAXはメリットといえるでしょう。

それにWiMAXのギガ放題は4,380円ですが最初の3ヶ月は3,696円で使えます。

なので3ヶ月間はプランを見つけるプラン探しの期間としてギガ放題に入り4,380円になる前にパケット量を調べて

ちなみにパケット量は端末などから調べることができます!

ポイント

7GBでどれくらいできるかなんてわからない

音楽ファイルをこれだけダウンロードすれば7 GBだという計算はできなくはないですが実際に利用するのであれば動画を見たり、ネットで検索したり、アプリダウンロードしたり、メール送ったりなど決まりきったことをやるわけではありません。

もし今までにモバイルルーターを使っていて自分の月間パケット量がなんとなくわかる人や、ちょっとしか使わないからという人以外は7GBを超えるものだと思って契約したほうがいいです。

特にメイン回線としてWiMAXを検討しているなら7GB超えると思って契約しましょう。実際に使ってみて7GBいかなかったらな通常プランに変更すればいいわけですし、超えるようならギガ放題が適しているわけです。

なにより注意なのがインターネット回線の売り場などで7GBでできること的なツールが置いてあります。これは基本的に話半分程度で聞きそれを信じて契約をしないことをおすすめします。

全プラン3日間の制限はあるが他社に比べて緩い

WiMAXを含むモバイルルーターは基本3日間の制限はあります。

しかしWiMAXに関しては3日間の制限の内容が緩いのも特徴です。

・3日間の制限

3日間3GB以上のパケット通信の場合速度を落とす。

・制限後の速度

制限後の速度はyoutubeが標準的な画質で観れるぐらい

 

追記※2017年2月2日以降

・3日間の制限

3日間10GB以上のパケット通信の場合速度を落とす。

・制限後の速度

制限後の速度は1Mbps

ちなみにこれは非常に画期的でモバイルルーター全般でここ2,3年はWiMAX以外の会社は制限が厳しくモバイルルーター自体の評判が下がりつつありました。

特に他社が3日で1GBで制限になり、かつ制限後はほとんど使い物にならない速度だったのが問題だった中でWiMAXは3日間の制限が3倍の3GBそして2月2日以降は10GBに緩和されています!

そもそもWiMAXが制限を導入したのは2015年の2月半頃なので元々制限に関しては利用者目線ですし上記のように制限になってもyoutubeが観れるというのはWiMAXが昨年夏に最初に公表しています。

3日間の制限になった後の速度を具体的に公表したことでワイモバイルも10月に一部プランにおいて速度制限の緩和を実施。WiMAXのおかげで制限に関していい方向にむかっているのです!

今後はもっと緩める可能性を示唆する発言があるので今後にも期待していきたいですね。→発言のとおり3GB→10GBに変更になりました!!

ワイモバイルについてはプランにより3日間の制限の中身が違うこともあるので要注意!現行プランはほぼ3日間の制限は3GBです。

あと補足ですがWiMAXは月間制限の場合、制限後の速度は128kbpsとなっています。ほとんど何もできないぐらいと思ってくださいね。

 

キャンペーンがモバイルルーター他社よりお得

WiMAXは基本的にキャンペーンがどの会社よりもお得です。
ただ申込む場所などによっては他社のほうが特典がよかったりしますが総合的に判断するとWiMAXが一番だと思います。

数年前の一時期と一部エリアではドコモがすごかったけど今は影を潜めています。ワイモバイルはショップがけっこうお得だったりします。
ネットだとアウトレットや、古い端末がお得に購入できたりします。
量販店ではなかなかないサービスですね。

ソフトバンクは店によってよりけりなので考えている人はその辺の情報をキャッチするようにするといいでしょう。

WiMAXはネットだとキャッシュバックがかなりお得、もしデバイス値引きがしたいのなら家電量販店が品揃えが多いので選択肢は広いのでおすすめ。

あと家電量販店は企業によってお店の商品全品値引き対象なのか?パソコンなどのWiFi搭載機器だけなのか?は違いあるようです。なので確認しておくといいでしょう。

ただトータルでお得なのかを考えると絶対ネットの方がお得です。

一度当サイトのキャンペーン情報まとめ記事と量販店のキャンペーンを比較してみるといいでしょう。

・プランや申込みに掛かる費用がシンプル

WiMAXはプランがシンプルなのは契約時に混乱することなく申込みできますね!
スマホのプランのように複雑ではないし、固定インターネットのようにプロバイダー料金やら工事費やらがなく至ってシンプルです!
おさえておかなければいけない値段はこんな感じ。

