モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAXの220MbpsエリアでWX01を使ってみた…【レビュー】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

WiMAXの人気端末WX01を220Mbpsのエリアで使ってみました!
すると思いもよらない結果が…

スポンサード リンク

目次

①.220Mbps対応エリアでWX01を使ってみた

①.220Mbps対応エリアでWX01を使ってみた

WiMAX WX01

あんまり他のサイトを見ないのでわかりませんが、220Mbpsに対応しているエリアでのレビューってまだまだ少ないと思って今回使ってみました。

一切細工なし。しっかりと真実を伝えます。

①-①.220Mbpsエリアはまだまだ少ない

まず最初にお伝えしておきたいのが、220Mbpsの対応エリアは極一部しか広がっていないということ。
そして今回実際に使ってみた場所というのは公式サイトで公表されている

2015年3月末に予定している下り最大220Mbps対応エリア

での利用です。3月末なのであと2日残っているのでもしかしたらまだ220Mbpsになっていない可能性もあります。
なので、もしかするとまだ110Mbpsなのかもしれません。

ちなみに基本的には都市部ではなく地方からのエリア拡大となっています。
私の自宅は都市部ではないですが近辺では拡大エリアがほとんどなく、約1時間半かけて現地にいってきました。

これも全てモバイルルーターを愛する人間としてどれだけスピードが出るのか期待していたからです。

そんな私のレビューを是非参考にしてください。

①-②.スピードテストの結果

まず状況をご紹介します。

  • ・日付:3月29日午前
  • ・天候:小雨
  • ・場所:220Mbps対応エリア近辺の車内
  • ・周りの状況:障害物となるものはなし
  • ・WX01電波状況:MAX
  • ・電池状況:70%

さてこのような状況です。
それではスピードテストの結果をご覧ください。
ちなみにスピードテストをしたサイトは

  1. USEN
  2. BROADBAND SpeedTEST

の2サイトです。

USENさんのスピードテストは個人的な印象だとあまり出ないイメージがあります。
それでは結果です。
WiMAX220Mbps
WX01 スピード

えっ!?

 

USENさんの結果はモバイルインターネットの初期からしっている私からすると本来であれば

「まぁこれだけ実測であればネットが不自由なく使えるね。進歩したよね。」

と言ってたかもしれません。

しかし今回は1時間30分かけて現地に行ったという私としては…正直ショックでした。

この後何度も通信状況を見直した上に、何回もスピードテストをしましたが基本的にこの前後。

勝手に期待値を高めていた私がいけないのか、環境が悪かったのかわかりませんが至って普通。

 

しかしBROADBAND SpeedTESTさんでは納得いくスピードが…!?

ただあまりにも差があるのでどちらのテストが正しいかわかりません。

もっと正直な話をするとほとんど自宅や、他の場所での利用と速度差はあまりありませんでした。
なのでもしかしたらまだ220Mbpsかもしれませんね。(そう思いたい…)

諦めの悪い男で有名な私なのでその近辺を車で走らせては停めて計測しましたが残念ながら特に変化なし。
ただ今回のエリアからちょっと移動したら圏外になりました。

そして全然関係ないのですが、どうせならと様々な場所で速度計測(WiMAX2エリア)をしました…普通に220Mbpsのエリアよりも速かった場所が多かったのは内緒。

40Mbps出た場所もありました。

ちなみに環境は計測している時はずっと雨でした。

最後に

まだ220Mbps対応になっていないと思いたい。まだ計測日入れると3日あるからね。

期待値が大きかった分ショックも大きかった。

ただみなさんに伝えたいのが十分なスピードはでていますね。私が使っている範囲では基本的にはどこで測っても満足いく実測です。

あと実際にWX01ですが使っていて個人的には使いやすくて大好きです。思ったよりはちょこっと大きいけど軽いし、設定もカンタン、アップデートもすぐに教えてくれるしとってもいい子です。

欲をいえばデータ量の表示についてはもう少し細かい数字まで教えてくれると嬉しいな。

今は0.0GBまでしか表示されませんからね。

今回のレビュー記事はちょっと残念な部分もありましたが、私としてはモバイルルーターを買うなら必ずこの端末は選択肢に入れるべきと伝えたい。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

コメント & トラックバック

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. UROAD-HOME2+を使ってます。

    自宅ではアンテナ3本しか立たないのですが、外部アンテナのおかげか
    ノーリミットでコンスタントに20Mbpsでてるのでほとんどハイスピードを利用していません。

    以前はWM3500Rを利用していたのですが、比較にならないくらい電波のつかみが良いですよー。

    記事とは関係ないですが・・。。

Return Top