モバイルWi-Fiルーター比較

未成年がモバイルルーターを申込む時の注意点

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

未成年がモバイルルーターを申込む時の注意点

未成年の方がネット回線でWiMAXなどのモバイルルーターの契約を考えている人も多いと思います。

ただ携帯同様に未成年の人がモバイルルーターを申込むにはいろいろ注意点が必要なのでこのページで紹介したいと思います。

スポンサード リンク

目次

①.未成年(20歳未満)がモバイルルーターを申込みする時の注意点

①.未成年(20歳未満)がモバイルルーターを申込みする時の注意点

年を越せばもうすぐ春です。
春といえば学校を卒業して新生活をスタートさせる人も多いはず。

そんな学生の人の新生活に必要ものといえばそうネット回線ですね。
今の時代であれば固定よりもモバイルルーターを選ぶ人が多いと聞きます。

そんな時に未成年の方が申し込もうとすると必要書類だったりいろいろややこしかったりします。
そこで今回ワイモバイルと、WiMAXで未成年の方が申込みするときの手続きを紹介します。

①-①.ワイモバイルの場合

加入する契約者が未成年(12歳以上)以上というのが条件です。
12歳未満だと支払いが親権者名義となますね。

契約に必要なもの

■クレジットカードを所有している場合

・ご本人様名義のクレジットカード
・本人確認書類

■クレジットカードを持っていない場合

・本人確認書類
・印鑑
・キャッシュカード、もしくは預金通帳+金融機関お届け印
・必要な費用(移動機等お買上げ代金

基本的に20歳以上だったらこれでOKです。あと補足しておくとワイモバイルの場合金融機関のキャッシュカードがあれば預金通帳やお届け印は不要の場合がほとんどです。
一部金融機関だと受け付けない場合があります。なので一応持っていくといいでしょう。

ここで1つ注意点。未成年の方だと本人確認書類というのが一番ややこしいので注意。
一番手軽?な運転免許書というのは持っていない方が多いことが予想されます。

もし持っているならそれでOK。

但し、運転免許書でも

顔写真、現住所が記載で各公安委員会発行で有効期限内のもの。(国際免許証不可)

という注意点もあります。
それでは運転免許書がなければどうすればいいか?
この中の1つが必要書類必要になります。

ワイモバイル 本人確認書類
<ワイモバイル公式ページ新規ご契約より>

※細かい注意点もありますので必ずHP、問い合わせした上での申込みがおすすめです。

健康保険証の場合ですと補助書類というのがあります。補助書類とは、

住所確認書類として、住民票やご本人様宛の公共料金領収書など(発行日から3ヶ月以内のもの)

住民票であればいいのですが公共料金の領収書だと注意しなければいけないのが、住所確認書類ですので住所が明記してあるものが必要になってきます。

・公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物
・ソフトバンク発行の請求書や領収書(いずれも発行日から3ヶ月以内のもの)

あとは住所が異なる場合が一番やっかいかもしれません。
住所が違うとそれだけでダメです。

なので住所変更などを行なってから契約をする必要がありますね。

さてこれ以外にも未成年の契約者様が申込む際に必要な書類

1.契約申込書の親権者申込同意欄への捺印、または「親権者同意書(原紙)」
2.親権者本人確認書類

です。
同意書などは必ず親権者が書きましょう。これも重要です。

親権者様の本人確認書類も上記と同様ですね。
もし契約に行く場合には親権者も同伴した上での申込みが原則です。

あとそもそも持っていけばいいのですが、免許書などのコピーをして契約に行く場合は必ず両面印刷してから契約に行きましょう。これも契約には重要ですね。

できればご契約者様も親権者様も本人確認書類に関しては持っていけるだけ持っていきましょう。

①-②.WiMAXの場合

ワイモバイルと同じでクレジットカードがあると申込みがカンタンです。
が、ワイモバイル同様に未成年者様だといろいろ補助書類が必要です。

さらにワイモバイルと違うのはWiMAXは各代理店によって申込みに関する内容が異なります。
そもそも口座で申し込む方法が少ないのも1つの特徴。

ただWiMAXが絶対にいいと思う方は多いはずです。なぜなら一番人気のモバイルルーターですからね。

なので今回紹介するのはネット申込みで口座振替が可能なUQWiMAXで申込みする際のケースだと思ってください。

口座振替で申込みできる数少ないUQWiMAX公式サイト→UQ WiMAX

契約に必要なもの

■クレジットカードを所有している場合
クレジットカードでOK
但しクレジットカードでも携帯電話/PHSを持っていない場合は本人確認書類が別途必要。

■クレジットカードを持っていない場合
契約者本人確認書類と口座
親権者同意書および本人確認書類のコピーが必要

本人確認書類とは

WiMAX 本人確認書類<UQWiMAX本人確認書類より>

ワイモバイルと違うと思われるのがUQWiMAXさんの場合住民基本台帳カードで顔写真があれば住所確認書類が要らないことですかね。

①-③.こうすればお得でスムーズ

申込み方法を見てもらってわかったと思いますが書類を揃えたりかなり大変です。
もし親権者様がクレジットカードを持っていたらそれだけでかなりスムーズに、そしてお得(キャンペーン適応にはクレカが必要な場合が多い)に申込みできます。

どれくらいお得なのか実際にキャンペーンを比較したページをご覧ください

 

こちら→WiMAX2+キャンペーン比較

 

お得なだけでなく親権者の方のクレカ申込みが一番スムーズです。
ただこの時にも注意点があります。それは名義も親権者様にする必要があります。

これを間違えるだけでも契約できません。
あと店頭で契約行う場合は必ず本人が来店しなければいけません。

なので未成年者が親権者の方のクレカを申込書を持って契約もダメです。

 

ただこのような契約の場合はしっかり利用料金に関して家族で話し合いをした上がベストです。
使うのは未成年の方だと思うのでバイトして払うのか、親権者様が払うのかは各々の家庭で話合っておくといいかと思いますよ!

あと親権者様のクレジットカードではなく未成年者様名義でかつ口座で申込みしようとすると同意書など含めて必要書類揃えたり、同意書が必要だったりと大変です。

なので契約には必ず時間がかかるのでネットが使えなければ困る新生活ギリギリで慌てて揃えるのではなく事前に準備しておくといいでしょう。

最後にコツは販売員やショップ、電話などでオペレーターから必要書類について1つずつ指示を受けながら申込みすると確実です。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top