・初期費用

  1. 登録事務手数料(3,000円)
  2. 端末料金(基本的には無料だが新しい端末や購入場所によっては料金もある)
  3. クレードル費用(キャンペーンよっては端末セットで0円)

・毎月の料金

  1. 月額費用(通常プラン3,696円orギガ放題4,380円)※キャンペーンによって多少差はある。
  2. オプション費用
  3. ユニバーサル料金(今は2円?)
  4. auLTE利用料※対応端末のみ使った月に課金
  5. 消費税
  6. 口座の場合は振替手数料※クレジット払いならなし
  7. 携帯料金値引き(auスマートバリューmine対応できれば)

・解約時

  1. 解約手数料(キャンペーン適応時は別途増える可能性もあるので確認を)

ちなみに他社を考えると端末によってプランが違ったりしますし結構理解するのも一苦労な感じ。
ただ一苦労ではありますがWiMAXだけを選択肢に入れるのではなく他のキャリアもある程度理解した上で決めるのが理想です!

・契約期間が2年間

WiMAXは契約期間が2年間です!別キャリアだと一部3年契約というのも…
固定回線なども2年間が多いので普通のことのようですが最近の傾向だとそんなことはありません。

昨年の春〜夏頃から3年?というプランが登場しており今後もこの流れは続きます。

その点WiMAXはまだ2年契約ですから2年毎に特典をもらいながら新しい端末に変更するなどもできます!
これもメリットといえますね!

・契約解除料が安い

WiMAXは契約解除料金が安いです。
モバイルルーターの他の会社は2年契約後にすぐ解約すると端末代金なども含まれているのでかなり値段が高いです。
さらに値段は利用月が経てばどんどん減っていくのが一般的です。

WiMAXなら解除料金が安いだけではなく、1年以内の解約と1年後での解約でも一律料金が決まっており

昔からWiMAXは解除料金が安いのが特徴でWiMAX2になってから高くなりましたがそれでもほかと比較すると圧倒的に違います!
これなら万が一ネットを契約期間内に解約しなければ!なんて時にでもダメージが少ないので申込みもしやすいですね!

・端末のレンタルができる

UQWiMAXの公式サイトでは端末のレンタルが15日間無料でできます。
他のキャリアはお店独自でやっているところはあるようですが、キャリアのサービスとして契約前のレンタルをしているのはWiMAXだけです。

料金を払って短期間レンタルするサービスはありますが電波が入るか?ちゃんと使いたいところで使えるのかを契約前に確認できるのはWiMAXだけです!

もちろん端末は返さなければいけませんし最新端末はレンタルに反映されるのが遅いのですが契約前に電波チェックだけでもできるのは違います。
ただ注意点は貸し出せる端末がない場合もあるので急ぎのネット契約の場合は注意。

ポイント
借りるならau LTE対応端末にしてWiMAX2とauLTEの電波の入りをチェックしておきましょう!
使えるかチェックしたらネットのお得なキャンペーンで申込みするのが損しない購入方法です!

あと家電量販店でも一部公式サービスではありませんが貸してくれるとこもあるようです!一度確認してみては?

・国産モデルの端末がある

多くのキャリアは海外メーカーの端末を採用していますがWiMAXは日本製のモデルもあります。
WX01,WX02、WX03などがそうですね!
もちろん海外メーカーの端末が悪いわけでもないですがやっぱりメイドインジャパンは信頼感、安心感が!

古くからモバイルルーターでは有名なのがHUAWEI(ファーウェイ)です。〇〇〇HWという型番はこの会社ですね。

ちなみに無名のメーカーはあんまりおすすめしません。理由としては過去に今までの端末と通信方式が同じでも速度がでない端末があったらかです。
どのメーカーかはいいませんが今はほとんど取扱いがないのであまり気にしなくてもいいでしょう。

・他社に比べて比較的軽量モデルの端末が多い

WiMAX端末の特徴ですがあまりごちゃごちゃとした機能をつけずにシンプルなデザインが多いです。
WiMAX2端末以前のWiMAX時代からそうなのですが軽量端末が多いのも特徴です。

モバイルルーターというぐらいですから持ち運びを前提とした設計となっているのでしょう!

