モバイルWi-Fiルーター比較

4月27日発売のY!Mobile(ワイモバイル)401HWが謎すぎる

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

4月27日発売のY!Mobile(ワイモバイル)401HWが謎すぎる

本日ソフトバンクから発売されたY!Mobile(ワイモバイル)ブランドのモバイルルーター401HW。

シンプルで個人的には好きなのだが、端末の性能や、プランなどを見ているとちょっと謎が多い…

ということでこのページではそんな401HWの性能や注意点と共に当サイトが感じた謎を紹介していきます。

スポンサード リンク


※追記※
このアップした時は不透明な部分(謎)も多かったのですがプランも格安になり他の機種とはかなり差別化できていると思います。セカンドインターネットを探している方や、パケット量が少ない人向けの端末といえるでしょう!!(今や401HWはほぼ取扱いがなくなっていますがちょっと追記。)
発売当初に感じた内容なのと古い内容もかなり混ざっているので注意してください。

目次

①.Y!Mobile(ワイモバイル)401HWの性能と注意点

②.当サイトが感じた疑問点

①.Y!Mobile(ワイモバイル)401HWの性能と注意点

まず最初にお伝えしたいのが発売したばかりで詳細は大まかにわかっていないということです。
そしてあくまで私がこの401HWを見て感じた内容になります。

その辺をご理解してい頂いた上で、お読み頂けると嬉しいです。

①-①.401HWの性能

401HW レビュー
端末性能

発売時期 2015年4月27日
サイズ 約W90.9 ×H 56 ×D 13.0mm
重さ 約75g
連続通信時間 約6時間
対応周波数 4G:900MHz、1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz
3G:1.7GHz
最大速度 4G LTE:下り最大112.5Mbps*4 / 上り最大37.5Mbps
AXGP:下り最大110Mbps / 上り最大10Mbps
※無線LAN接続時は下り最大65Mbps程度
バッテリー容量 1,500mAh
同時接続数 10台
製造メーカー HUWEI

【補足】
※この端末はPocket WiFiプランSのさんねん(3年契約)というプランに加入することで月々3,696円で使える。
※プランは3年契約だが、端末の割賦は2年で終了。
5月10日→5月末までの7GB制限免除キャンペーンは適応できない。

この端末の当サイトが考える特徴は軽量でシンプル!
私の記憶ではワイモバイル(旧:イーモバイル含む)端末ではかなり軽い部類に入ると思います。

①‐①.契約時の注意点

当サイトが考えるこの端末の注意点ですが、

・”3”年契約で月々3,696円
・無線LAN接続時の下り速度が最大65Mbps
・パケット通信量が端末で確認できない

”3”年契約で月々3,696円

先程も紹介したように2年契約というのが要注意。
モバイルルーターやスマホなどは基本的にみなさん知っての通り2年契約がほとんどです。

ただしこの端末は3年と1年長くなっているので注意。

無線LAN接続時の下り速度が最大65Mbps

他にも無線LAN接続時には下り最大速度が遅くなるので注意が必要です。
ちなみに無線LANじゃない接続とはUSB接続になります。

パケット通信量が端末で確認できない

ワイモバイルだけでなくWiMAXも含め最近のモバイルルーターは端末でパケット量が確認できる端末が多かったです。
これがあると制限にならないように調整ができますよね?

なのであるとないとでは、個人的にはあったほうがいい機能です。

別の方法で通信量は確認できるのでなくても問題ないと思うかもしれませんが…

②.当サイトが感じた疑問点

さて上記で性能と注意点をご紹介しましたが、おそらく私と同じことを感じた人がいるでしょう。

・性能が305ZTや最近のワイモバイル端末と比べると見劣りする
・”3年”契約で3,696円の謎

特に端末はバッテリー容量も低く、画面もない。
さらに今展開中の速度制限が実質免除されるキャンペーンも適応できない。

305ZTの前ならわかりますが、正直このタイミングでこの端末を発売するには他に意図があるとしか思えないというのが率直な感想。
ここからは推測ですが5月10日→5月末で終わる速度制限免除キャンペーンが終わったら、この端末においてなんらかの動きが見えると思います。(予想ですけど)

例えば、

・3年契約だけど月額料金がもっと下がったり
・305ZTみたいに制限が実質免除されたり。
・キャンペーンでかなり破格な提供方法になったり
※当サイトの予想+希望。

そうでなれければ、305ZTと比べるとかなり見劣りしてしまうので…

でも本当に”3年”契約というのは気になりますね。
個人的にはこの3年契約が今後モバイルインターネット業界のスタンダードにならないことを願いたい。

②-①.ショップでも聞いてみた

そういえばこの端末の実機を見たくて近くのショップに行ってきました。
残念ながら実機はなくて触れなかったのですが、モックがあったので手にとってみました。

率直に感じた感想をレビューすると、305ZTよりもかなりコンパクト設計でとかなり手のひらにフィットする。
そして写真では感じなかったがモックをみている限りではかなり高級感を感じるクールな端末。

これで月額が安かったり、制限免除だったりプラン的なところで強みがあれば売れるな。とは思いました。

ショップに行ったついでに”3年契約”と”この端末”についてショップのお兄さんに確認したところ

「正直まだよくわかっていません。」

との回答。(出たばっかりだし、305ZTで忙しいだろうからしょうがないよね)
ただ私が考えているのと同じ305ZTのキャンペーン終了後に動きがある端末だろうという認識でした。

そうでないと売れないともぼそっと言ってましたね。

あといろいろ個人的にこの新しい3年プランについて考えていたのですが、速度制限免除キャンペーンがおそらくプランで判別されているのでもしこのキャンペーンが終わったら…305ZTも3年プランしか加入できなくなる可能性もありますね。

あくまで可能性の話なのでどうなるかわかりませんが…おそらく5月10日→5月末以降により詳しい詳細が判明することでしょう。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top