モバイルWi-Fiルーター比較

ネット回線契約で騙されない為に

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ネット回線契約で騙されない為に

モバイルルーターだけでなくネット回線契約全般に関してトラブルというのは多い印象があります。

そこで当サイトとしてはどのようにしてこのようなトラブルを防ぐのか?その方法を考えてみました。

スポンサード リンク

目次

①.インターネット回線契約で騙されない為の予防方法

②.クーリングオフについて

①.インターネット回線契約で騙されない為の予防方法

あなた自身も含めてあなたの周りでも少なからずインターネット契約に関するトラブルを耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実際に国民生活センターによる公表では平成24年度においてスマホやネット回線などの通信契約をめぐるトラブルは過去最多の4万8668件

だったようです。国民生活センターが把握しているだけでこれだけの件数ですから公になっていないものを含めるときっともっと多いのかもしれません。

さてそもそもトラブルになるケースというのは、

  • ・契約者が意図的にクレームをおこす(難癖をつける)
  • ・販売員が意図的に情報を与えなかった(売りたいがための隠し事)
  • ・必要もないものを付けられた、契約させられた
  • ・販売員の説明不足、知識不足
  • ・契約者が理解していなかった
  • ・契約者が勘違いしていた
  • ・サービスに問題あり

最初の2つは論外ですが少なからずあるでしょう。悪質な販売員というケースも少なからずありえます。逆にクレーマーと呼ばれる方も少なからずいます。

がここについてはここではなんとも言えないのでスルーします。

ただ今紹介した7つを含めて我々消費者、契約者側の感じることは

  • ・知らなかった。
  • ・聞いていない。
  • ・使えない。
  • ・契約内容が違う。
  • ・特典が貰えなかった。
  • ・説明が違う

だと思われます。

消費者としての心理はこの時に騙されたと思うわけですね。
売る側としてはそのつもりがなかったとしてもこのようなケースは、消費者が”思っていたのと違うと”感じた時点で騙されたと感じるのです。

はっきり言って私自身も昔よく説明を受けずに購入したり、説明と違ったというケースもありました。

が、このような経験を通して行き着いた結論もあります。それは自分の身は自分で守るということです。

何を当たり前のこと言っているんだと思うかもしれませんが、これはとっても必要なのです。

具体的にどのように身を守るのか?今からすぐにでもできる3つを紹介していきます。

①-①.予防方法1:知識をしっかりつける

まず最初に紹介するのが契約前には必ず商品などに関する知識をつけるということです。

知識を付けることで防げるのが

  • 営業マン、販売員に言われるがままに契約しない
  • 知識のない販売員を判別できる。
  • 自分に合った会社、プラン、商品選択が可能になる

知識をつける?そんなのメンドクサイよ〜なんて思った方!
トラブルになるほうが面倒ではありませんか??

たしかに契約内容も含めて難しい語句がズラズラと並んでいます。カタログなどをみてもワザとわかりにくくしているだろうって思うぐらいややこしい作りです。

しかし最低限でも知る、理解する努力をしましょう。

カタログのプランを理解しようとしてみたり、複数の店舗を回って情報収集したり

これだけでも何かを契約するとき購入するときに視野が広がりトラブルが減ってくると思います。

 

①-②.予防方法2:契約や説明を受ける時にはメモを取る。

次に営業マン、販売員から説明を受けるときにわからないことなどメモをとりましょう。

この時に

  • ・日時
  • ・場所
  • ・担当者

も書いておくといいです!メモを取りながら話を聞くという行為は説明する側にとっていい緊張感を生むと思います。
しっかり説明しないといけないと思ってもらえたらあやふやな説明は避けしっかりと説明してくれるはずです。

販売する人ももちろん人間ですからその時の説明に多少間違いもあるかもしれません。

できればこの時に同じ内容でも別の人から話を聞くと

先程紹介した内容でもありますがこの時にあなたに知識があれば間違いにも気づくこともできますね。

①-③.予防方法3:一旦冷静に考えてみる

何事もそうなのですがどうせ買うならお得に購入したいと思っているはずです。
そうなるとキャンペーン特典ばっかりに目がいってしまう可能性があります。

すると本来あなたに適した商品(端末、プランなど)ではないものでも疑いなく購入する可能性がでてきます。

頭ではわかっていても販売員にお得ですよ!と言われて流されるままという人は少なからずいるはずです。

なのでそんな時があったら一呼吸おいて、ゆっくり考えてみてください。

本当にお得なのか?オプションなどの加入が必須ではないか?

一旦冷静になって考えるとお得かどうか自分に必要なのかどうか見えてきます。

その時にはネットのキャンペーンとリアル店舗との比較を行なってみる。
特典適応条件を理解したりするとよりいいでしょう。

②.クーリングオフについて

さて今すぐできる簡単な自己防衛方法を紹介しました。
ただどれだけ防衛しても予期せぬトラブルは起きてしまいます。

よくありそうなことだと防ぎようがない内容としてはサービスの質です。
昔であればエリアに入っていたけど使えなかったということが主な要因だったかもしれません。

最近ではあれば最高速度表示に対して実際の速度が出なかったというケースがトラブルの要因とも言われています。

これは使ってみなければわからない曖昧な要素ですね。
このトラブル回避には実際に契約前に使ってみるなどが解決方法といえます。

がどうしても回避できないものがありますね。そんな時に頭に過ぎるのが契約の解消です。

②-①.クーリングオフはできない

結論からいえば電話勧誘、訪問販売においてはクーリングオフは適応できますが、量販店に出向いて契約したというケースでは現状クーリングオフはできません。

但し総務省もここまでトラブルが多いので将来的にはクーリングオフの適応を検討しているとの話もあります。(どうなったのやら。)

なので購入時には慎重に、そして要らないものは要らないなど自分の意見をしっかり持つことが重要です。

ただ会社や販売店によってはクーリングオフではないですが契約を解除させてくれることも。
もしあなたが不適切な案内で契約してしまったのであれば泣き寝入りせずしっかりと販売店に駆け込みましょう。

残念ながら以前に比べるとこのように契約のキャンセルを行うという話は少なくなっている印象があります。

申し込み時には慎重に、そして何度も読み返す、わからないことは聞く、それでもわからないなら一旦持ち帰るというのも必要だと思います。

最後に

あなたやあなたの知人、家族など大事な人がネット回線などの契約を考えているのであれば詳しい方に付き添ってもらうのも一つの手ですね!

悪質な販売手法として強引な販売が挙げられます。

もしあなたが押しに弱くても、先程も紹介したようにどなたか知り合いにお願いするのもいいでしょう。(それが無理ならネットでの契約がおすすめです。)

それだけでトラブルの可能性は減らせるかと思います。

あと個人宅への訪問販売や電話でのネット回線販売はまともな会社は少ないといえますので注意が必要です。

最後にネットで情報収集するという方もいるでしょう。
ただ当サイトも含めてネットの記事は誤っている情報、古い情報もあるかもしれません。
1つのサイトに惑わされずに多くの意見、情報に触れておくことをおすすめします。

当サイトも十分な配慮をしていますが更新できなかったり、古い内容の場合もあります。
なのでぜひ当サイト以外も参考にしてください。

インターネットの回線契約となるとたった一つの勘違いから大きな問題に発展します。

個人的にな想いかもしれませんがトラブルが少なくなることを願いこのようなページを追加しています。

なんか伝えきれませんでしたがシンプルに誰でもできることを挙げてみました。

よかったら頭の片隅にでもいれておいて頂けると嬉しいです。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top