モバイルWi-Fiルーター比較

SIMフリーのモバイルルーター買うならコレ!

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

今年はSIMフリー、格安SIM、格安スマホという単語がかなり身近なものとなってきたと思います。

スマホだけでなくモバイルルーターも格安SIM+SIMフリールーターを使えばランニングコストがお得に使えます。

ということで、今回は当サイトおすすめのSIMフリールーターと、格安SIMをご紹介!

スポンサード リンク

目次

①.SIMフリーのモバイルルーターを買うなら

①.SIMフリーのモバイルルーターを買うなら

SIMフリールーター+格安SIMの組み合わせだと使い方によってはかなりランニングコストを抑えることができます。
しかし事前に使い方を明確にし理解しておかないと後々後悔することもあります。

なので必ずしもおすすめとはいえません。普通にWiMAXをキャッシュバックキャンペーンで購入した方がいい人も多いはずです。

ではどんな人におすすめか?まとめてみました。

・そんなにネット(通信量)を使わない。
・持ち運びで使いたい。
・動画は見ない。
・広いエリアで使いたい(ドコモエリア)

もちろんこれが当てはまらないくてもおすすめと言える人はいます。
ただそれは誰かに教えてもらうわけでもなくあなた自身で考えることが重要です。

あともしあなたが現在モバイルルーターをお使いで月々のパケット量がわかるならそこから計算してみてもいいでしょう。

さておすすめのSIMフリールーターをお伝えする前に、過去にワイモバイル(旧:イーモバイル)をお使いの方でGL06P以前の人はSIMフリールーターの可能性があります。
タンスの奥に眠っている端末を引っ張りだして、格安SIMさえ契約すればそのまま使えます。
最新端末でなくてもいいならかなりおすすめです。

①-①.新品なら圧倒的人気Aterm MR03LN

SIMフリールーター おすすめ

価格.comでも調べましたがこの記事を書いている時点(2015年6月21日)では、消費税込み一番安いのはこちらでした。

■goo SimSeller

この端末が人気なのは

端末名:Aterm MR03LN
通信エリア:Xiエリア受信時最大150Mbps /送信時最大50Mbps、FOMAエリア受信時最大14.4Mbps/送信時最大5.7Mbps
サイズ:約111(W) × 64(D) × 11(H)mm
メーカー:NECアクセステクニカ株式会社
※クレードルは別売り、クレードルセットもあり

あとSIMフリールーターを持っていない方であればどうしても初期費用が発生します。一見高いと感じますが2年で割ってみたらそこまで高くありません。

例:
端末代19,800円(クレードルなし)÷24ヶ月=月/825円

これに格安SIMの初期費用3,000円(税抜)と月々の格安SIM代を明確にして月額料金を算出すればお得かどうかわかりますね!

例:
端末代825円+格安SIM(NifMo月3GB)900円=1,725円

①-②.SIMフリールーター、格安SIM購入時の注意点

SIMフリールーター購入の注意点

  • ・SIMフリールーターを買う前に購入前の格安SIMが対応しているか確認
  • ・端末の保証はないので破損に注意

基本的には対応しているケースがほとんど、但しよくわからないルーターなどはやめておいた方がいいでしょう。
あと端末ですが壊れてしまうと修理代が高額になることも。

WiMAXなどキャリアで購入すればオプションで保証がありますがこういうのはないと思っていいでしょう。

格安SIM契約の注意点

  • ・SIMのサイズに注意。
  • ・SIM契約のプランに注意。
  • ・利用頻度が多い場合はお得でないケースも
  • ・プラン変更できても翌月適応なので注意
  • ・SIMはMVNO先によって同じ速度でも速い、遅いがある

ちなみにSIMのサイズは標準SIM、マイクロSIM、一番小さいナノSIMとあります。

SIMカードサイズ

この端末に関してはマイクロSIMです。

ただSIMカードはナノSIMを購入する人が多いです。なぜかというとナノSIMを変換するSIMアダプターがありナノSIMをマイクロSIMと同等にしてくれたり、標準SIMと同等の大きさにできます。

この活用方法なら仮に別のモバイルルーターに乗り換えたときにSIMサイズが違っても、SIMアダプターを活用すればSIMカードを買い換えることなくできます。

SIMアダプターは1,000円未満とかなり安いのでおすすめ。

①-③.格安SIMは〇〇と〇〇がおすすめ

当サイトがおすすめする格安SIMはDMMmobikeとNifMoの2社です。
特にNifMoはピーク時以外の通信速度はかなり速いと言われておりおすすめ。

MVNOは使う回線はドコモでありながら申込みする会社によってかなり速度に差があります。
もちろん速度が速い必要は格安SIMではあまりないかもしれませんが、速度が速いほうがいいというならNifMoさんがおすすめ。ただ将来的には他のが速くなったりする可能性はあるので注意。

・NifMo公式サイト→NifMo

プランの豊富さと安さでいえばDMMmobieさんがおすすめ。

・DMMmobie公式サイト→【DMM mobile】データSIMプラン業界最安

プランも豊富で料金もみてもらうと他よりも安く今人気急上昇中です!

プランが多いと将来的にも選択の幅が広がりかなりメリットが大きいです。

ちなみに両社とも運営会社は大手企業。DMMさんは最近よく聞きますね。NifMoさんはniftyさんが運営しています。
長くつかうなら知っている会社というのも一つ重要なポイントですね!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top