モバイルWi-Fiルーター比較

HWD14とNAD11の端末比較!キャンペーンや特徴をまとめてみた!【WiMAX新端末】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

HWD14とNAD11の端末比較!キャンペーンや特徴をまとめてみた!【WiMAX新端末】

突然の朗報にびっくりしました。

UQコミュニケーションズにより、本日6月12日にWiMAX2+対応の新端末がNAD11発表されました!!

そろそろかなぁとは思ってましたがあまりにも急だったので本当にびっくり。

しかもこの新端末はNEC製。そうメイドインジャパンなんです。

ということで今回早速発表されたNAD11の特徴や、今まで発売されていたHWD14との比較をスペックや機能からご紹介していきます!

スポンサード リンク

目次

①.NAD11とHWD14の比較

②.NAD11とHWD14のキャンペーン比較

①.NAD11とHWD14の比較

さてそれではまずスペックから比較していきたいと思います。

 

※※※※追記※※※※

こちら→WiMAX2の端末比較!8月1日発売のHWD15は期待大!?【2014年夏】で8月1日から新発売のHWD15とNAD11、HWD14を比較しています!

※※※※※※※※※※

①-①.スペックで比較

端末 HWD14 NAD11
発売時期 2013年8月 2014年6月20日
サイズ 約100×62×15.5mm(最厚部約15.7mm) 約65×109×8.2mm
重さ 約140g 81g
連続通信時間 auLTE(約9.1時間),WiMAX 2(約9.0時間),WiMAX(約9.5時間) WiMAX 2(約7.0時間),WiMAX(約10.5時間)
バッテリー容量 3,000mAh 2,100mAh
同時接続数 10台 10台
auスマートバリューmine 適応可能端末 適応可能端末
対応通信 WiMAX、WiMAX2、au LTE WiMAX、WiMAX2
メーカー HUAWEI NEC

HWD14の機能に関する特徴

  • ・ タッチパネルで操作がらくらく
  • ・ スマホ給電が可能

NAD11の機能に関する特徴

  • ・ 安心のMADE IN JAPAN
  • ・ クレードル利用可
  • ・ WiMAXハイパワーにも対応

①-②.HWD14がおすすめなのはこんな人

外出先での利用が多い方はこれ!

【理由】

  1. au LTE(ハイスピードプラスエリアモード)対応
  2. スマホ給電対応
  3. バッテリー容量が多い

上記の理由をみてもらえればわかりますが、スマホの給電対応やバッテリー容量が多いというのは外出中に必要となるポイントだと思います。自宅であればバッテリーなんてほぼほぼ気にする必要はありませんからね。

そして一番重要なのがHWD14に関しては下り最大75Mbpsに対応しているau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)が利用可能という点。
このau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)というのは周波数帯も低くかなり高品質な電波が利用できます。(周波数については→モバイルルーターを周波数で比較)

これらを総合的に考えると、持ち運んでWiMAXのルーターを使う方に適した端末といえるでしょう!!
ただau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)利用時の注意点は利用月に限ってオプション料金1,005円が発生、さらに利用した月に月間7GBの通信を利用すると速度制限が発生します。

①-③.NAD11がおすすめなのはこんな人

自宅での利用が多い方はこれ!

【理由】

  1. WiMAXハイパワーにも対応
  2. クレードルが利用可能

まず気になるであろうWiMAXハイパワーですが、WiMAXの送信ならびに受信能力の向上により弱電界でもより快適に使える機能と言われています。もちろんこれはエリアが弱い場所でも多少は快適に使えるというレベルなので確実に使えるという保証ではありません。

ただこの機能があるだけで安心して利用することができますね!

次にクレードル。これがあれば充電しながらホームルーターとしても利用可能。これが大きなポイントですね!

あとはなんといっても待ちに待ったNECのWiMAX2ルーター。HUAWEIがあまり好きではないという人も多く、新たな端末の登場を待っていた人がかなりいたことでしょう。
(私もツイッターなどでかなり多くの人がNEC製のWiMAX2のルーターを待ちわびている人を多く見ました)

そんな方にとってもは今回の新端末はまさに朗報ですね。

ちなみにHUAWEIですがモバイル業界を牽引してくれた素晴らしい会社というのだけ補足しておきます。

②.NAD11とHWD14のキャンペーン比較

さて今回発表されたばかりのNAD11。まぁ発売されたばかりだから、端末代金やキャンペーンはHWD14と比べて劣るかな!?と思いきや

②-①.NAD11のキャンペーンは…

HWD14のほうがやっぱりお得…

いやいや、そんな事ありませんでした。
当サイトがおすすめしているキャンペーンの中で、3社は今までのキャンペーンと変わらずに購入することができるようです。

ちなみに3社とはBIGLOBE、nifty、GMOとくとく。UQWiMAXだけまだ未確認となっています。→6月20日より対応になりました。UQコミュニケーションズのキャンペーンでNAD11を購入した場合端末代金が2800円。クレードルセットで4800円となっています。他は1円もしくは0円が多いですが。。。

 

詳しくはこちら→安く購入したい方におすすめWiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】

 

ちなみに発売は20日からだけどすでに予約は行なっており、今買っても20日に発送されるようですよ。やっぱり当サイトがおすすめするだけあって対応が早いですね。笑

ということで、キャンペーンに関しては今までのHWD14と同じ。もしくはHWD14のほうが若干お得になるよう設定されているという認識でよさそうです。(例外はあるでしょうけど)

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

コメント & トラックバック

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 待ちに待ったNECの端末!!さっそく買いたいと思います。

Return Top