モバイルWi-Fiルーター比較

2015年8、9、10月にモバイルルーター契約するならコレ!【比較】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W03、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

2015年8、9、10月にモバイルルーター契約するならコレ!【比較】

本格的な夏が到来しましたね!お盆休みももうすぐ!

帰省や旅行でも大活躍といえばそう、モバイルルーターです!
今月はちょっと早いですが重要なこともあるので早速モバイルルーター比較していきます!

ぜひモバイルルーター選びのヒントにして頂けたらと思います

スポンサード リンク

目次

①.※重要※速度制限について

②.2015年8,9,10月に契約するならこの端末!【WiMAX編】

③.2015年8,9,10月に契約するならこの端末!【ワイモバイル編】

④.WiMAX?ワイモバイル?どちらにするか迷ってる人必見

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

このページの最終更新日:2015年10月1日

内容が変更になったり新端末、キャンペーン内容が変更されたらその都度更新していきます!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

①.※重要※速度制限について

まず最初にこの項目を取り上げなければなりません。そうです、速度制限です。

速度制限に関して7月14日にUQコミュニケーションズさんが制限の表記、及び制限内容に関して改善していくと発表がありました。

なぜこのような公表が突然あったかというと1つはギガ放題なら制限がないと誤解されるような広告表現だったからです。もう1つは制限に対して真摯に取り組む姿勢が企業としてあるからだと思います。

今回問題となったのはWiMAXですがWiMAXが一番制限に対する取り組みは積極的だと思います。他社の方が誤解を招く表現をしているとあくまで私は思う。

さてそんな速度制限ですが当サイトでは必要以上に速度制限を紹介してきたつもりです。
それはモバイルルーターのトラブルの根源ともいえるからです。

月間制限、3日間制限このメインの2つの制限に関して何度も疑問を投げかけ、必ずセットで紹介してきました。(できてなかったらごめんなさい)

しかし今回のUQの対応を受け、説明抜けや誤読、サイト訪問者の多くに伝えるためにすべての記事に制限に関する記載をするようにしました

何がいいたいかというと、しつこいかもしれませんが当サイトとして言いたいことは、制限は必ず理解しようということです。
モバイルルーターのトラブルに多いのが制限です。金額はパンフレットを見れば大体わかりますよね?

でも制限はふわっとした実態のわかりにくいものです。
その為か売りたいだけの販売員による巧みな制限にかんする話術によって、制限をしっかり理解せず購入し後でトラブル…という事をネットや身近で良く耳にします。

そんなトラブルにあってほしくないので当サイトとしては制限をしつこく紹介します。
比較するにあたり最も重要にしてほしいからこそしっている方も知らない方もあらためて制限を理解してほしいです

ということで早速制限の紹介をするので必ず目を通してくださいね!

①-①.ワイモバイルの制限について

それではワイモバイルの制限に関して説明していきます。
ちなみにこの制限の内容ですが7月15日から変わっているので特に注意が必要な内容です。

ワイモバイルの制限
7月14日で305ZTで適応されるプランが終了したのでこれから適応されるプランがPocket WiFi L(ポケットワイファイ エル)というプランが主になります。

この制限の特徴は

プランの契約期間 さんねん
月々の料金 4,380円(メガ得加入で3,696円)
月間制限 アドバンスモードでの利用なら月間制限はなし。但し標準モードでの利用の場合このプランに加入しても制限があり
月間制限の内容 当月のデータ通信量が7GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度を送受信時最大128Kbpsにする。
月間制限に掛かって速度を戻す場合 500MBごとに500円の追加料金
3日間の制限内容 3日間で約1GB以上利用したとき制限を掛ける場合がある。
3日間の制限を解除する方法 なし

補足ですが7GBを超えた後に「アドバンスモード」に変更された場合も関係なく制限が発生します。
なのでもしあなたが標準モードで利用し7GBを超えたらどの通信でも確実に制限が発生するということです。

前回の内容を知っている方は驚くと思いますが、今回のプランで大きくかわってしまったので注意が必要です。

ちなみに現在このプランに加入すると最初の3ヵ月は月額料金が3,696円で使えるキャンペーンを実施中。

あと3日間の制限ですが発生するときとしない時があります。お客様センターに問い合わせても同様の回答を得られているので混雑しているときのみ掛かるのでしょう。(但し1回は絶対にかかると言われた)

しかしそんなあやふやの内容なので基本的には絶対に3日で1GB超えたら発生すると思っておいてください。
上記のような内容の為にネットでは制限がないとかわけわからないことを書いていた人もいます。

