モバイルWi-Fiルーター比較

ソフトバンク、ワイモバイルのルーターで通信速度が急に遅くなった!?原因はこれかも

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

ソフトバンク、ワイモバイルのルーターで通信速度が急に遅くなった!?原因はこれかも

以前当サイトでも同じようなエントリーを書いたことがありますが、あらためてソフトバンク、ワイモバイルの速度が急に遅くなる原因についてご紹介していきます。

スポンサード リンク

目次

①.ソフトバンク、ワイモバイルのルーターを使っていて速度が急に遅くなる原因

①.ソフトバンク、ワイモバイルのルーターを使っていて速度が急に遅くなる原因

あくまで当サイトが感じているだけかもしれませんが、速度が突然遅くなって戸惑っている人の多くは、

  • ・イーモバイルGL06P以前のモバイルルーターからGP09P以降のモバイルルーターに機種変更や新規契約した方
  • ・ソフトバンクルーターがワイモバイルエリアに対応しているからと契約した方

のような気がします。
なぜこのような方が多いのか、なぜ急に遅くなるのかご紹介していきます。

①-①.遅くなる理由は速度制限が大多数!?

急に速度が遅くなっている理由は速度制限が大半かと思います。私の周りでも話を聞いていると大体これが原因です。

さてGL09P以降(GL10P、303HW、305ZT)の端末に機種変更にした方でなぜこのように感じる方が多いのか!?それはこちらの端末はソフトバンクの通信をメインで使うので速度制限も今までと違うのです。

これらの端末とソフトバンクの端末の速度制限は3つあります。

  1. 1GB/3日間超過時に当日午前6時から翌日午前6時まで速度を制限
  2. 1ヵ月で7GBの利用で月末まで速度を128kbpsに制限
  3. ご利用の際に制御することがあるコンテンツ・サービス

となっています。速度制限で多くの方の認識にあるのが下の7GBというものだと思います。
3日で1GBというのは意外と知られていません。ただスマホなどの契約時に伝えられるものでもあるので、最近は以前より知っている人も増えてきましたね。

そして一番知られていないのが3番目のご利用の際に制御することがあるコンテンツ・サービスの項目。

これはソフトバンクのHPに記述があります

  • VoIP(Voice over Internet Protocol)を利用する通信⇒音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
  • 動画、画像などの一部⇒MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル、BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
  • 大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信⇒動画閲覧、高画質画像閲覧をともなうサイト、アプリケーションなど

<引用:ソフトバンクご利用の際に通信制御することがある内容について>

当サイトが過去にワイモバイル端末を利用した感想で過去に速度は出ているのに、動画が見れないという摩訶不思議な現象になったことがあります。

制限するほど使っていない状態だったので、おそらくこれが適応されたのではないのか?と私はおもっています。
環境としては主要駅構内のと午後7時という人が集まりやすい環境ではありましたので制御されてしまったと推測します。

もしあなたも7GB、1GBに心あたりがないのであればこれが原因だと思います。

じゃあ先ほどご紹介したようになぜワイモバイル(GL06P以前)⇒ワイモバイル(GL09P以降)に機種変更した人がこのようになるのか?

それは制限が全く違うからです。

ワイモバイルGL06P以前の速度制限は

  1. 混雑している時に当日約366Mbpsのパケットを利用した方は、21時~26時(翌2時)まで速度を制限する(速度については明記なし)
  2. 1ヵ月10GB利用した場合速度を制限

ちなみにワイモバイルの当日366Mbpsというのは使っている方ならわかると思いますが、それだけ使って制限に掛かったとしても速度制限なんて感じないぐらいなのです。
もっとカンタンに説明すると、速度制限以上使っているのに速度制限が発生しているか利用者にはわからないぐらい。動画もネットサーフィンも普通にできますからね。

当サイトで何度も取り上げていますがこのような”違い”が現在の評判の悪さに繋がっているのです。

あれだけ人気、評判も高かったワイモバイル(イーモバイル)の過去が嘘のような今。もちろん両方のエリアで使えるというのは非常にメリットが大きいので、出張が多いサラリーマンの方などは現在のワイモバイル端末(特に305ZT)をおすすめしたい。

しかし自宅などでも昔は問題なく使えていたのに…という方も多いのが現状。これだけ制限の内容が変わっていれば、今まで問題なかった人でも引っ掛かる可能性もあるからです。

当サイトとしてはできる限りこのような事を知った上で契約して欲しいと思っています。

①-②.ワイモバイルでもこの機種は注意

さて先ほどもご紹介しましたが、ワイモバイルでこのような機種は注意が必要です。

GL09P、GL10P、303HW、305ZT

ちなみに当サイトでご紹介してますがGL04Pのアウトレットがおすすめな理由はこれらが要因です

しかも月額安いですからね!(Wi-Fiセット割適応できないけど)

GL04Pアウトレットについてはこちら⇒これはアツい!ワイモバイルオンラインストアのアウトレットに”GL04P”が登場!!

①-③.制限の回避方法は!?

これに関しては難しいですよね。
制限に掛からないように、いちいち気にしながらモバイルルーターを使うなんてストレスだと思います。

もちろん自宅などに別回線があればそちらを使ってもらうなどすれば問題ありませんが、なかなかそういう風にはいかないかと。

なのでできるだけストレスなくパケット量をつかわない、回避方法をちょっと考えてみました。

  • スマホとモバイルルーターの常時接続はやめる。必要なときだけモバイルルーターと繋げる。
  • なんらかのWi-Fiスポットが使える方は外出先でそれらのWi-Fiスポットも活用してみる

と書いてて思いましたが、こんなことするぐらいなら…と思ってしまいますね。
なんか悲しくなってきました。

ちなみに制限に掛かってからの回避方法はないです。(7GBの場合は課金にて対応が可能)

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top