モバイルWi-Fiルーター比較

ワイモバイル(旧:イーモバイル)端末レビュー

――――――――――――――――――――――――――――
【速度制限について】
WiMAXとワイモバイル共に月間制限なしのプランがありますが、月間制限なしプランを選んでも3日間での制限は存在するので申し込み時には注意しましょう!

※2017年2月2日以降からWiMAXの3日間制限が3GB→10GBと緩和。ワイモバイルも4月5日から一部プランにおいては3GB→10GBに緩和!
――――――――――――――――――――――――――――
当サイトも運営期間が長くなり古い内容も多く混じっていますから注意してください。最新の内容については各社公式サイトを必ず確認することをおすすめします。

ワイモバイル(旧:イーモバイル)端末レビュー

このページは独自目線でイーモバイルの主要端末をレビューしたページです。

どの端末がいいのか迷っている方ぜひぜひ参考にしてくださいね。

スポンサード リンク

目次

①.イーモバイル端末の選ぶ3つのポイント

②.主要端末レビュー一覧

③.まとめ

①.イーモバイル端末の選ぶ3つのポイント

今イーモバイルを選ぶ時に気にしたいポイントを3つ紹介!必ず理解した上で端末を選ぶといいでしょう!
特に今までイーモバイル使ったことがあるから大丈夫!っていう人こそ必ず呼んでおいてください。

①-①.ソフトバンクと兄弟機種がある?

ソフトバンクと提携したことで、端末の名前以外仕様が同じ端末が発売されています。
性能が同じならどっちを選べばいいの?という人はお得なキャンペーンをやっている方で申込むといいでしょう。

どちらかというとソフトバンクよりもイーモバイルの方がお得なケースが多いです。

最近の同一端末
・ソフトバンク203Z=イーモバイルGL09P
・ソフトバンク301HW=イーモバイルGL10P

①-①.ダブルLTE機種のメリット、デメリット

重要
非常に重要なので必ずお読みください。
まずGL09PとGL10Pに関して今までのイーモバイルの端末と大きく違う点があります。それは2社の回線が使えるという点です。

ソフトバンク回線一覧
通信方式 下り最大速度 上り最大速度 周波数帯
ULTRA SPEED 下り最大42Mbps 上り最大5.7Mbps 1.5GHz
4GLTE(AXGP) 下り最大110Mbps 上り最大10Mbps 2.5GHz
イーモバイル回線一覧
通信方式 下り最大速度 上り最大速度 周波数帯
G4(ジーフォー) 下り最大21Mbps 上り最大5.7Mbps 1.7GHz帯
イーモバイルLTE 下り最大75Mbps 上り最大5.8Mbps 1.7GHz帯

2社の回線計4つの回線が使えるメリットは、エリアがその分広くなるというもの。

 

ただ電波をキャッチする順番が決まっており

 

  1. ソフトバンクAXGP
  2. ソフトバンクULTRAWi-Fi
  3. イーモバイルLTE
  4. イーモバイルG4

 

となっています。デメリットは現在の仕様では回線が選べない、ユニバーサル料金が2回線分で6円(3円+3円)、速度制限が両方適応されるという点。

特に自由に回線が選べないというのは、イーモバイル回線を使いたい人からしたら非常にデメリットです。

 

なぜなら今までイーモバイル使っていて機種変更したら電波が悪くなった。そんなことがありえるからです。(メインがソフトバンク回線なので)

実際に私もGL09Pが発売した当初に実際に使ってみたがスピードテストでは20Mbpsといい数字がでたものの、動画が再生できないなど謎の自体に。
調べてみると、通常の速度制限以外にもソフトバンクの動画制限が掛かっている可能性が浮上。

他の人のレビューをみても実際にこのような書き込みが多く、このような点でイーモバイル自体の評判が下がっており、各レビューサイトやイーモバイル公式ページにも改善してくれとの声が多数上がっています。

GL10Pからはこのユーザーの声を反映して自由に選べれるようになるのか?と期待したのですが残念ながら同一の仕様でした。

 

ただ海外での仕様だと選べれるようになっているそうなので、今後はアプリケーションや端末アップデートなどで回線を切り替えることができるようになる?ことを期待したいですね。

①-③.Wi-Fiセット割対象機種を確認

Gl09P以降の端末だと、Wi-Fiセット割が適応できます。適応すると最大でスマホの月額を980円引くというもの。

これは本当にお得なのでぜひ適応したいですね。

条件はコチラ→イーモバイルWi-Fiセット割

 