そんな制限がないという人はたまたま3日で1GB超えた時に基地局が混雑していなかっただけ。
なのでそんな投稿や販売員の話を信じずに必ず発生すると思っておきましょう。

①-②.WiMAXの制限について

WiMAXの制限内容に関しては新しい情報が入りました。その内容も含めてご紹介していきます。

WiMAXの制限

プランの契約期間 2年(但しギガ放題⇔Flat2プラス間のプラン変更は随時可能)
月々の料金(ギガ放題) 4,380円
月々の料金(Flatツープラス) 3,690円
月間制限(ギガ放題) 月間制限はなし。但しauLTEの通信を利用した場合その月は月間7GB制限有り
月間制限の内容(Flatツープラス) 当月のデータ通信量が7GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度を送受信時最大128Kbpsにする。
3日間の制限内容(ギガ放題、Flatツープラス) 3日間で約3GB以上利用したとき通信速度を終日制限する場合がある
3日間の制限を解除する方法 なし

さてこのような内容なので制限でワイモバイルとWiMAXを比較したときに明らかにWiMAXのがお得なのがわかります。
他にもフレキシブルにプラン変更ができるというのはかなりの利点。

使っていてギガ放題がやっぱりよかったということであれば次の月適応になりますがプランを変更して翌月からギガ放題で使えます。もちろん逆も可能。

多く使う月がわかっていたり、使わない月がわかっているなら自分に適したプランを事前に変えておけば通信料の節約と利用に関するストレスも少なくなるはずです。

補足ですが、制限についてはさらに7月14日にUQコミュニケーションズの野坂社長からこのような発表がありました。

「3日間で1GB」ではなく、その3倍の「3日間で3GB」に拡大し、かつ規制後の速度についても、YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度を基準とした運用にさせて頂いた次第<UQ公式HPより>

他社よりも3日の制限の取り組みが素晴らしことは周知の通り。この発表のもっとも重要な言葉は

規制後の速度についても、YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度を基準とした運用

という点です。

どのキャリアも具体的な表現はしておらず、ほとんど使えない速度というのが私達の認識にありましたがWiMAXはこのような取り組みもされていたということです。
さらに続けてこのように話されています。

準備が整うまで、「3日間で3GB」の方式については従来通りとさせて頂きますが、規制後の速度につきましては現行よりもさらに速度を上げ、規制後のご不便を緩和する方向で運用していくことと致します。

これに伴い当サイトとしてはモバイルルーターは他社が努力しない限りWiMAXの1強時代はまだまだ続くかなと思いましたね。

それぐらい頑張っている、利用者目線ということです。

この準備というのがいつ整うかはわかりませんが宣言している以上しれっとやらないなんてことはないでしょう。
当サイトとしても続報がはいり次第すぐに紹介します。

ただ現状はさきほどのワイモバイルと同様にyoutubeが最低限見れるであろう速度とのことですが見ることができない。と思っておくほうがいいでしょう。

そもそも時間帯や場所でも通信速度というのは変わるものですから、観れないとおもっておくほうが購入後ストレスを感じることもないでしょう。

②.2015年8,9,10月に契約するならこの端末!【WiMAX編】

さてさきほど現在モバイルルーターはWiMAXの1強時代といいました。モバイルルーターを選ぶならまずWiMAXから検討すればハズレはないと思っていいです。
ただそんなWiMAXも現在主要端末は2つあります。どちらも素晴らしい端末ですが中身も違っているのでいまからする特徴の紹介と比較をしっかりご覧ください。

そうすればおのずと自分の端末が見つかることでしょう。

ただその前にWiMAXの通信方式だけ理解しておきましょう。
通信方式
次に通信方式になります。WiMAXは端末毎に対応している通信方式違うので注意が必要です。

 ■3つの通信方式とは…
・WiMAX(ノーリミットモード)→下り最大速度40Mbps(来春13.3Mbpsに順次速度Down)
・WiMAX2(ハイスピードモード)→下り最大速度110Mbps(来春220Mbpsに順次速度UP」
・au LTE(ハイスピードプラスエリアモード)→下り最大速度75Mbbps(但しNAD11、3月発売WX01は非対応)

この中で今メインで発売されているWiMAX2対応エリア、WiMAXエリアチェックに関してはピンポイントエリア判定を必ず利用しましょう(au LTEはできない)

