モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバイルの解約阻止が上手な件【2年得割とは?】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバイルの解約阻止が上手な件【2年得割とは?】

先日ワイモバイルを1台解約するためにカスタマーセンターに電話をしました。

が、2年特割というプランを紹介されて、うまいこと解約されない方向に持っていかれました。

このエントリーではその辺りを含めて、ワイモバイルの解約事情についてご紹介していきます。

スポンサード リンク

目次

①.ワイモバイルの解約について

①..ワイモバイルの解約について

今回紹介するのはワイモバイルの解約についてです。
実際に解約した時の状況と、その時にすすめられた2年得割についてご紹介します。

①-①.解約までに辿り着くのに掛かった時間30分

まず解約は過去にもしたことがあるのですが…
以前に比べてめんどくさいと感じたのがまず最初の感想です。

正直ショップが近くにある方はショップに行ったほうがいいかもしれません。私はショップもありますがめんどくさいので電話にて解約をしました。

さてまず解約する際にかける電話番号はこちらになります。

■総合窓口(通話料有料)
[オペレーター対応時間]9:00~20:00(年中無休)

  • ワイモバイルの電話から151
  • 他社の携帯電話、固定電話などからは、0570-039-151

この解約時に容易しておいた方がいいのが

  • ・ネットワーク暗証番号(必ずあった方がいい)
  • ・登録した電話番号
  • ・端末の電話番号

ですね。ちなみにこのネットワーク暗証番号ですが契約当時に決めた4桁の番号になります。

もし忘れた?という人は契約した時の申込用紙を見てみるといいでしょう。

ちなみに私は解約について違う番号にかけていました。

■各種お手続き(通話料無料)
[受付時間]自動音声応答にて24時間受付(年中無休)

  • 他社の携帯電話、固定電話などから、0120-921-156

二つあるとは知らずに電話していました。しっかりHPにできることという風に書いてあるにも関わらず見落としてました…
しかしわかりづらい。一本化すればいいのにとも少し思いました。

さて私は間違えて2つ目に紹介した方に電話していた為か”解約”に辿り着くまでに時間がかかりました。

ただオペレーターを呼び出してからというものの約20分待たされたのは一番混むことが予想される土日だからかもしれませんね。

なのでもしあなたが解約を検討していて電話でするならばこれ位はみておいた方がいいのかも。

しかし何度もいいますが私は正規の方法で解約に辿り着いたわけではなさそう?なので正規の方法だとどうなるかわかりません。

もう少し早くオペレーターに繋がるかもしれませんね。

①-②.解約阻止?2年特割とは?

まずオペレーターに繋がった後に聞かれたのが

「なぜ解約するのか?」(実際は丁寧な言葉です)

です。そして次に今回私が持っているワイモバイル端末で解約した端末は2年経過していました。
更新月での解約であれば解除料金がかからないのでその旨を伝えて解約しようとしたところ勧められたのが…

2年得割というプランです。

2年得割とは?

  • ・2年以上の契約者のみ加入できる!?(もしかしたら間違っているかも)
  • ・使わなかったら0円
  • ・使ったら4077円(税抜)+ユニバーサル料金
  • ・再度2年間契約(途中解約は9,500円(税抜))
  • ・2年得割にして誤って使わないように通信を停めることができる
  • ・停めた場合の解除は電話にて可能。即日できるとのこと。

正直利用者としてのメリットは、固定回線などに切り替える人で時々モバイルインターネットを使いたいなあという時に便利です。
しかしながら解約しても他にモバイルルーターを契約する人や、私みたいにモバイルルーターが他にある人はこれはあまり意味がないでしょう。

しかしいい端末が出たときの機種変更の為に残しておくのはありかもしれませんね。機種変更はなにかと優遇されるので便利。

あとは解約手続きをする必要がありません。解約手続きは書面でSIMカードを貼り付けて送り返すということが必要なのですがそれらも必要がなくなります。なぜならこれは解約ではなく契約継続だからです。

このプランを案内されている時に、そういえばこういうプランあると聞いたことがあったなぁと聞いているときに思い出しました。
おそらくオペレーションセンターだけでなくともショップでも同様の案内はされるかと思います。

それはなぜか?

①-③.2年得割をさせるワイモバイルの狙いは○○○

”解約阻止”それは契約者数を減らさないからです。

契約者数というのはそのキャリアを評価する指標の一つでもあります。

当然純減なんてしていたら投資家などからの見え方はよくありません。その為にも解約阻止というのは非常に重要なポイントなのかもしれません。

個人的にはそんな実態のない数字なんてどうよと思ってしまうのが本音ですが、このプランに関しては便利と感じる人も多いかもしれませんね。

実際にこのプランを聞きながら「あっ、ワイモバイル上手だなぁ」と思ってしまいました。笑

①-④.カスタマーセンターの対応は昔と比べると格段に違う

さて最後にワイモバイルの電話のめんどくささは以前よりパワーアップしている感はありました。
が、カスタマーセンターの受け答えは素晴らしく丁寧。

話していて不快な思いをしていた開業当初と違い、格段にパワーアップ。
最近電話した人の中には知識が間違っている?と思った人もいましたが、やっぱり最近(ここ2,3年)のワイモバイルの対応は基本素敵。

引き続き頑張ってほしい。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top