今の主流端末は100g程度なので本当に軽くて持ち運びも苦になりませんね!これもメリットといえるでしょう。

・付属品でクレードルがある

WiMAXは他のキャリアと違う点として付属品としてクレードルが用意されています。
キャンペーンによっては無料ですが料金を支払って購入する必要があります。

しかしクレードルがあれば有線接続ができるのでWiFiで飛ばすよりも安定度が高い通信が線が届く範囲であれば可能になります。

これは結構消費者目線の素晴らしいアイテムだと思います。ただ端末によってはクレードルがないものもでてくるかも?確認だけはしておきましょう。

ちなみに現時点の主力端末でモバイルルーターであれば全部クレードルがオプションとして選べます。
補足をしておくと発売してから時間が経つとクレードルの取扱いがなくなることもありますので注意。

・他社に比べてキュートなデザインのルーターもある

先程デザインがシンプルなのが多いといいましたがデザイン的にも丸みをおびていてキュートな端末が多いのも印象です。

ワイモバイルは結構クールな端末がありますがWiMAXはカラーバリエーションなどを含めてカワイイ端末があります。
特にW01のベリー色なんて女性受けの高そうな端末だと思います!

・UQWi-Fiが使える

これについては必ず使えるわけではありませんが見ている限り大体使えます。
契約する場所によっては料金が発生するところもあるようなので確認しておきましょう。

UQWi-Fiはカフェなど決められたWiFiスポットならWiFi接続できるというものです!
事前に登録する必要がありますがかなり多くのエリアで使えます。

これは確認してもらうのが一番いいですね。

事前に使える場所がわかっているのであればこれを上手に使ってパケット量の節約なんてこともできます。
こうゆうサービスは利用者としてメリットですね!

あと他のキャリアもこうゆうサービスはありますがオプションとして料金が発生することも。

・auスマホ割引がある

auスマートバリューmineというのですがこれが適応できるであればスマホの月額が900円安くなります。

適応にはWiMAX契約後に申込みする必要がありますので勝手に適応されるわけではないので注意。

ただ携帯電話がauという人なら絶対にWiMAXがおすすめです。

ちなみにWiMAXはau関連の会社なのですが他社でもこのようなサービスはあります。なのであなたのキャリアならどのネットを契約すると安くなるのか確認するのもお得に使う

ただ安くすることばかり目を向けていると本当にあなたに適した端末ではないこともあるので総合的な判断ができるようにしておきましょう!

あとこれから電力の自由化として携帯各社が電気事業が始まります。携帯電話とキャリアを一本化することで毎月のコストを減らすことができます。

完全に余談ですが来年にはガス?も自由化になるとか…いろいろ一本化すると安くなるかも?まだ全体像がわからないので電気などの一本化は様子を見ておくのもいいかも?

・エリア検索がピンポイントでできる

これは固定インターネットならよくあるサービスですがモバイルルーターではWiMAX以外ありません。
ピンポイントで〇、△、×と判定してくれるので色がついたエリアマップだけで判断するよりも確実性が高いです。

ただ注意点としては〇だからといって必ず使えるわけでもありません。

ポイント
auLTEはピンポイントはできませんがエリアの際でなければ結構使える印象があります。絶対にWiMAXがいい!と思っているあなたがもしピンポイントエリアで△、×だった場合はau LTEでの利用も検討しておきましょう。

auLTEが使える端末は現時点で発売されているのはW01のみです。ただ利用にはオプション費用が発生するので注意

・広いエリアでかつプラチナバンドでの利用ができる(au LTE)

人口カバー率99%でプラチナバンドのau LTEが使えるので広いエリアでも利用できます。
現在au LTEに対応している端末はW01のみ。

ポイント
利用には使った月のみ月額1,005円のオプション料金が発生するのとギガ放題で加入していても月間制限の対象となるので注意

・利用者の声を聞いてくれる

モバイルルーター以外にも最近はUQmobileをスタートさせていますが元々がモバイルインターネットに特化した会社だからか利用者の声を改善してくれやすい傾向にあります。

これは公式ページで公表しているのですが対応も早いような気がします。ここ最近では他キャリアよりも何事も一歩先を行く会社です。
エリア改善もガンガンやっているのが伝わりますしこの辺は会社としても信頼ができますね

・モバイルルーター業界No.1回線

ワイモバイルの前身のイーモバイルのころはイーモバイル端末が売上ランキング(BCN)でも1位をとっていました。(GL06Pのころ)
でもここ最近はあまり活躍した端末はありません。305ZTが一時期売れてましたがそれ以外は基本的にWiMAX端末がランキングの常連さんです。

売れているということは安心できる端末ということでもあります!

・顧客満足度が高い

メリットといえるかわかりませんが顧客満足度が高い会社です。
オリコンさんの顧客満足度調査などでも4年連続で1位のようにモバイルルーターの中では抜群に満足度が高いのがWiMAXです。。
満足度が高い理由としてはいろいろあると思いますが上記であげたメリットを利用者が感じ取っているのでしょうね!

