モバイルWi-Fiルーター比較

GL09PとGL10Pのアップデートは実際どうなの!?【おすすめ?】

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
【WiMAX auLTE】
WiMAXの端末の中でW04、W05、WX04がハイスピードプラスエリアモードに対応しています。ハイスピードプラスエリアモード利用時には使った月のみオプション料1,005円が発生するので注意しましょう!ただ3年プラン、auスマートバリューmine加入で免除となっています。なお17年11月1日発売WX04に関しては3年プラン限定キャンペーンが多い端末のようです。申込み条件を含めてこちらも注意が必要ですね。→W05も3年契約限定の場合が多いようです。必ず申込みする会社の契約期間だけは確認しておいてくださいね。基本は3年になってきています。
――――――――――――――――――――――――――――

※※当サイトも運営期間が長くなり多くのページ古い内容が混じっていますから注意してください。今後少しずつ更新していく予定ではありますが必ず料金、端末、プランなどの最新の内容については各社公式サイトを必ず確認してください※※

モバイルWiFiルーターを選ぶ時に注意したいこと

※※WiMAX、Y!Mobileを検討されている方に注意したいことを簡単にまとめています※※

1:速度制限は2種類ある(月間制限、3日間の制限)月間制限に関しては”契約プラン”と”使い方”によって免除の対象となるが、3日間の制限(3日間で10GBを使うと決められた期間速度が制限)に関してはプラン関係なしにあります!
2:契約期間が3年が一般的に!まだ2年契約もありますが契約時に確認しておきましょう!
3:契約解除料金は申込み場所やキャンペーンによって違います。理解しづらい、わかりにくい書き方かもしれませんが契約期間と一緒にかならず申込みされる場所で確認しておきましょう。
4:エリア確認は必須です!ただエリア内であっても満足いく通信速度が必ずしもでる事はありません。以前に比べればかなり改善されていますが不安な方は電波確認の意味を含めてレンタルサービス(TryWiMAXなど)を使うなどするといいでしょう。
5:契約時にはキャンペーン特典が適応されることがあります。ただその際にはかならず特典の”貰える条件”、”受取れる時期”、”受取り方法”、”違約金”などを申込みサイトで調べておきましょう。
せっかく申し込んだのに受け取れなかったは悲しいので必ず確認して理解しておきましょう。

申込みするときは必ずわからないことは販売員さんに聞く、ネット申込みならしっかり申込みする公式サイトで確認、電話するなどして不安な点、疑問な点などは確認しておきましょう!

GL09PとGL10Pのアップデートは実際どうなの!?【おすすめ?】

GL09PとGL10Pについて以前書いた記事ですが、多くのかたからコメント頂き有難う御座います。

やっぱりコメントにあるように利用者からの不満の声が多いようですね…

さてそんなPocket WiFi GL09PとPocket WiFi GL10Pが7月と8月にソフトウェア更新によって使えるエリアが増えるそうな

一部ではポジティブな声も聞こえるがこのソフトウェアアップデートによりどんなメリット、デメリットがあるのか!?

一部推測もありますが、当サイトなりに考えてみた。

スポンサード リンク

目次

①.GL09P、GL10Pがアップデート!内容をおさらい

①.GL09P、GL10Pがアップデート!内容をおさらい

まずソフトウェアのアップデートの内容をおさらいしよう。

●日本国内での3G(2.1GHz)エリアへの対応

・ 対応周波数が増えるため、より広いエリアで安定した通信をご利用可能です。
・ ご利用いただく周波数はネットワークおよび端末が最適な周波数を判断し、自動で選択するため、お客さまの操作は不要です。
・ 3G(2.1GHz)エリアはSoftBank 3Gエリア(プラチナバンド除く)と同等となります。
【提供予定時期】
Pocket WiFi GL09P : 2014年8月上旬以降
Pocket WiFi GL10P : 2014年7月上旬以降
*提供日はお客さまサポートページでお知らせいたします。
*提供時期は開発状況により変更となる可能性があります。<引用:http://emobile.jp/topics/info20140522_01.html>

ようするにソフトバンク3Gでも利用できるようになるということ。周波数帯は上記にあるように2.1GHz。
人口カバー率は99.9%なのでエリアはかなり広い。

このアップデートでユーザーが受けるメリットとデメリットはなにか?