①.主要端末レビュー一覧

それでは端末のレビュー一覧になります。端末の仕様及に関してはhttp://emobile.jp/を参考にしております。

②-①.GL01P

GL01P レビュー

発売時期 2012年3月
サイズ 約62(W)×113(H)×13.5(D)mm
重さ 約140g(電池内蔵)
連続通信時間 約9時間(LTE)/約9時間(3G)
充電時間 ACアダプター(約3.5時間)/USB接続(約7時間
バッテリー容量 3,000mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
イーモバイルが出した初めてのLTE端末。現在もイーモバイルオンラインストアでアウトレット商品として発売されています。
見た目はiPhoneみたいにかっこよく、使い勝手も問題ない。

ただ同時期に発売されたGL02Pと比べてGL01Pは評判が良く、電波の受信感度も良かったのが印象的。
デメリットとしては若干大きい所や、バッテリーが内臓という点で万が一バッテリーが消耗した時の交換がめんどくさい。ただバッテリーに関してはモバイルバッテリーを買ってしまえば解決でしょう。
ちなみに補足をするとSIMフリー端末。

②-①.GL06P

GL06P レビュー

発売時期 2013年2月
サイズ 約90(W)×56(H)×19.9(D)mm
重さ 約150g
連続通信時間 約12時間/約11時間(LTE/3G)
充電時間 ACアダプター(約3.6時間)/USB接続(約8.9時間)
バッテリー容量 3560mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
ちょっと厚みがあるが名刺サイズでコンパクト。バッテリーの持ちも充分。デザイン性も高く悪い点が特に見当たらない端末。
GL01P同様イーモバイルLTEのみで利用でき、かつSIMフリー端末。さらに現在ではGL09Pや、GL10Pが主要製品なのでキャンペーンで安く使う事ができる。もしかしたらイーモバイルLTEがメインで使える最後の端末かもしれない。

②-③.GL09P

GL09P

発売時期 2013年8月
サイズ 約110.2(W)×67.7(H)×18.7(D)mm
重さ 約168g(電池内蔵)
連続通信時間 最大約14時間
バッテリー容量 5000mAh
同時接続数 14台

当サイトレビュー
上記でも紹介したが動画制限が掛かっている可能性を含めると制限がキツめの印象。
でも端末だけでみたら素晴らしい端末。少し重たい印象を受けるがバッテリーが大容量でモバイルバッテリーとしても利用ができる点は素晴らしい。
ただカラーである必要があるのか疑問。気になるパケット量に関しては一応端末上で確認することができる。

自宅にはネット回線があり、出張先や仕事先メインで使い動画を観ないという人ならおすすめの端末かもしれない。

②-④.GL10P

イーモバイル GL10P

発売時期 2013年12月
サイズ 約91 × 57 × 14.7mm
重さ 約120g(電池内蔵)
連続通信時間 最大約10時間
バッテリー容量 2,400mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
GL09Pと同様、上記でも紹介したが動画制限が掛かっている可能性を含めると制限がキツいので、自宅にはネット回線があり、出張先や仕事先メインで使い動画を観ないという人ならおすすめの端末かもしれない。

ただこちらも端末だけでみたら結構素晴らしい端末。クイック起動、スマホのような操作性、コンパクトなデザイン性は非常にいい。気になるパケット量に関しても簡単に端末上で確認することができる。

②-⑤.303HW

303HWレビュー

発売時期 2014年8月
サイズ 約W101×H59.5×D15.9mm
重さ 約130g
連続通信時間 約9時間
バッテリー容量 2,400mAh
同時接続数 10台

当サイトレビュー
2014年よりワイモバイルに変更した第一発目のモバイルルーター端末となっています。
主な特徴は、テレビチューナー付きのモバイル端末という初めての機能がついたものとなっています。

2014年ワールドカップ日本戦の際には時差の関係で放映時間が朝となったため、スマホ向けのテレビチューナーがよく売れたと聞きます。
なのでこのような機能はモバイルルーターと親和性が高いので嬉しい機能だとは思います。
しかしそれ以外についてはバッテリーも普通、特に特徴がないモバイルルーターといってもいいかもしれません。

ちなみにモバイルルーターだけではテレビはみれなくスマホや、タブレットなどの端末がないと見れないのでこれには注意!

③.まとめ

GL09Pや、GL10Pの登場で少し評判が下がっているがイーモバイルユーザーとしては今後とも応援していきたいし、現在の主要端末の仕様が変わってくれることを期待したい。

スポンサード リンク

WiMAXの購入を検討の方はこちらのページが参考になります。

スポンサード リンク

Return Top