モバイルWi-Fiルーター比較

2015年モバイルインターネット業界はこうなる!?

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

2015年モバイルインターネット業界はこうなる!?

2014年前半は特に大きな変化がなかったモバイルインターネット業界ですが、2014年後半に発表された内容も含めて2015年はその状況が一変して随分変化しそうです。

ということでこのページでは既にわかっている情報や過去の傾向から2015年のモバイルインターネット業界の流れをご紹介していきます。

2015年にモバイルインターネット(ワイモバイル、ワイマックス)を検討している、機種変更の予定などがある人に是非参考にしてください。

スポンサード リンク

目次

①.2015年モバイルインターネットはこうなる

①.2015年モバイルインターネットはこうなる?

今から紹介する情報は既にわかっている情報と、当サイトの予想を含めてご紹介します。
わかっている情報とはいえ変更になるおそれもあるのでご理解頂いた上でご覧下さい。

ちなみに2015年のモバイルインターネットの総合的な流れとして最高速度は一昔前の光インターネットと同等いやそれ以上の速度になってきています。2014年後半から最高速度が上がりつつありますがエリアが十分ではありません。
しかし2015年に入れば徐々にエリアも整ってくるでしょうから今端末を購入するならその辺りも含めて契約するといいかもしれませんね!

①-①.ワイモバイル、ソフトバンク

紹介するのはワイモバイルとソフトバンクから。
まずワイモバイルですが2014年10月3日に発売された305ZTは2015年に入ればよりその価値が高まる端末といえるでしょう。
その理由としては対応している周波数帯が多いのと、最高速度が速いところですね。

さらに11月1日より始まった速度制限を免除するキャンペーン(7GB制限のみ)はかなり強烈でした。(キャンペーン期間未定)
このキャンペーンは現状305ZTのみ対応しているキャンペーンなのですが同じ端末を扱っているソフトバンクの303ZTはこのキャンペーン非対応。

このような事からワイモバイルのモバイルルーター業界を引っ張ってきた立役者としての意地を感じました。当サイトでは2014年に関してはワイモバイルの不評の理由を何度もご紹介してきました。

長年のワイモバイル利用者としてこれは非常に悲しく、そしてワイモバイルはスマホやガラケーに移行してしまったのか…と悲しくなってました。
が、しかしこのキャンペーンで再びWiMAXとしっかり張り合ってくれるだろうと期待できますね。

ちなみにワイモバイルもソフトバンクも現在のところ新端末の発売予定はない。ただ予想では引越しシーズンの2015年2月頃に端末が発売される可能性が高いと思っています。実際にワイモバイルでいうと過去に発売されている端末で2012年3月GL01P、2013年2月はGL06Pと新生活需要が高い時期に合わせた端末発売がされていました。

ただ2014年の場合はGL10Pが2013年12月に発売、次に発売された303HWに関しては2014年8月1日となっており新生活需要が高まる時期にも関わらず完全にスルーだった為2015年はどうなるかわかりません。

しかし2014年についてはイーアクセスとウィルコムの統合でバタバタした時期もあったことからこのような結果になったかもしれません。
この辺りは当サイトの予想になってしまいますが…

ちなみに306ZTというモバイルルーターであろうという端末がWi-Fi認証を通過しているようですがこれはソフトバンクが買収したスプリント向けの端末といわれています。おそらく?型番から考えると303ZTや305ZTと同じ端末?かもしれませんね。

①-②.WiMAX

次にWiMAXです。2014年に関してはWiMAXの独走状態でした。
それはBCNランキングのモバイルルーターランキングだったり、2015年度オリコン顧客満足度ランキング、RBB TODAYモバイルアワード2014だったりとその強さは際立っていましたね。
さてそんなWiMAXですが2015年は変化の年となりそうです。まずわかっている情報をまとめてみました。

  1. 2015年春より順次WiMAX下り40Mbps→13.3Mbpsに速度ダウン
  2. 2015年春より順次WiMAX2下り110Mbps→220Mbpsに速度アップ

このようなことから現在WiMAX2エリアの拡大がかなりの速度で拡大しています。速度制限が完全にないWiMAXという通信規格が徐々に終わりに向かっていく。
そしてその分速度が速いWiMAX2に移行していくのが2015年といえるでしょう。

ちなみに現在発売しているWiMAX2対応端末のHWD14,HWD15,NAD11は220Mbpsに対応はしていない端末です。
このことからWiMAXの新端末は2015年春までに必ず220Mbps対応端末の発表があるはずです。

あとは2015年10月にはWiMAX2が2年を迎えるにあたり、すでにWiMAX2端末を2年間ご利用の方だと最大2年間速度制限免除がなくなるおそれがあります。
(WiMAX2の通信において課金開始月から最大25ケ月間、通信速度制限(月間7GB超)を実施しませんというもの)

この25ヶ月経った方の速度制限についてはどうなるかわかりませんが、ワイモバイルがキャンペーン限定とはいえ実質免除している状況下で制限なしを売りにしていたWiMAXがどのような対応をとるか注目でもあります。

他にも7GB制限以外にも2015年4月以降では

ネットワーク混雑回避のための終日速度制限(直近3日間1GB 以上)の対象となる場合があります

とあるように使いすぎの場合は制限が発生する可能性があるようです。もちろんWiMAXに切り替えれば速度は下がりますが制限はなしですが、これにも注目していきたいですね。

①-③.ドコモ

次にドコモ。
2015年2月、2015年3月の新生活需要が高まる時期に225Mbpsに対応したモバイルルーターを発売します。

ドコモはLTEの時もそうでしたがどこよりも最高速度に関しては一番速いものをどこよりも先に提供しています。
が開始当初はエリアが狭くLTEの時もそうだったように意外と話題にはなりません。

まだ発売前なので具体的な料金はわかりませんし、発売時期も変更する可能性もありますがスマホに力をいれているキャリアですからモバイルルーターならやっぱりWiMAX、ワイモバイルが2015年もメインとなりそうです。

総括

2015年のモバイルインターネットは

  • ・WiMAXの速度制限の行方と新端末に注目!?
  • ・ワイモバイルの反撃が始まりそう!?(期待)

だと私は感じています。

 

最後に、個人的な思いとしては散々言っているように最高速度メインで競うのではなく制限に関しての緩和をし料金面などで競ってほしい。

あくまで最高速度は理論値なわけで、実際に利用者が使う速度ではない。もちろんそんな速度なんて保証できるものでもないのもわかりますし、実測速度表記なんてしないでしょうしできないでしょう。ただ現在のモバイルルーターは最高速度をメイン押しのようにしか思えなく、利用者の満足度となるポイントとはちょっとずれているかなと感じます。

一番の理想は制限かけるのがあたりまえという現在の状況ををなくし、料金を安くする、エリアが広いというあたりで各社が競い合うのが一番利用者にとっては嬉しいポイントではないだろうかと常々思っております。もちろん通常通りyoutubeがサクサク観れるという状態が前提です。

まぁあくまで理想なのでこれらも含めて2015年は少しでもモバイルインターネット業界がよくなるように期待したいですね。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top