モバイルWi-Fiルーター比較

WiMAX利用者は2015年の春までにはWiMAX2+端末に乗り換えしよう!!

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

WiMAX利用者は2015年の春までにはWiMAX2+端末に乗り換えしよう!!

UQ WIMAXさんより10月27日に衝撃!?の発表がありました。

それは来春(2015年春)よりWiMAXの最高速度が40Mbpsから13.3Mbpsに下がるというもの。

現在WiMAXのみ使える端末利用者にとっては悪いニュースかもしれませんが、それに伴う救済措置(キャンペーン)!?もあるようです。

このページでは今回発表された内容のおさらいとその救済措置に関してご紹介していきます。

スポンサード リンク

目次

①.WiMAXはほぼ終了!?WiMAX2+に乗り換えしよう!

①.WiMAXはほぼ終了!?WiMAX2+に乗り換えしよう!

まず結論からご紹介すると

WiMAX端末(WiMAX2対応していない)を現在お使いで、これからもWiMAX社を利用していきたい人は来年の春(2015年の春)までにWiMAX2端末に乗り換え(機種変更)する必要があります。

WiMAX2+がスタートして1年経ったとはいえ、これはまだ多くの方に当てはまる内容なのではないでしょうか?

それではなぜ乗り換えする必要があるのか?詳しく紹介していきたいと思います。

①-①.WiMAX2+220Mbpsに速度UP!でもWiMAXが13.3Mbpsに…

まず公式発表された内容を見てもらいましょう。

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂章雄、以下UQ)は、現在、WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)サービスを下り最大速度110Mbpsで提供しておりますが、
来春から、キャリアアグリゲーション※1の導入により、下り最大速度220Mbpsのサービスを実現し、順次エリアを全国へ拡大してまいります。

UQは、周波数を効率的に利用し、より多くのお客様に快適なインターネット通信をお楽しみいただけるよう、現在、WiMAXサービスを提供している周波数帯域30MHzのうち20MHzをWiMAX 2+サービスへ切り替えるとともに、すでにWiMAX 2+サービスを提供している20MHzと合わせてキャリアアグリゲーションを導入し、WiMAX 2+サービスで下り最大速度220Mbpsの高速化を実現してまいります。

これにともない、WiMAXサービスの下り最大速度40Mbpsエリアは、来春より順次、下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わります<引用:http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201410272.html>

CA(キャリアアグリゲーション)最近CMなどでもよく耳にする言葉だと思います。これを実施することでWiMAX2+の最高速度が今の2倍にあたる220Mbpsが実現可能(現在のHWD14、HWD15、NAD11は非対応)ということです。(あくまで最高速度ですが)

これを実施するにはWiMAXの速度が落ちるということにもなり、13.3Mbpsと今までの3分の一になってしまうわけです。

いずれはなくなる通信規格であることは間違いないのですが、具体的にこのように速度が落ちるとなるとまだまだWiMAXのみ使える機種を使っている人からすれば死活問題だと思います。

なので、先ほども紹介したように来春までにWiMAX2+に乗り換えすることがベストと言えるのです。
(ただおそらく順次エリアが拡大なので来春スタートということであれば地方はまだまだ後だと思いますが。)

ちなみに今回の発表でしぶとくWiMAX端末(WiMAX2対応していない)を扱っていた所も取扱いをやめざるえなくなりました。
速度が3分の1になることがわかっていて売れないですからね…

①-②.来春までに乗り換えを利用しよう!

さて次に紹介するのが、当サイトが考えた具体的な乗り換えに関する最善の方法をご紹介します。

  1. 現在WiMAX端末利用している方で、契約期間を確認し来年春までに契約期間が切れる方⇒更新月にお得なキャンペーンでWiMAX2端末を購入
  2. 現在WiMAX端末を利用しているが他者を検討している⇒更新月に他社と比較しお得なキャンペーンで購入。

この2つを見てもらうとわかると思いますが、来年春(詳しい日程はまだ不明)までに契約期間満了する方はそんなに難しくなく考えない方がいいです。

一番の問題は…来年の春を迎えても契約期間が残っている方かと私は考えます。

①-③.それでも契約期間が残ってしまう方は「史上最大のタダ替え大作戦」を使おう!

さてそんな方はWiMAXがこの速度に関する内容と同時に発表した新キャンペーンを適応させましょう!!

「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を2014年11月1日(土)より実施いたします。

WiMAXサービスを既にご契約のお客様は、契約解除料、登録料、端末代金が無料で、お好みのWiMAX 2+対応ルーター※3※4に交換することにより、その時点から2年間、月額3,696円(税別)※5でWiMAX 2+サービスを使い放題※6でご利用いただけます。

なお、WiMAX 2+サービスを提供しているMVNO各社においても、同様の施策を実施いたしますが、MVNO各社により内容が異なりますので、詳細は各社のホームページをご参照ください。
今回新たに設けたご案内サイト(URL:http://www.uqwimax.jp/lp/tadagae/)で、11月1日以降、MVNO各社の施策をご確認いただけます。<引用:http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201410271.html>

ネーミングは個人的に好きです。
さてこの最大の特徴がMVNO各社も対応していくということなので、あなたが購入されたMVNO先の会社でも適応できる可能性が高いです。まだ10月31日なので詳細はわかりませんが…。

ちなみに来年春までに契約満了を迎える人が焦ってこのキャンペーンを適応するのは、あまりおすすめしないです。

なぜなら

  • ・近いうちに220Mbps対応端末の発表があるのが推測できる
  • ・このキャンペーンを適応するよりも、新規キャンペーン適応でキャッシュバックなどしたほうがトク

だと思うからです。

①-④.「史上最大のタダ替え大作戦」の詳細と注意点

それではもっと詳しく、史上最大のタダ替え大作戦の詳細を見てみましょう。

・対象プラン
「UQ Flat 年間パスポート」
「UQ Flat 年間パスポートハート割」
「UQ Flat」
「UQ Step」
「UQ Flatプラス」

・適用条件
WiMAX 2+料金プランの「UQ Flat ツープラス」または「 UQ Flatツープラスau スマホ割 (2年/4年)」への加入が必須
・端末交換の特典
端末交換前の契約解除料金が無料、新規端末の契約に関して登録料、端末代金が無料

・対象端末
HWD15、NAD11
※対象端末はその都度変更するようです。ちなみに上記2機種は220Mbpsに対応していません

以上が詳細になります。ただ上記からはみえない注意点があると当サイトは思いました。

それはMVNOなどで購入した場合を含めてWiMAXキャンペーンだとキャッシュバック特典などがあるかと思います。
もしそれを狙って契約されている場合、ある一定の期間を満たさないとキャッシュバックは貰えないはずです。その期間を満たさずにこれらを適応すると当然キャッシュバックは貰えないでしょう。

なのでキャッシュバックが貰えるまで我慢するか、キャッシュバックを諦めて機種変更するというのが方法かと。

ただ今回はあまりにも突発だったのでMVNO先も想定できなかったケースがあるかもしれません。
ですので対応がどうなるかまだわかりませんが、もしあなたがこのような方に該当するならば購入先に問い合わせてみることがベストといえるでしょう。

ちなみに「史上最大のタダ替え大作戦」の終了時期は設けていないそうですが、いつ終了するかわからないそうで早めがいいとのことです。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top