あとau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)については利用した月は

  • オプション料金1.005円(税抜)発生(申込み不要、利用月のみ)
  • 使い放題プランでも速度制限対象

になります。
ちなみに3月に発売されているWX01に関してはau LTE(ハイスピードプラスエリアモード)には対応していません。

さらにWX01に補足として”通信の切り替えは自動”です。

これは基本的にWiMAX端末で複数通信方式があった場合に手動で好きな通信を選んで使えます。

たとえば、これが手動ならばここはWiMAX2で使うのではなく電波環境が悪いからau LTEで使おう!(そもそもWX01はau LTEは使えないですが) というのが可能です。

しかしWX01は自動で最適な電波を掴み利用するという仕様になってますがこれは注意しておきましょう。

②-①.主要端末紹介!WiMAX W01(2015年1月発売)

WiMAX W01
端末性能

発売時期 2015年1月30日
サイズ 約W120 x H59 x D10mm
重さ 約113g
連続通信時間 WiMAX2のみ最大約8時間
対応周波数 WiMAX2+:2.5GHz
au LTE:800MHz
最大速度 WiMAX2+:下り最大220Mbps(一部地域は110Mbbps)
au LTE:最大75Mbps
同時接続数 最大10台
製造メーカー ファーウェイジャパン
クレードル 選択可

特徴

  • ・下り最大速度220Mbpsに対応
  • ・au LTEに対応
  • ・約2.4インチのカラータッチパネルでスマホみたいに直感的操作が可能
  • ・無線LAN5GHz対応!

こんな人におすすめ!!!!
とにかく高速通信に対応した端末がいい方!持ち運んでの利用が多い方

下り最大220Mbps対応の最初の端末でありau LTEにも対応しています!速度が速いので自宅利用にも向いている上に、au LTEというエリアの広い通信で外での利用にもむいてますね!

特に外ではWiMAX2で使えないなんて時にau LTEにすれば使えることも多いでしょう。
例えば山間部だったり都市圏でない場合はこれがあるだけで随分ストレスの緩和になることも多いはずです。

ただ注意点はWiMAX(ノーリミットモード)は非対応なのとau LTE利用時のオプション料金が発生すること、ギガ放題関係なく制限の発生条件になることの3つですね。

WiMAX(ノーリミットモード)は多くのエリアで速度が13.3Mbpsに下がっています。なのであっても必要ないといえば必要ないかもしれません。

②-②.主要端末紹介!WiMAX WX01(2015年3月発売)

WiMAX WX01

端末性能

発売時期 2015年3月上旬予定
サイズ 約W109×H66×D9mm
重さ 約97g
連続通信時間 ・WiMAX 2+(220M)利用時:約6.5時間
・WiMAX 2+(110M)利用時:約8.5時間
対応周波数 WiMAX2+:2.5GHz
au LTE:800MHz
最大速度 WiMAX:下り最大速度40Mbps(一部地域から順次13.3Mbps)
WiMAX2+:下り最大220Mbps(一部地域は110Mbbps)
バッテリー容量 不明(わかり次第更新)
同時接続数 最大10台
製造メーカー NECプラットフォームズ株式会社
クレードル 選択可

特徴

  • ・下り最大速度220Mbpsに対応
  • ・NECプラットフォーム製国産モデル
  • ・無線LAN5GHz対応!

こんな人におすすめ!!!!
信頼の国産モデル!下り220Mbps対応!自宅での利用検討の方

スペックだけで見たときにW01とあまり大差はない端末です。しかしWX01はNAD11の後継機ということで期待がもてますね。

さらに現状では特にWX01の方が売れている感があります。これはBCNランキング(実際の販売状況でランキングするサイト)でも1位を取得していますし、正直これがかなりおすすめといえます。

ただW01とのちがいはau LTEがないという点です。

②-③.おすすめはコレ!主力端末WX01、W01を項目で簡単比較

さて先ほどは簡単ですが特徴を紹介しましたが、ここでは先程の内容を含めて当サイトが選ぶのに重要だと思える項目を比較していきます。
項目の中には単純な性能を比べたものだけでなく、当サイトの勝手な目線も入っているものもあります。素直に感じたことですのでご了承ください。
比較する項目はこの5つ。この他の中身はそんなに違いはありません。