契約者数が1000万人以上もいる

最後にWiMAXは今契約者数を公表しています。2015年の3月だったか4月時点で1000万人突破
1000万人ということは日本の人口で考えるとすごいことですね!

ただ当サイトの推測ですがWiMAXルーター=契約者数というわけではなくauスマホに搭載されているWiMAX通信も数に入っているのかも?推測の域を超えていませんが…

でもWiMAXが一番売れているモバイルルーターというのは紛れもない事実だと私は思います。
売れているということは利用者も満足しているということ。

ということはサービスの質が高いという裏付けだと思います!

※2016年7月には2000万回線突破しています!

WiMAXルーターのデメリット

WiMAXルーター デメリット

これから紹介するデメリットこそ見て欲しいと当サイトは考えています。

プランが少ない

これはメリットでも紹介しましたがプランが少ない分選択の幅が少ないともいえます。
といっても携帯電話とは違いプランは基本的にどのネット回線も少ないものとなっています。

ワイモバイルは3年契約ではありますがプランや端末が豊富でそれぞれに特徴があります。
特に401HWは端末がシンプルで速度もそこそこ、制限もしっかりありますが料金が安いなどのメリットが。

超優等生であるWiMAXですがワイモバイルみたいにこのようなプランもあったらおもしろい?かもなんて思ったりしています。

ただプランが増えすぎても混乱するし中々難しいところなのでWiMAXはこのままでもいいかもなんて当サイト的には思っています。

全プラン3日間の制限がある

どのモバイルルーターにもありますが3日間の制限があります。
固定回線にはありませんからデメリットといえますね。ただ2017年2月2日以降は制限が10GBになっているのでかなり緩和されてきています!3日間で10GBを使うかは人それぞれですが多くの人が制限を気にしなくてもいいようになっていることでしょう!

固定回線に比べると安定度が低い※モバイルルーター全般

固定回線はエリア内であればそんなに速度にバラつきはありません。もちろん理論値である数字は絶対にでませんが、そこそこ安定した速度が毎日使えます。
ただモバイルルーターは場所によって多少違ったり、制限もあるので速度が毎日ずっと一緒というわけにはいきません。

クレジットカード支払いが原則(一部口座も可)

WiMAXは昔からクレジットカードで月々の料金を支払わなければいけません。
なのでWiMAXを諦めている人もいるようです。
がネットでは一部で口座でも申込みできます!でも口座振替手数料が発生するのでデメリットといえます。

あと選べるキャンペーンの幅が狭いので注意

下り最大速度と実測速度に差がある※モバイルルーター全般

モバイルルーター全般ですがカタログなどに載っている理論値と実際にでるスピードはかなり差があります。
スピードテストなどでその速度を見ることができますがまず220Mbpsなんて絶対に出ません。

ただそこまでスピードが速くなくてもネットを使っていて不便に感じることはありません。10Mbpsぐらいでていればネットとしては十分。
昔はイーモバイルなんて7.2Mbpsでしたし3年前のWiMAXも40Mbpsが最高速度でした。7.2Mbpsでも動画が観れるぐらいだったので

エリアの際は速度が不安定※モバイルルーター全般

固定回線などはエリアの際だろうがあまり関係ありません。
しかしモバイルルーターはエリアのギリギリらへんは電波が不安定です。

なのでエリア内=絶対使えるとはあまり考えないほうがいいでしょう。
機器的な問題などない限り絶対使える固定回線と必ずしも使えるわけではないモバイルルーター。

この辺がデメリットともいえます。

取扱い店舗が少ない、ショップがない

家電量販店などでは取扱いがありますがワイモバイルのようにショップがあるわけでもないので取扱い店舗は少ないといえます。
専任の担当者さんから話が聞ける店舗だといいのですが大型店舗しかないように思えます。
この辺は他のキャリアに劣る部分ともいえますね。

購入前に聞きたいことや、購入後に困ったことを相談できるという点で店舗が多いのは消費者としては助かります。コールセンターはありますがやっぱり直接話を聞きたいという人にはデメリット。

※12月3日追記※9月にUQスポットと呼ばれるショップが東京と大阪にオープン。どんどん拡大するようですよ!

最後に

長々とメリットデメリットを紹介していきましたがどうだったでしょうか?

とりあえず私が思いつく限りのメリットとデメリットをあげてみました。
かなり真剣に考えたのにデメリットが中々でてこなかったのはWiMAXの優れている点なのかも!?

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top