モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバイルの305ZTが今一番人気!?制限実質免除キャンペーンの終了日は?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバイルの305ZTが今一番人気!?制限実質免除キャンペーンの終了日は?

2週連続でモバイルルーターの売れ筋ランキングで1位を獲得したのが…

ワイモバイルの305ZTです。

発売して約半年経つこの端末がなぜ今頃1位なのか?売れている理由について当サイトなりに考えてみた。

スポンサード リンク

目次

①.いまさらワイモバイル305ZTが売れている理由

①.いまさらワイモバイル305ZTが売れている理由

非常に申し訳ないのだがこのランキングを観たときに自分の目を疑いました。

「なぜ、いまさら305ZTが1位をとるのか…」

私がそう感じた理由は以下のとおり。

  1. BCNランキングは家電量販店の売上でランク付け→WiMAXと違いワイモバイルはショップ展開が多く分散する
  2. 発売日から半年(2014年10月発売)
  3. WiMAXはモバイルネットのCMメイン、ワイモバイルはスマホメイン
  4. WiMAXは待望の新端末が1月と3月に発売

このようなことからワイモバイルすげーと関心すると同時に

「なんかありそう。」

と疑う自分もいました。とはいってもなぜ今更売れたのか私なりに考えてみました。

 

①-①.BCNランキングの仕組み

まず最初に紹介したいのがBCNランキングの仕組みです。

「BCNランキング」は、全国の量販店のPOSデータを日次で収集し、アイテム(製品ジャンル)ごとに集計した実売データベースです。

これは先程も紹介しましたが基本的に家電量販店メインとなっています。ということは、ネットやショップは当然ですが関係なし。
となると、家電量販店でのみとなります。

アベルネット(ボンバー各店舗)、アマゾン ジャパン(Amazon.co.jp)、エディオン(エディオン、エイデン、デオデオ、ミドリ)、NTTレゾナント(NTT-X Store)、ケーズホールディングス(ケーズデンキ)、サンキュー(100満ボルト)、上新電機(上新電機)、スタート(onHOME)、ストリーム(ECカレント)、ソフマップ(ソフマップ)、ZOA(ZOA)、ドスパラ(ドスパラ)、ナニワ商会(カメラのナニワ)、ビックカメラ(ビックカメラ)、ピーシーデポコーポレーション(PC DEPOT)、ベスト電器(ベスト電器)、三星カメラ(三星カメラ)、ムラウチドットコム(ムラウチドットコム)、MOA(A-Price)、ユニットコム(パソコン工房、Faith、TWO TOP、FreeT、グッドウィル)、ラオックス(ラオックス)、楽天(楽天ブックス)<引用:http://bcnranking.jp/info/index.html?ref=products>

これをみるとヤマダ電気、ヨドバシカメラなどは入っていないことになります。
私の知る限りここに出ている主要家電量販店はたしかに昔はワイモバイルがメイン展開だった気がする。(エディオンはわからないけど)
でも最近はWiMAXの勢力が強かったりもします。

ただこれだけ見ても謎は深まるばかり。なぜならWiMAXは基本的に家電量販店、ネットでの取扱いがメインでワイモバイルより有利なはず。
「ますますわからん。何かキャンペーンでもやっているのか?」

と調べてみたが特に変わったきもしない。
謎は深まる…

(ちなみにBCNランキングは本当に素晴らしいサイトなどでなにか迷ったときは参考にしましょう。)

①-②.速度制限免除キャンペーンの終了日が決定

とそんな時に、たまたまワイモバイルのサイトをみたらしれっと月間7GB制限の実質免除キャンペーンについて終了日が未定だったのが、5月10日→延長。5月末に終わることが判明。→7月14日で完全終了!!

これによりお客さんが押し寄せているのか?それとも販売員がこれを巧みに利用してセールストークをしているのか?

それはわかりませんが、1位を取ったのはこのキャンペーンの効力はありそうですね。

そういえば終了日を見て思い出したけど、11月終わりにとある量販店の方はこのキャンペーンについて「11月で終わりますよ」的なトークしていたな…

 

①-③.WiMAXはお客さんが4端末に分散!?

WiMAX端末が1月と3月に新端末を発売しています。
正直目玉となる端末なので新生活需要とあわせて、きっと売れに売れたことでしょう。

しかしこの端末のおかげ?でWiMAXのこれまでの端末といえば

  1. NAD11
  2. HWD15
  3. W01
  4. WX01

と4つ端末があることになる。実際にHWD15はランキングで5位に入っている。
NAD11は在庫は希少とはいえおそらくまだ展開されている。
と考えると4つの端末に分散したことも想定される。

ちなみにワイモバイルはというと303HWという端末はあるものの月間7GB制限免除キャンペーンは対象外。

となると端末の選択肢は1つになるわけです。

①-④.ギガ放題が影響?

最後。
WiMAXは2月20日から7GB制限に関する内容が変更しています。

  • 月間7GB制限あり=3,969円
  • 月間7GB制限なし=4,380円

ちなみにワイモバイルはというと、305ZTに限ってはこれを実質免除。
モバイルルーターで唯一?月間制限が実質免除されている端末で一番安いのは305ZTになるのです。

となるとワイモバイル側としてもかなり売りやすいキャンペーンなのだ。

しかし私が言いたいのは、ここだけに着目するとたしかにそうなのだが月間制限だけでなく、3日間1GB制限をしっかり注目すべき。
これはWiMAXのが圧倒的に緩いし多くの人の制限のイメージは月間制限だけですから。

なのでこのサイトを訪れた人は主に2つ制限があることを理解した上で端末を選んでほしい。
あとはWiMAXは高いというイメージを持つ人が今後増えるかもしれませんが、キャンペーンが破格、違約金が安い、プラン変更が可能、という点も含めて考えることをおすすめしたいですね。

結論

うーん、いろいろな要素が絡んでワイモバイルが1位を取ったということでしょう。
これだ!というのはわからず…

でも人気があるってことですね。

さて最後に私の予想ですがワイモバイルも5月10日にキャンペーン終了ということで、WiMAXと同様に制限有りは料金を上げるなどのキャンペーンをやりそうな気がします。
あくまで予想ですがね…

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top