  1. 通信規格
  2. サイズ
  3. 重さ
  4. 高級感
  5. キャンペーン内容

1.通信規格
まず最初に通信規格ですが

  • ・WX01→WiMAX,WiMAX2
  • ・W01→WiMAX2,au LTE

に対応しています。これは繰り返しになりますがau LTEに対応している利点はエリアが広いことです。なので持ち運びする人に向いているといえるでしょう。

WX01に関しては世界初の4×4 MIMO対応で220Mbpsを実現しています。もちろん最高速度という表現なので実際にでるスピードは大きく差がありますがW01とWX01で同じ環境で使ったのならばWX01のがよいという話が多い。

以上のことから自宅利用が多い人ならWX01、外出先利用が多いならW01がいいといえるでしょう。
2.サイズ
次にサイズです。
サイズについては

  • ・WX01→約109(W)x66(H)x9(D)mm
  • ・W01→約W120 x H59 x D10mm

とほとんど変わりません。もしあなたがサイズを気にされる方なら実際に店頭でモックを触るなどして自分に適しているか判断しましょう!

3.重さ
次に重さです。

  • ・WX01→約97g
  • ・W01→約113g

こちらも正直ほとんどかわりません。ただ残念なのが持ち運びに適しているだろう端末であるW01の方がちょっぴり重たいという残念な結果でもあります。
しかし16グラムしかかわりません。ほとんど持ち運んで違和感がないぐらいだと思うので重さで選ぶというならどちらでもいいと言えるでしょう。
4.高級感

次に気にされるかわかりませんが高級感です。これは完全に当サイトの独断。
もちろん人によって感じの違いはありますが私としては高級感があるのはW01です。

WX01は端末の性能は優れていますが動作などは一昔前のモバイルルーターという感じがしします。
なので最新っぽさを求めるならWX01よりもW01のがいいかもしれません。

5.キャンペーン内容

最後にキャンペーンです。
キャンペーン内容は常に変わるものですが当サイトが調べている中では…WX01、W01もほとんど同じだと思っていいでしょう。

ただW01の方が先に出ているからかキャンペーン内容を優遇しているネット会社さんもあります。

おそらく店頭でも同様のところがあるでしょう。

最後にこの2つの端末は型番だけでみるとかなり似ています。端末も写真だけみているとごちゃごちゃにもなります。
なので必ず間違えることなく申込みましょう。

実際に間違えたという話は聞いたことがありませんが、可能性としてはありえなくはないでしょう。(おそらく)

②-④.WiMAX端末最新キャンペーン情報

補足※9月に引き続き今はキャンペーンがかなりお得な時期に突入!!当サイトもビックリな位各社がキャッシュバック金額を大幅増額中です!!

さてこれらの端末を含めてこちらのページで常に最新キャンペーン情報を更新し紹介しています。

こちら→安く購入したい方におすすめWiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】

③.2015年8,9,10月に契約するならこの端末!【ワイモバイル編】

素直に書きますが今ワイモバイルを選ぶ理由というのは少ないです。
当サイトはかなりワイモバイル贔屓をしてます、WiMAXもワイモバイルも大好きな会社ですがどちらかを選ぶというなら当サイトはワイモバイルを選びます。
それはWiMAX以前からモバイルインターネットとしてお世話になっていたというのが大きな理由。

この会社と共にモバイルライフを過ごしてきたといっても過言ではありません。
しかし客観的にみると現在ワイモバイルを選択する理由というのは非常に少ない。それは7月15日からの新プランがかなり影響しています。

実際に端末ランキングでも7月15日の週からは週売が下がっています。さらにいえば4月に新しく発売した謎の端末401HWはランキング外。そもそも売る気がなさげです。

 

迷走しているのか?そもそもモバイルルーターに力をいれないのか?それはソフトバンクさんにしかわからないことです。
おそらくスマホに注力しているのはCMをみても明らかですね。

そんな状況ではありますが主要端末を紹介しておきます。もちろん今後なんらかの対策が見られるかもしれないですからね。

8月29日追記:401HW、305ZTに関しては3年契約になっていますが8月後半からスタートしたメガ得キャンペーンを適応できれば月額が3年間お安く使えます。

追記!メガ得キャンペーンの詳細

【期間】2015年8月21日(金)~2015年9月30日(水)

【対象端末】305ZT、401HW

【プラン】Pocket WiFiプランL(さんねん)/305ZT、Pocket WiFiプランS(さんねん)/401HW

【キャンペーンの特典】
Pocket WiFiプランL(さんねん)/305ZT→36ヶ月間684円/月
Pocket WiFiプランS(さんねん)/401HW→36ヶ月間1,216円/月

【特典適応後の月額】
Pocket WiFiプランL(さんねん)/305ZT→4,380円/月が3,696円/月
Pocket WiFiプランS(さんねん)/401HW→3,696円/月が2,480円/月