①-①.メリット、デメリットは!?

まずメリットはこれ。

人口カバー率が高いので地方で繋がらなかった所で使える。

これに尽きるでしょう。なので持ち運んで地方に行く方にとってはこのアップデートは最高なわけです。

いままで使えなかった場所で使えるようになるという点では、ありがたいアップデート。普通は使えるエリアが急に増えるなんていうことはないけど、それが今回適応されるので驚きな対応といえる。

次にデメリット。正直今現在デメリットと呼べるものはないです。
ただ少ない可能性ではあるが、これがデメリットなりうるかもしれない。

ご利用いただく周波数はネットワークおよび端末が最適な周波数を判断し、自動で選択するため、お客さまの操作は不要です。

そう最適な周波数を自動で選択するというもの。

「いやいや、自動で一番いい周波数を選んでくれるんでしょ?それの何がいけないの?」

と思う人もいるでしょう。たしかに一番いい周波数帯を選んでくれるのはありがたい。が、3Gを掴む可能性があるというのはリスクもある。

どういうことか?極端なことを言えば、3Gが使えるとなるといままでは4Gだったりで使えていた場所でも自動で(勝手に)3Gを選択することがありうる可能性がでてくるわけです。まぁ極端な話ですがね。

ちなみにこの3Gの速度明記はないので推測になるが正直速度は遅いはず。となると、速度が遅い電波をメインで掴んで利用する可能性もあるのです。そうその可能性が生まれるというのが、デメリットになりうる点かと。

どれが”本当に”最適な電波なのかは、利用者にとって不透明。

利用者自ら電波を選べるようならばこのようなことを懸念する必要もなく、一番速度が速くて使える電波を選べばいいだけなので全く問題ない。

ただ自動で選択されるとなると、予期せぬ電波をメインで使う可能性もあるわけ。そうこれがデメリットになりうる点だと私は思う。

もちろんメリットでも紹介しましたが、その場所が元々どの電波にも対応していない場合は3Gが繋がるようになって使えるようになるというメリットがある。

①-②.カスタマーセンターに問い合わせてみた

さて今回のアップデートについて疑問点があったのでカスタマーセンターに問い合わせしてみた。

内容はいくつかあったが一番は速度について。

答えは
プレスリリースに載っていない情報なので…。ただおそらく25Mbpsぐらいになるのではないか!?

とのこと

25Mbps?????と一瞬耳を疑った。2.1GHzで3Gということであれば14.4Mbpsかと思っていたのだが…

ソフトバンク3Gで25Mbpsってあったっけ?私の知識が足らないだけ?まぁ聞き間違いかと思いもう一度聞いたら25Mbpsと言った。まぁ勘違いや私の知識不足かもしれないのでそれ以上はスルー。

結局公表はないというのが答えでした。

というか残念ながら今回はカスタマーセンターの対応としてはあまりレベルが高くなかった。

ついでに聞いた内容でも誤案内があったり残念だった。
私としてはサイトでも何度も言っているように、カスタマーセンターの対応がかなりよくなってきたと絶賛していたのに…。(誤案内というのは、私の知識が間違っている可能性もあったので別の方に確認したので間違いない。)

ちなみにわざわざ知識をみせびらかすような行為は好きではないし人間だれしも間違いはあるので、勉強になりました。ありがとうと電話は切っておいた。

ただ自社の商品に関する情報はある程度理解しておいてほしいな…。(いつもは痒いところに手が届きそうな丁寧な案内をしてくれる素晴らしいカスタマーセンターというのは伝えておこう。昔に比べると本当に良くなった。)

 

①-③.手動で通信を選べるようにするべき

さてこうゆうアップデートもいいが、正直手動で通信を選べるようにすることがなによりも先決かと思う。

自動というのはなんだか納得がいかない。

WiMAX2のHWD14のようにユーザー側で手動で選べるようにしてくれるだけで、利便性がかなりあがります。

元々の端末の仕様だと、手動切り替えできるようなのでね…

 

モバイルネットワークの接続モードを変更し、手動でネットワークを設定できます。
日本国内では、自動モードのみご利用になられます。設定の変更はできません。<GL10P 取扱説明書P109より引用>

 

これができるだけでかなり利用者はありがたいと思うが…いろいろな絡みで絶対やらないでしょうけどね。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top