③-①.主要端末紹介!ワイモバイル 305ZT

305ZT 制限なし
端末性能

発売時期 2014年10月3日
サイズ 約W117×H62×D13.9mm
重さ 約150g
連続通信時間 約9時間
対応周波数 4G:900MHz、1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz
3G:1.7GHz
最大速度 AXGP:下り最大165Mbps/上り最大10Mbps
FDD-LTE:最大112.5Mbps /最大37.5Mbps
バッテリー容量 約2,700mAh
同時接続数 14台
製造メーカー ZTEコーポレーション
兄弟端末 ソフトバンク303ZT

特徴

  • ・下り最大速度160Mbpsに対応
  • ・多くの周波数に対応なのでエリアも広い

こんな人におすすめ!!!!
地方含め様々な場所で持ち運んで利用する方。

なんといっても通信規格が多いのが最大の特徴です。さらに今まで自動で通信が選択されてましたがアドバンスモードと標準モードが選択できるよになっています。

これはメリットになりますね!あとは8月21日からのキャンペーン特典を使えば月額料金がお安く使えます。

③-②.ネット限定!ワイモバイル GL04Pアウトレット

GL04P アウトレット
端末性能

発売時期 2012年
サイズ 約102(W)×66(H)×14.5(D)mm
重さ 約140g(電池内蔵)
連続通信時間 約10時間(LTE)/約10時間(3G)*2
対応周波数 4G:1.7GHz
3G:1.7GHz、2.1GHz
最大速度 4G:下り最大75Mbps / 上り最大25Mbps
3G:下り最大21Mbps / 上り最大5.7Mbps
バッテリー容量 3,000mAh
同時接続数 10台
製造メーカー ファーウェイ

特徴

  • ・ワイモバイル回線で利用できる端末
  • ・アウトレットだから月額料金が安い!

こんな人におすすめ!!!!
アウトレットでもOK!さらに月額料金が安い方がいい方。

ちなみにこのアウトレットはワイモバイルの公式サイトからの申込みになります。

詳細はこちらです→ワイモバイル

このアウトレットは意外と長いことやっているのでいつ終了してもおかしくありません。アウトレットなのでキズなどはありますが月額料金が2,550円と安く利用できます。

速度もひと昔まえなので最高速度に物足りなさを感じますが、十分利用できるレベルです。これは正直おすすめ!

③-③.追加!ワイモバイル 401HW

端末性能

発売時期 2015年4月
サイズ 約 W 90.9 ×H 56 ×D 13.0mm
重さ 約 75g
連続通信時間 約6時間
対応周波数 [4G]900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G]1.7GHz
最大速度(4Gの場合) LTE:下り最大112.5Mbps*4 / 上り最大37.5Mbps
AXGP:下り最大110Mbps / 上り最大10Mbps
※無線LAN接続時は下り最大65Mbps程度/td>
同時接続数 最大10台
製造メーカー ファーウェイジャパン

特徴

  • ・3年間、毎月2,480円の格安インターネット
  • ・シンプルイズザベスト

こんな人におすすめ!!!!
とにかく”3年間”安く使いたい人

8月21日のキャンペーンまではおすすめしていなかったですが今回追加しました。

正直端末としては面白味がありません。しかし余計な機能がいらずに使えればいいという人にとってはベスト端末でしょう。

残念ながら3年契約ですが料金を加味しても十分な内容となっています。

今回メガ得キャンペーンがスタートしてようやく売れてきた端末です。今後ランキング外からの追い上げにも注目の端末といえるでしょう。

 

③-④.ワイモバイル最新キャンペーン情報

正直キャンペーンとしてはネット限定のワイモバイル公式サイトにあるアウトレットぐらいですかね。

もし305ZTや401HWを購入しようとするならばネットもキャンペーンがほとんどないのでどこでもいいかもしれません。

 

④.WiMAX?ワイモバイル?どちらにするか迷ってる人必見

こんな人は沢山いるのではないでしょうか?
そんな人の為に8月〜10月で購入を検討している人に当サイトなりの結論をだしているので参考にしてください。

④-①.今ならこう選ぼう!

このページをしっかり見てくれた人はもうご理解されているかもしれませんが、しばらくはWiMAXでいいと思います。
ワイモバイルも素晴らしいのですが今までの強烈キャンペーンの反動か今は様子見の時期といえます。

なので基本はWiMAXで選んでいくといいでしょう!

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top